軽貨物はきつい、千葉県で軽貨物配送専門店が考える軽配送ドライバーになる資格と能力。

軽貨物車で軽配送の仕事 【軽貨物運送の検証ブログ】

軽貨物配送の仕事は成功者になろうとするのではなく、価値のある人間になろうとしている人に向いている仕事だと考えられる。

軽貨物配送の仕事に興味があるが、自分の性格や自分の生活に無理のない働き方ができる仕事なのかなど、軽貨物運送業の仕事に関して未経験の人はざっくりとした仕事内容しか分からない人が多いことでしょう。

千葉県で軽貨物チャーターを専門に営業している独立系の軽貨物配送業者シフタープロは地域密着することで街の荷主様への配送サービスの提案に注力し、新規開業する個人事業主軽貨物ドライバーとの協業も応援しています。

フリーランスや副業レベルではなく、本業の軽貨物配送ドライバーに成長するには、学ぶべきことがいくつかあります。

配送や運送の仕事と聞くと思いつくのが、所謂、大きなトラックの運ちゃんをイメージする人も多いでしょう。

偏見ですが、トラック運転手と言えば何やら怖い人相のドライバーを想像する人も少なからずいると思いますが、実際、見た目は怖い感じのドライバーでも、その多くは非常に真面目に働いています。

また、配送ドライバーの仕事は大きなトラックでの運送ではなく、クール宅配便の冷蔵車や軽バンなどの小さな軽貨物自動車を使った軽配送の仕事もあります。

通常、一般的には毎日運ばなければならないモノを毎日運んでいるわけですが、軽配送ではネット通販の細々した荷物を個人宅に届けたり、食料品関係の荷物を飲食店などのお店やお客様に届けたりする仕事内容が主軸でしょう。

家具配送や単身引越しなど簡易作業を付随する仕事を請け負うこともあります。

トラック運送と軽貨物配送は少し意味が異なるものの、軽貨物配送とは俗に言う宅配便のような配達の仕事であり、イメージの通り、ドライバーがダンボール荷物などを車に積んで運んで届ける仕事です。

物を届けるところが家庭なのか商店なのか飲食店や会社事務所なのか倉庫なのかなどの違いがありますが、配送や配達の仕事は、決して難しい計算をしたり化学式を書いたりなど頭脳を難しく使わない仕事と言えます。悪く言えば学歴不問です。

また、配送や運送の仕事を請けている会社は、大きなダンプカーやトレーラーでダイナミックに国道を走って大量の荷物を運ぶ仕事を得意としている会社もあれば、軽貨物車を使って街中で小まめに荷物を運ぶ仕事を得意とする会社もあります。

配送ドライバーの疲れ方は大きなトラック運転手の方が大量の荷物を積みますし大きな車輌を運転するので仕事が大変そうに見えますが、実際のところ決してそうとは言い切れず、荷積みや荷下ろしを手作業で行い車両への乗り降りやストップアンドゴーを繰り返す軽貨物車を使う配送の方が身体は疲れると言えます。

小さな車だから疲れない仕事と解釈するのは間違いでしょう。そして、騙されたり誤解してはいけないのが「小さな荷物だから大丈夫」という言葉の裏にある思惑です。

  • 小さ目の荷物を連日100個以上を配達
  • 大き目の荷物を連日10個だけ配達

1日10時間くらいの労働だとした場合ですが、1時間で10件程度を車移動して配るのと、1時間で1件程度を車移動して配るのと、どちらがキツイでしょうか。配送ドライバーは納品時間にも追われます。道路渋滞もします。路駐スペースも不確かです。階段の往復もあり得ます。

少し大きかったり重い荷物でも1人で持てないレベルの物はありませんので、腕腰が丈夫な方ならば、できるだけ配達件数は少ない方が体力的にはきつくないでしょう、

もちろん、配送ドライバーのきつさは体力だけでなく、体力面と精神面と神経面の3点で検討することを千葉県の軽貨物配送シフタープロではドライバーに推奨しています。

これから軽貨物ドライバーになろうとしている人に「荷物が小さから大丈夫」などと軽々しく説明すると誤解を招く訳です。

また、働き方は社員ドライバーか準社員ドライバー、そして、外注業者の位置付けである業務委託ドライバーに分かれます。

簡単に言うと自分名義の貨物車を持ち込んで仕事をするのが業務委託ドライバー、会社名義の車を使って仕事をするのが社員ドライバー、というような違いと言えます。

軽貨物配送の場合は大半が業務委託ドライバーです。元請けでもある大手運送会社の社員ドライバーで運びきれない荷物を外注ドライバーに委託するわけです。勿論こと、社員ドライバーが嫌がる配送エリアや手間で面倒なエリアを外注の業務委託ドライバーに回すこととなります。

