自営業としてのロジックが狂った個人事業主ドライバー

仕事上の人脈は広げるものではなく広がるもの。

ゼロイチの起業能力がないのに個人事業主の軽貨物ドライバーとなってしまった人は何をどう学んで軽貨物ドライバーとしての自分をどう育てていくべきか。

そういうことは配送の業務を覚えることよりも大事なことだと私は思っている。

も遊んで暮らせるお金が無いならば嫌な仕事であろうと好きな仕事で何であろうと働いて食っていくこととなる。

結局、嫌々仕事をするのは単なる損。前向きに楽しく苦労した者が勝つ世界。

個人事業主ドライバーは個人で事業をやっている感じの人ではなく過去に一般企業での勤務で生き残ることができずにドロップアウトした人や、再就職できない理由や事情を抱えたまま個人事業主ドライバーとなってどうにか働いている感じの人も多い。

ビジネスモラルが欠如した人も多い。

仕事で知り得た情報を個人利用して取引関係の人脈であったり仕事先でおいしい人脈を個人目的で広げようとする軽貨物ドライバーの話も周囲から聞いたりする。

仕事に慣れてくると担当している仕事が自分のための仕事だと勘違いする個人事業主の軽貨物ドライバーも少なくない。

自分に才能や実力がない人間は他人の人脈で成功を得ようとするが自分に才能や実力があるならば相手から声がかかるもの。

人脈は困ったときに助けを求めたり求められたり利害関係が自然に成り立つ人間同士の繋がりだが軽貨物運送業界の場合は応援しても応援されることがない関係性がやたらと多い。

名前のある軽貨物会社ほど裏切りや不義理をする傾向が強いが末端の個人事業主ドライバーに関しても嘘や誤魔化しをする責任感に問題がある人間もいたりする。

人選はとても大事な業界。

軽貨物ドライバーの個人事業主は付き合いを広げることに長考するくらいなら自分の成長に集中すべきだろう。フェアを大切にすることで競合他社や大手に自らの努力を一方的に搾取されることがないように奮闘しなければならない。

error: Content is protected !!