繁盛する個店や荷主企業の事業を応援しようとする気持ちそのものが軽貨物ドライバーとして配送テクニックよりも大事。

千葉県の軽貨物|軽貨物

私たち個人事業主の軽貨物ドライバーは荷主企業の大切な運賃経費で仕事が成り立っており、元請けの運送会社や軽貨物配送の中間業者側の事業コストでドライバーとの売上収入が成り立っているわけではない。

脇道には逸れず。

荷主メーカーの立場で北海道から沖縄まで日本全国の取引先と接しながら仕事を長年していた経験もあって軽貨物運送業界の事業や仕事に於いても取引する荷主企業の大手や中小や個店が繁盛している努力だったりその背景や立派さを軽貨物車のハンドルを握った軽貨物運送の業務を通じて肌で感じ取るように心がけています。

この仕事に限ってのことではありませんが繁盛する個店や荷主企業は外的環境の変化にうまく順応をしつつも決して事業計画上の脇道には逸れず勝算や活路を丁寧に見出しているのが現実だと私は直感します。

軽貨物配送業界はどうなのか。

千葉県でも街中で腐るほどいるフリーランス軽貨物ドライバーだったり、それらから運賃ピンハネをするためにネット掲示板で仕事を平然と右から左に流しているレベルの多重下請け軽貨物配送会社などは物流への貢献など口先だけなのが現実です。

電卓を使ってあの案件はどうとかお金や時間の割に合うとか割に合わないとか勝手なことばかりを言いながらお金のことしか考えず、風向き次第でコロコロとバイト先を変えるかのように請負契約している案件を身勝手に理由を付けて投げ出したり、配属先をコロコロと変えてしまうような浮気性の個人ドライバーも決して少なくありません。

そんな感じでは荷主企業や取引関係先からの信頼もへったくれも一切が残りません。

今日は稼げても明日はいまいち、今週は稼げても来週はいまいち、今月は稼げても来月はいまいち、上半期は稼げても下半期はいまいち、他力本願パターンからいつまでも抜け出せないわけです。

そういった相変わらず活路のない働き方を続けてしまっている個人事業主ドライバーの話は実際によく聞きます。

軽貨物ドライバーに配送の仕事を発注している荷主企業の事業は大手であれ個店であれ生き物です。

error:Content is protected !!