なお、契約上、業務委託ドライバーによるネット通販案件などの宅配系は1日の配送が数件や10件とかのレベルではなく、1日100個以上などを頑張って走り込んで配達しないと大したお金にはなりません。要するにキツイ仕事の部類です。

事実上、軽貨物配送の案件の中で「ネット通販の宅配」「ネットスーパーの宅配」は最も過酷な配送ドライバーの仕事だと言えます。

荷物の一個一個が手で運べようと毎日毎日100個以上のダンボールを抱えて走るので疲れますし、小さな荷物で小さな車を運転するから簡単とか楽とか思いがちですが、決してそうではありません。

夕方以降など暗くなってからの宅配は暗くて表札や建物名も分かりにくくなりますので想像以上に日中より疲れるので、クタクタで仕事のラストスパートをする毎日となることでしょう。

仕事ですので慣れてしまえば大丈夫なのは当然ですが、疲れることに変わりはありません。

ちなみに、軽貨物配送の仕事種類は必然的に乗る車両で内容が決まるのですが、乗用車のような軽バンの仕事内容と冷凍冷蔵車の仕事内容はやや異なりますし、意外に配送スキルも仕事ノウハウも異なります。

ネットスーパーの配送案件、大手通販サイトの荷物配送案件、大手の事務用品会社の荷物配送案件は、人気薄(辞めてしまうドライバーが多い)なのでドライバー募集が溢れかえっていますが、実際は人手不足ではなく、やりたがらない軽貨物ドライバーが多くいるというのが背景でしょう。

具体的に仕事内容を決めるときは、できるだけ大手企業の配送案件ではなく「小さな会社の案件」を選ぶ方が軽貨物ドライバーにとっては、融通が必要ですが割に合うwin-winの案件内容であるのは言うまでもありません。

軽配送の場合は案件が大手通販会社など有名だから安心だと自分都合で解釈を勘違いしてしまうのはダメです。

大手配送案件は確かに良質な内容が多いのですがそれらは自社ドライバーが担当していいますから外注には出しません。社員ドライバーが嫌がるきつい案件や面倒なエリアを担当させられる現実に耐えられないドライバーも珍しくなく、単価に目が眩んでしまった軽貨物ドライバーが契約してしまい嫌々仕事をしている話もよくあります。

とは言っても嫌なら辞めればいいというレベルの人は配送会社に迷惑がかかりますし、もちろん、副業だろうと本業だろうと、大切なお客様の荷物を預かる仕事ですから、そういう中途半端な意識では個人にも責任問題が発展します。

配送や配達の内容と流れ。

  1. 荷主や倉庫から渡される納品書や出荷指図書の伝票に書いてある荷物を、伝票に記載されている納品先に届けます。
  2. 荷主や倉庫から運ぶ荷物を預かる時は、伝票と照らし合わせて個数などをチェックしてから車に荷物を積みます。
  3. チェックはとても大切です。後から数が足りないとか多いとか駄目です。最も大切な作業です。
  4. 重いものは台車やカゴ車を使用してトラックの荷室に運んで積むときも、荷物の数量を再チェック。
  5. 配送や配達する荷物を積む。
  6. 車で荷物を運んでいる最中、荷室で荷崩れしないよう丁寧に積み込んでいきます。
  7. 荷物を載せるときは、荷物を降ろす順番もきちんと考えて積んでいきます。
  8. 冷蔵車の場合は冷風が直接当たるところに置かない方がよい野菜などの荷物もあるので積み方は更に注意する。

配達や配送で大切な報告業務。

  1. 配送の仕事では、配車係や倉庫の内勤者などの管理者に「現状の報告」をするのも重要な仕事です。
  2. 倉庫に着車すれば現地到着の連絡を入れる。
  3. 納品が終われば納品完了の連絡を入れる。ただ単に荷物を運べば良いというわけではない。
  4. 配送ドライバーの仕事は、荷物を集荷するために指定された倉庫などに接車し、現地到着や集荷の報告をし、配達をし、配達完了の報告をするまでが一つの仕事である。

仕事における基本中の基本である「報告」がきちんとできないドライバーは基本的に社会人として未熟者です。自分の仕事ではなく会社での仕事ですから報告を忘れましたはお金を貰えないと自覚するべきです。

配送や配達の営業売り込みも個人営業では必要と言えば必要です。営業は会社のサービスを売り込むのが筋道ですが、勘違いし、自分個人を売り込むような軽率なドライバーも見受けられます。

配送ドライバーも立派な社会人。常にモラルの自覚を持ち、営業でも会社での役割に責任を持つことが大事です。自分さえ良ければでは通用しません。

error:Content is protected !!