千葉県で軽貨物の闇案件に迫る、あなたの定期案件は客先常駐と多重請負と偽装請負のコンボである。

千葉県の軽貨物 配送の偽装請負。
広告

都内の配送仕事案件を参考にしながら軽貨物配送業界の労働雇用の仕組みと偽装請負の闇を調査しています。

軽配送のドライバー求人の業務委託で、勤務地が「東京23区」のように曖昧な書かれ方をしている場合、ドライバーは荷主である客先に常駐する可能性が高いです。

所謂、定期案件とも言います。毎日同じ現場に行き、社員雇用ではないのに社員のように仕事をします。

偽装請負とは、契約書のタイトルは請負契約または準委任契約としておきながらも、実際の仕事は社員雇用者と同様の方法で実質的に発注者(軽配送の場合は荷主など)が請負契約の者に仕事の指揮命令を出して業務を行うことを指します。

  • 請負契約→発注者が指揮命令してはいけない。
  • 準委任契約→発注者が指揮命令してはいけない。
  • 派遣契約→発注者が指揮命令しなくてはならない。

軽配送の現実問題、荷主と軽配送の元請け企業は、それぞれで自前の労働キャパが超え、自社の配送人材だけでは顧客要望や配送ニーズに応えられない状況となり、下請けの企業などから配送ドライバーの人材を確保しようとします。

社員雇用せず、請負契約や準委任契約や派遣契約に偏り始めているような荷主や元請けにも注意です。

これには裏があります。

会社経営を経験している人ならわかることですが、雇用と外注違い、これには消費税が関わってきます。

社員雇用契約での給料は一般的に消費税込みと捉えません。

ところが、請負契約や準委任契約や派遣契約など外注費になると消費税込みで支払っていると考えることになります。

考えてみてください。

荷主としては同じ一人のドライバーに支払う労働の対価だとしても、雇用による「給料」ではなく、請負での「外注費」として支払うことだけで、経理処理においては納めるべき消費税が少なくなるわけです。

そして、請負契約ドライバーに社員と同様の労働をさせていながらも、雇用契約の社員のように社会保険料や雇用保険を加入させないのも実態です。

ブラックです。

社保料もですが、単純計算しても消費税は10人20人30人40人50人という労働者の数を外注扱いで経理処理すると、一般課税事業者では納税する消費税額を低く抑えるというメリットが大きくあります。

荷主や元請けは人材不足などと大きな声で言いながらも、裏腹があり、老舗企業や大企業を中心に社員の外注化が行われています。

当然、雇用社員と同様に請負契約スタッフを労働させることは脱税行為に発展するわけです。

そして受発注構造が多重化します。軽貨物に個人事業主ドライバーを苦しめています。

発注業務の範囲や成果物をきちんと決めて商取引を行えば、階層構造になっていても違法行為とはもちろん言えません。

これ自体は企業側でも効果的でwin-winです。

ただし、軽配送仕事の定期案件では仕事に慣れてくると業務範囲を確定しなくなり、軽配送ドライバーの労働提供だけが実質的に目的となっています。

これらは、法令で職業安定法第44条に定める労働者供給事業の禁止や労働者派遣法の二重派遣の禁止に抵触している状況となります。

個人事業主ドライバーを単なる労働者として扱っているケースがあり、荷主や元請けではドライバー労働者に対する指揮命令系統も一緒くたであいまいになり、個人事業主ドライバーの労働環境が悪化します。

ピンハネと言える中間搾取が行われますから、ドライバー労働者に不利益が現実的に生じているわけです。

軽配送の定期案件は内容的にはその大半が社員雇用の契約でなければならないという実態でしょう。

また、契約が就業時間や休日に関する記載が荷主である客先に準ずることになっている場合は客先常駐と捉えるべきです。

もちろん、全てが隠れざる偽装請負に当てはまるわけではありませんが、怪しい業務請負での定期案件は、労働局に情報を入れれば調査対象になることでしょう。

軽配送ドライバーの初心者は、覚える仕事と自分のビジネスを守るため、こういった指南も仕事選びの一つとして参考としてください。

このブログでは何度も、荷主と利用運送会社の悪癖のような実態を指摘しています。

利用運送業者も仕事のハブとしての機能などと言葉を聞こえを良くすれば格好つきます。

しかし、仕事をろくに覚えずに何もしないような利用運送会社はピンハネ業者であるのは言うまでもありません。

もちろん、利用運送だけが悪ではなく、荷主の物流部自体に雇用と派遣と委託に関するコスト意識に大きな問題が隠れています。

日本でのオリンピック開催を終える頃を目処として、この数年で、軽配送業界で闇案件を出す荷主と元請けが共謀してきた定期案件である「客先常駐」は多重請負と偽装請負のコンボと見なされ、高い確率で規制がかかる?

