個人事業主の軽貨物配送ドライバーが最高の働き方を見つけるために挑戦するべきこと。

千葉県のチャーター便 プロの仕事術
広告
軽貨物チャーター (軽貨物配送) 専門ブログ
広告

荷主様の営業状況を直感でき、荷主様の顧客である納品先の営業状況も理解でき、実直に安定稼働できる業務請負の軽貨物ドライバーであれば安定的に稼げる。

業務請負の軽貨物ドライバー能力は荷主様と納品先からの信用と信頼でほぼ決まります。

配達が100個できるとか200個できるとか、そういうことは自慢にもなりません。

配送ドライバー歴が10年20年あろうとも、そういうドライバー目線での単一の物差しでは個人事業主のドライバーとしての信用や信頼の度合いは測れません。

私たちが運んでいる荷物を懸命に営業販売している荷主様から信用や信頼を得るにはどうすれば良いのか、それが何かを見抜く力が欲しいところです。

どのようなスタンスで仕事をすれば荷主様からの信用と信頼を積み重ねていけるのかを考え抜いた業務を熟し続けていくことが土俵となります。

宅配ドライバーの現実の通り、物を届けて、はい、おしまい、を何年間も毎日繰り返しても成長はありません。

  • 荷物の荷主様の営業が表側
  • 配送は裏側で裏方役の仕事

個人事業主や事業者である限り、ドライバーファーストを語るような弱い甘さは捨てるべきです。

error:Content is protected !!