軽貨物配送の仕事はきついのか、千葉県の軽貨物運送の専門会社が考える軽配送ドライバーの能力をブログで語る。

軽貨物車で軽配送の仕事 【軽貨物運送の検証ブログ】運送業

配送の仕事は、成功者になろうとするのではなく、価値のある人間になろうとしている人に向いている仕事と考えます。

配送の仕事に興味があるが、自分の性格や自分の生活に無理の出ない仕事なのかなど、ざっくりとした仕事内容しか分からない人が多いはずです。

千葉県で軽貨物チャーターを専門に営業している独立系の軽貨物配送業者シフタープロでは地域密着することで街の小さな荷主様への配送サービスに注力し、新規に開業する個人事業主軽貨物ドライバーとの協業を応援しています。

フリーランスや副業レベルではなく、本業の軽貨物配送ドライバーに成長するには、学ぶべきことがいくつかあります。

配送や運送の仕事と聞くと思いつくのが、所謂、大きなトラックの運ちゃんをイメージする人も多いでしょう。

偏見ですが、トラック運転手と言えば何やら怖い人相のドライバーを想像する人も少なからずいると思いますが、実際、見た目は怖い感じのドライバーでも、その多くは非常に真面目に働いています。

また、配送ドライバーの仕事は大きなトラックでの運送ではなく、クール宅配便の冷蔵車や軽バンなどの小さな軽貨物自動車を使った軽配送の仕事もあります。

通常、一般的には毎日運ばなければならないモノを毎日運んでいるわけですが、軽配送ではネット通販の細々した荷物を個人宅に届けたり、食料品関係の荷物を飲食店などのお店やお客様に届けたりする仕事内容が主軸でしょう。

家具配送や単身引越しなど簡易作業を付随する仕事を請け負うこともあります。

トラック運送と軽貨物配送は少し意味が異なるものの、軽貨物配送とは俗に言う宅配便のような配達の仕事であり、イメージの通り、ドライバーがダンボール荷物などを車に積んで運んで届ける仕事です。

物を届けるところが家庭なのか商店なのか飲食店や会社事務所なのか倉庫なのかなどの違いがありますが、配送や配達の仕事は、決して難しい計算をしたり化学式を書いたりなど頭脳を難しく使わない仕事と言えます。悪く言えば学歴不問です。

また、配送や運送の仕事を請けている会社は、大きなダンプカーやトレーラーでダイナミックに国道を走って大量の荷物を運ぶ仕事を得意としている会社もあれば、軽貨物車を使って街中で小まめに荷物を運ぶ仕事を得意とする会社もあります。

error:Content is protected !!