勝負はまだまだこれから。自重して才能を大事に使える独立系の軽貨物ドライバーには余裕がある。

業務委託

自重、自らを重んじること。女性や男性など性別を問わず、年齢も問わず、個人事業主軽貨物ドライバーは自分の品性を保ち、卑下しないこと。言動を慎んで、軽はずみなことをしないこと。自分の健康に注意をし、身体を大切にすること。これらはお金とスキルを稼ぐ上でとても大事なことである。

軽貨物ドライバー業者として個人事業主という職を選んでいながら、社員雇用ドライバーのような安定した給与、すなわち収入の安定を求めている業務請負ドライバーがあちらこちらで見られます。

軽貨物ドライバー業者以外の職業全般では今後の収入アップが見込めないと考える人や自分の将来に希望が持てないと考える人は5割や6割を超えていると言われているようですし、末端の軽貨物ドライバーは半数以上が悲観的な収入状態に陥っていると考えるべきなのかも知れません。

では、何を以って軽貨物ドライバーの安定と考えるかですが、日本の平均年収は400万円前後ですので地域性や働き方で差異はあるものの、社員であれ、バイトであれ、業務請負であれ、経営者であれ、自分の稼ぎが日本の平均年収を超えているかどうかが一つの安定目安になろうかと思います。

ただし、業務請負ドライバーは社員雇用ではなく個人事業主であることを忘れてはいけません。配送ドライバーの1人である前に個人事業主なのです。

零細企業や個人事業主における事業の安定は衰退を意味します。

安定とは、落ち着いていて、変化の少ないことです。

もし、零細企業や個人営業の仕事が安定してしまったら事業はやがて先細りをして長続きしなくなってしまいます。

事実、安定を求めるような業務請負ドライバーは、失敗する余地のないことだけをやる、やり慣れたことだけをする、新しいことには手を出さない、という感じがどうしても滲み出てしまうので、低レベルなドライバーファーストの軽貨物ドライバー業者だと荷主企業や取引会社から見られてしまいます。

事業を安定させるには事業の成長しかなく、軽貨物運送事業での仕事も自らの新しい配送現場の経験でしか自己成長や新たな知見を獲得することはできません。

千葉県内での緊急配送お気軽に
error:Content is protected !!