軽貨物運送で売上収入を増やしたいならば成果を出す前にやるべき事がある。

チャーター便

軽貨物運送の事業展開を準備している中で事業方針やビジネスモデルの時代変化へのフィット感を検証していると、個人事業主の軽貨物ドライバーは間違った方向に注がれているエネルギーがやたらと多いことに気がつく。

そもそもスモールビジネスである個人事業や零細企業の軽貨物運送業である以上、事業主や経営者は真剣に営業方針の向きを正しい方向で定めなければ「収入と労力とコスト」のバランス状況は改善されません。

慣れて居心地が良くなった配送案件だけを請負していたり、既存の良好な取引関係者だけの仕事をし続けていたり、そういうビジネスの甘さに縛られていては個人事業や零細企業の売上成長は踊り場で足踏みしてウロウロしてしまいますし、もちろん、現状に満足しているようでは知らぬ間に衰退は始まっています。

個人事業の運営ならば初心忘れるべからず、何事も実直に行動を続けるだけのこと。

法人の事業運営ならば事業計画書の通りに事業スピードを調整しながら事業のステージを変えていくだけのこと。

いずれにしても他人の意見を参考にするとかではなく、事業主の本人、経営者の本人、自分自身のビジネスモデルに勝算があるのかどうかです。

ビジネスモデルなど考えたことすらない業務委託の軽貨物ドライバーもいるでしょうし、事業計画書など書いたことすらないような軽貨物配送会社の経営者もいることでしょう。

それが意識のテーマです。

シフタープロ軽貨物便の運営では常日頃から意識していることですが、段階的に事業ステージを上げていく運営は中々難しいことですから、疲れてもブレずに事業展開していく心構えの維持が大切になってきます。

軽貨物配送の仕事において社員雇用ではない業務委託で働くドライバーは、1年間だとかスパンを決め、新しい配送仕事の案件もプラスアルファで挑んでおくなどでスキルアップをするべきでしょう。サブ案件よりもメイン軸にする案件ほど一定期間で切り替えていくべきと言えます。

雇用勤務の仕事ならば5年や10年とかで少しずつ結果を出していくものですが、個人事業主での自営ドライバーの場合は配送するドライバーという立場だけではない1人の事業主でもあり、同じ現場だけで長くやっていても人としての事業力の価値は一向に上がらず自身の能力はマンネリ化します。

当然、お金や特需案件に目が眩んでコロコロと仕事案件を変えたりすれば日雇いの浮遊ドライバーと化しますし、人間関係や職場環境が嫌になって現場を変えているようでは事業主としてビジョンが間抜け過ぎますが、稼働軸とする仕事はやると決めたら思い切ってスキルアップを意識する仕事っぷりをしておくと、同じ月日の仕事経験でかなり実力や底力に差がでます。

error:Content is protected !!