軽貨物配送の仕事はその多くが、荷主→元請け→下請け→孫請け→4から5次請けなどの順に分散して仕事が流れています。

良し悪し、ピンハネのピンハネのピンハネです。

一見、軽配送仕事の商流は、元請け配送企業を頂点としたピラミッド構造に見えますが、問題を指摘されるのは、頂点と思われている元請けではなく、荷主や荷主の物流部である点です。

この偽装請負や客先常駐の構造自体は軽配送業界のみならず、建設やIT関係では前々からクローズアップされてきました。

軽配送業界にもそろそろメスかナタが入るわけです。

真面目に働いている無印軽貨物配送ドライバーに影響が出るのは言うまでもありません。

今からでも遅くはないので、自分自身の「実際」の労働環境や命令指示系統などを法律と照らし合わせてください。

当然、業務委託の請負契約書はあてになりません。労働の実態がどうなのかです。

まだまだ天狗になっている荷主や元請けも多いと思います。私は千葉県軸で稼働するドライバーですが、全国で頑張っている多くの個人事業主ドライバーはもっと活躍できる筈です。

無責任な荷主や元請けには毅然とした態度で個人事業主ドライバーはwin-winで対等に労働の取引をしましょう。

千葉県で軽貨物車を使って配送の仕事をしよう
千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物配送専門店シフタープロ便を運営する営業統轄責任者としてハンドルを握って実運送する軽貨物配送セールスドライバーとしての事業展開する準備段階の奮闘と成功術の備忘録ブログです。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応する時代に

宅配会社などの配送ドライバー上がりではなく、若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や輸入貿易から販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、倉庫在庫管理、商品販売の競争力を高める流通と物流の仕組み作りを25年間ほど経験してきました。

物を作る、物を売る、物を送る、といった仕組み作りと物流や起業に興味を持ち続けている1人です。

軽貨物車を使った加温輸送や冷蔵輸送や常温輸送の仕事を請け負い、荷主様や元請け会社様や協力会社様と共に様々な軽配送仕事を覚えることに楽しみを感じ、千葉県を軸として、配送業務を一つ一つ熟しながら事業性の価値を検証しております。

軽貨物運送会社では軽の貨物車を使った運搬配送の需要増はインターネット通販の普及によるものだと単純に勘違いしている配送業者が見受けられます。

軽配送のニーズ拡大は決して先駆の軽配送会社による営業功績でもありませんし、単純にインターネット通販が普及したからでもありません。

我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、過去のように大手企業だけでなく「地方の中小企業や零細企業にもSCMの構築が仕上がりつつある」ことがきっかけです。

運送会社の大手企業や中小企業、配送業界の末端である個人事業主の業務請負ドライバーに向けられた貨物運送の「納品仕事ニーズが細分化」され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現状であるとシフタープロは捉えます。

配送ニーズの細分化は、地場で末端の配送業者である軽貨物運送会社や個人事業主の軽貨物ドライバーが従来のようなドライバーの数やネットワーク組織力という仮想規模の営業サービスでは通用しない配送時代になることを意味しています。

当然、茶髪や髭やピアスや眉剃り、タバコ喫煙のドライバーは時代の流れと共に荷主様や荷受人様や元請け会社様から淘汰され始めています。

過去はそういうドライバー品質でも通用していましたが、配送ニーズの細分化によりそういう品質のドライバーやドライバーファーストの意識を持つような事業者や事業主は先細りするでしょう。

誰でも構わずドライバー人材を寄せ集めしてドライバーからマージンをピンハネすることが商売の軸となっている軽配送のネットワーク組織や組合やフランチャイズの営業組織など数で勝負できていた企業体も、今日では、荷主様や元請け会社様からは品質の悪いドライバーの多さで信頼や信用面が欠如し、ドライバー品質の乱れがクローズアップされ、誤魔化しができずに営業的に淘汰され始めています。

自営業ドライバーはドライバーファーストという甘さを捨て、身近にいる配送ドライバー同士が荷主様ファーストの観点で責任ある業務情報を共有し、フリーランスや副業ではないプロの心構えなど、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や納品対応の能力が問われてきます。

この結果、個人事業主の軽貨物運送ドライバーの業務全般は「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

▶︎捨ててならぬは義理

軽配送の事業で隠れざる大切な要素はドライバーは量より質という点だと考えられます。

ただし、配送ドライバーの職はどんなに能力があろうとも1日をフルに頑張っても人一人では一人分しか稼ぐことができません。

配送の仕事で稼げるのは配送ドライバーですが、儲かる、儲けるのはその配送ドライバーの使用人である軽配送の請負会社という図式です。

商売では儲けも稼ぎも大事です。しかしながら、個人事業主の配送ドライバーは労働で稼げても儲からない職であり、仕事をした分だけを稼げる仕事であることを心底で理解しなくてはなりません。

とどのつまり、多くの自営業ドライバーは割に合う合わないだとか請負している仕事の不平不満を語り、仕事の旨味だけを案件に追い求めてしまうようなドライバーになってしまうのが実態です。

ストレスに打ち勝ち、軽配送ドライバーとして実直に仕事で稼げるようになるには、未熟に不平不満を語ることではなく、新しいことを覚えながら瞬発力と柔軟性を磨き上げ、他人ではない自分の才覚で懸命に難しいことを打破するといった心意気が必要です。

そして義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、メンターや指導者の存在も大切です。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーが活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者をフォローする
千葉県版 | 軽貨物ドライバー開業 | 独立
広告
ブログで千葉県の軽貨物配送専門シフタープロが語る!軽貨物運送の検証BLOG。
error:Content is protected !!