委託で働く本業の軽貨物ドライバーが大手ネット通販の宅配便や弁当の出前みたいな仕事は嫌がってやらない理由。

個人事業主

業務請負で軽貨物ドライバーの仕事をしている人の中には宅配便の仕事は絶対やりたくないと語る人がポツポツといます。荷物を一個運んで幾らといった人参をぶら下げられて頑張って頑張っても働いた運賃を配属会社や中間業者にピンハネされ続ける仕組みそのものに違和感があるのは否めない。

宅配便はとても便利。

宅配便事業者があるからこそ、我が国では様々な企業のビジネスモデルが構築され、モノが動き、経済が動き、企業の収益や税収があがっていると言っても過言ではありません。

宅配便貨物は企業間のBtoBだけでなく個人間でも非常に便利な配送サービスです。

宅配便で他県遠方に荷物をドアツードアで送り届けても送料は千円から二千円前後ですから、飛行機や電車に乗って自分の足で運んで荷物を届けるより手間も掛からず運賃もだいぶ安く済みます。

しかしながら、

  • 便利さの裏には闇がある。

そう、宅配便が安くて便利な理由は明らかに「誰かが」安い労働費用で配達をしてくれているからです。

そうでなければ安い送料で荷物を荷主の戸口から届け先の戸口まで迅速に配達できるなど不可能なことです。

ユーザーとしては安い送料で運べる宅配便の便利さに反発する必要はどこにもありませんが、世の中、便利になればなるほど何かしらの問題点が一方では起こるものです。

安い労働費用で宅配便貨物の配送業務請負を強いられてブラックと言える環境で毎日仕事をしている末端の委託ドライバーに関する低収入問題はどうしたら軽減できるか、低収入の問題をどうしたら解決できるか。

宅配便事業者が莫大に稼いで儲かっているならばお金持ちの軽貨物ドライバーが増えても当然なんですが、宅配便の案件を請負している軽貨物ドライバーを街中で見ているとあまり羽振りは良さそうに見えません。

最大手の宅配便事業者から委託で軽配送での配達業務を受注している元請けやニ次請けや三次請といった軽貨物運送の中間業者は末端で働く軽貨物ドライバーの低賃金問題を真面目に考えているように思えません。

中間業者は運賃ピンハネが営業軸ですので金太郎飴のように末端で働く委託ドライバーを入れ替わりで募集採用しているだけです。胡散臭く、頑張れば頑張った分だけ稼げると言いながらも、仕事は末端ドライバーに丸投げで、宅配の委託ドライバーは頑張れば頑張るほど宅配便の下請け中間業者にピンハネされているわけです。

末端の委託ドライバーが宅配便貨物の配達を死に物狂いで安い労働費用での仕事を強いられている問題点について、元請けやニ次請けといった軽貨物運送の中間業者で話し合いがなされているようにも思えません。

これが薄利と薄利多売の違いです。自分が担当する仕事の内容は誰でも構わない仕事なのか、自分が担当する仕事の希少性を見抜くことも自営業者として自分の立ち位置を守ることにつながります。

  • 荷物の送り主、荷主メーカーがビジネスで何をしたいのか軽貨物ドライバーは理解ができているか。

卸売り業者へ大量に一括販売し、スーパーなどの小売業者へ大量に一括販売する。これは売上利益を出す上で手っ取り早い方法です。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!