軽貨物の仕事はきつい、千葉県で軽貨物配送の専門店が考える軽配送ドライバーになる資格と能力。

軽貨物車で軽配送の仕事 【軽貨物運送の検証ブログ】運送業

軽貨物配送の仕事は成功者になろうとするのではなく、価値のある人間になろうとしている人に向いている仕事だと考えられる。

軽貨物配送の仕事に興味があるが、自分の性格や自分の生活に無理のない働き方ができる仕事なのかなど、軽貨物運送業の仕事に関して未経験の人はざっくりとした仕事内容しか分からない人が多いことでしょう。

千葉県で軽貨物チャーターを専門に営業している独立系の軽貨物配送業者シフタープロは地域密着することで街の荷主様への配送サービスの提案に注力し、新規開業する個人事業主軽貨物ドライバーとの協業も応援しています。

フリーランスや副業レベルではなく、本業の軽貨物配送ドライバーに成長するには、学ぶべきことがいくつかあります。

配送や運送の仕事と聞くと思いつくのが、所謂、大きなトラックの運ちゃんをイメージする人も多いでしょう。

偏見ですが、トラック運転手と言えば何やら怖い人相のドライバーを想像する人も少なからずいると思いますが、実際、見た目は怖い感じのドライバーでも、その多くは非常に真面目に働いています。

また、配送ドライバーの仕事は大きなトラックでの運送ではなく、クール宅配便の冷蔵車や軽バンなどの小さな軽貨物自動車を使った軽配送の仕事もあります。

通常、一般的には毎日運ばなければならないモノを毎日運んでいるわけですが、軽配送ではネット通販の細々した荷物を個人宅に届けたり、食料品関係の荷物を飲食店などのお店やお客様に届けたりする仕事内容が主軸でしょう。

家具配送や単身引越しなど簡易作業を付随する仕事を請け負うこともあります。

トラック運送と軽貨物配送は少し意味が異なるものの、軽貨物配送とは俗に言う宅配便のような配達の仕事であり、イメージの通り、ドライバーがダンボール荷物などを車に積んで運んで届ける仕事です。

物を届けるところが家庭なのか商店なのか飲食店や会社事務所なのか倉庫なのかなどの違いがありますが、配送や配達の仕事は、決して難しい計算をしたり化学式を書いたりなど頭脳を難しく使わない仕事と言えます。悪く言えば学歴不問です。

また、配送や運送の仕事を請けている会社は、大きなダンプカーやトレーラーでダイナミックに国道を走って大量の荷物を運ぶ仕事を得意としている会社もあれば、軽貨物車を使って街中で小まめに荷物を運ぶ仕事を得意とする会社もあります。

配送ドライバーの疲れ方は大きなトラック運転手の方が大量の荷物を積みますし大きな車輌を運転するので仕事が大変そうに見えますが、実際のところ決してそうとは言い切れず、荷積みや荷下ろしを手作業で行い車両への乗り降りやストップアンドゴーを繰り返す軽貨物車を使う配送の方が身体は疲れると言えます。

小さな車だから疲れない仕事と解釈するのは間違いでしょう。そして、騙されたり誤解してはいけないのが「小さな荷物だから大丈夫」という言葉の裏にある思惑です。

  • 小さ目の荷物を連日100個以上を配達
  • 大き目の荷物を連日10個だけ配達

1日10時間くらいの労働だとした場合ですが、1時間で10件程度を車移動して配るのと、1時間で1件程度を車移動して配るのと、どちらがキツイでしょうか。配送ドライバーは納品時間にも追われます。道路渋滞もします。路駐スペースも不確かです。階段の往復もあり得ます。

少し大きかったり重い荷物でも1人で持てないレベルの物はありませんので、腕腰が丈夫な方ならば、できるだけ配達件数は少ない方が体力的にはきつくないでしょう、

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!