長時間労働の犠牲を大前提にして稼ぎを喜ぶ個人事業主の軽貨物ドライバー。

軽貨物

頑張ればバリバリとお金を稼げるなどと煽って社員雇用ではない業務委託で長時間労働をさせたがる大手ネット通販の配達員や弁当の出前みたいな日雇い配達員の下請け案件でドライバーを右から左へ働かせる軽貨物配送の委託会社がヤバい。

長く続く案件を選ぶこと、長く続く取引を選ぶこと。長く続くドライバーを選ぶこと。

社員雇用とは違い、業務請負で働いている個人事業主の軽貨物ドライバーは仕事が減ると不安になり、もちろんのこと、休んだ分だけお金は稼げません。

社員雇用されたドライバーのように自分の担当する仕事量が減ることがラッキーと思える環境ではありません。委託と雇用ドライバーとでは担当する仕事量に対する気持ちの温度差は大きく違います。

勘違いしてはならないのが業務請負の軽貨物ドライバーは働いた分だけお金を沢山稼げるなどと幼稚じみたことを煽ってドライバー募集を繰り返している法人の軽貨物配送業者がありますが、それらは元請けやニ次請の業者から仕事が回ってくることを前提として勝手なことを言っているだけという点です。

  • 仕事を死守できない中間業者

軽貨物運送の委託仕事はその案件の性質によっては突如に仕事発注が無くなることも日常茶飯事、突然の委託切りに出くわせば明日には開店休業の無給状態となります。

もちろんですが、大手企業の案件ほどビジネスの動きはドライで激しく、強引な委託切りを行う傾向が強いのも当然です。そうでなければ荷主側もビジネスを戦い抜けません。

大手企業と直接の取引ではない案件で多重下請けでの受注になっているような仕事は更に不安定な状況の立場で委託ドライバーは働いていることになります。

大手企業の案件だから安心などと間抜けに真逆の傾向を読み違えて業務請負の仕事していると足元を掬われるリスクが高まります。

やる意味のある安定性を期待できる配送案件の本質的な部分の見極めは内容の役割と役目です。

時間やお金で割りに合うとか割りに合わないとか考えるようではいつまでも駄目なドライバー業者のままですし、自分に都合よく物事を解釈したがる軽貨物ドライバーも多くいますが軽配送のようなスモールビジネスであろうとも鉛筆舐め舐めばかりしていてはいけません。

多重下請け構造で中間業者が介在する多くの軽貨物運送の仕事案件は、発注側が定期案件を約束していようとも1年すら続かずに都合によって委託切りという悪い仕事も存在します。

もちろん、場当たり的にドライバーを委託で探し入れ、必要が無くなったらドライバーの委託切りを行なっているような御用聞きの下請けブローカーの中間業者も一部では存在します。

委託切りは質の悪いドライバーから順番に契約を切ります。質の良いドライバーや質の良い中間業者との取引は残します。当然ですがふるいにかけるのです。簡単な話、駄目なドライバー業者は単なるクビです。

ネットやマッチングサイトでドライバー募集を慢性的に行なっている荷物を運ばない軽貨物運送のピンハネ中間業者が介在する仕事案件は委託切りが多いのは当然の結果です。

  • 軽貨物ドライバーは太るか痩せるか。

業務委託で働く軽貨物ドライバーは仕事案件が永遠に続く保証がなく、給与といった収入安定もありません。ただこれはサラリーマンではない会社経営者も個人事業主も同じことです。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!