軽貨物ドライバーは軽貨物車の整備点検などは夜間でしか修理メンテナンスする時間がない。

千葉県の軽貨物 ブレーキパット交換と整備。
広告

プロの軽貨物ドライバーが乗っている軽の冷蔵車。本職ではないフリーランスや多くの副業レベルのドライバーが乗る軽バンとは異なり、本職の軽ドライバーが乗っている冷蔵車の場合、メンテナンスは車体だけでなく冷蔵機能など荷室の整備点検から足回りやブレーキパットのチェックまで重要な仕事の一つ。

宅配ドライバーとは異なり、軽の貨物車で荷物の温度管理まで考えながら荷物の配達や納品を熟している軽の冷蔵車ドライバー。

通販の荷物を数百個も配るような宅配便の下請けで頑張る軽バン乗りのドライバーにも丁寧に荷物を積んで丁寧に運んでいる紳士なプロドライバーもたまにいますが、そういった軽バンに乗る宅配ドライバーと軽冷蔵に乗るドライバーはやや異なり、通常の運搬ルールに加えて、荷物への衝撃や温度までを常に考え、荷物の輸送状態を意識した配送業務ができる人です。

通販などの宅配をするドライバーの気持ちもわかりますが、軽冷蔵ドライバーの日常は、宅配便ドライバーのような時間と荷物量で配達を急ぎ、手押し運搬台車に無理矢理に載せた荷物を移動中に台車から落としたりするなどは論外です。

街中の軽バン乗りの黒ナンバー貨物車両を見れば一目瞭然ですが、何故か貨物の軽バンに乗るドライバーは運転が下手なのか乱暴なのかはわからないですが、明らかに、電信柱やポールなど、どこかにぶつけて走っているボコボコの車が多いです。

軽バンの貨物車を使う配達員が乗っている車両ボディの凹み具合を見ると、一度や二度の傷跡ではないのもすぐ分かります。

反面、軽の冷蔵車を運転するプロの軽貨物配送ドライバーが乗る車両は、ボコボコに凹んだ車はほとんど見かけません。

軽バンの貨物車だろうとも軽冷蔵車だろうとも、同じような場所で狭い街中を走っていますので、明らかに、軽の冷蔵車乗りドライバーは丁寧な運転をしている訳です。

運んでいる荷物の種類も異なります。

貨物車両の軽バンのように通販の荷物をごちゃごちゃな向きになろうとも積めるだけ積み込んで、人が見ていないところでは焦りのあまりに荷物を雑に扱う配送ドライバーとは運送の姿勢と運送技術のレベルが違い、軽の冷蔵車ドライバーの仕事においては、荷台や台車での荷崩れなど一度でも起こせば確実に商品はアウトです。

ケーキや高級パンやお弁当の配送などを手掛けると、まさに精密機器のような輸送技術を意識することとなります。

軽冷蔵ドライバーによる荷物の積み降ろしはいつも水平に慎重です。

勿論、軽バンに乗っているドライバー全員が雑なわけではないですし、軽冷蔵に乗るドライバー全員が丁寧なタイプであるわけではありませんが、ほぼほぼ、傾向はこの通りでしょう。

更に、それだけはなく、軽の冷蔵車に乗る多くのプロドライバーは自分自身できちんと最低限の車の整備点検をしています。

中には簡単な整備すら自分でできない車音痴の配送ドライバーも居ますが、プロのドライバーは車の整備を業者任せにはしていません。

乗る車が特別な冷蔵車である以上、バッテリーやオルタネータのチェックや電圧や発電、クーラーベルトのチェックも定期的に自分自身で行います。

もちろん、タイヤホイールのローテーション、エンジン周りのチェックやエンジンオイル交換やエンジンオイルフィルター交換なども自分自身で行い、自分が乗る車両の異常有無や異音の確認をもプロは怠りません。

ただ、それでも車の故障は起こります。念には念でしかありません。

軽冷蔵の仕事案件によっては、重たい冷凍食品やお米や飲料などの重量物が満載となることも多々ありますので、ブレーキパットやブレーキローターの具合、ドラムブレーキやブレーキシリンダーのチェックも業者任せにせず、プロドライバーとして自分自身でチェックして状況を把握します。

そして整備のプロにも定期的にチェックしてもらいながら、車両状態の確認と維持をして業務をしています。

本当になかなか休む時間がない軽貨物ドライバーの身体と軽貨物車。

多くの運転ドライバーの身体と同じくして、夜間しか休めない貨物車両。

日中の仕事中に車が悲鳴をあげていても、夜間では整備や修理に対応している整備業者も少なく、自分で修理メンテナンスするにしてもそのスペースを持たないドライバーも多いことでしょう。

千葉県のシフタープロでは常日頃から夜間深夜対応で軽貨物車の整備点検をしています。

個人事業主ドライバーの場合は安全運行の意識はかなり大切です。

千葉県で軽貨物車を使って配送の仕事をしよう
千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物配送専門店シフタープロ便を運営する営業統轄責任者としてハンドルを握って実運送する軽貨物配送セールスドライバーとしての事業展開する準備段階の奮闘と成功術の備忘録ブログです。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応する時代に

宅配会社などの配送ドライバー上がりではなく、若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や輸入貿易から販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、倉庫在庫管理、商品販売の競争力を高める流通と物流の仕組み作りを25年間ほど経験してきました。

物を作る、物を売る、物を送る、といった仕組み作りと物流や起業に興味を持ち続けている1人です。

軽貨物車を使った加温輸送や冷蔵輸送や常温輸送の仕事を請け負い、荷主様や元請け会社様や協力会社様と共に様々な軽配送仕事を覚えることに楽しみを感じ、千葉県を軸として、配送業務を一つ一つ熟しながら事業性の価値を検証しております。

軽貨物運送会社では軽の貨物車を使った運搬配送の需要増はインターネット通販の普及によるものだと単純に勘違いしている配送業者が見受けられます。

軽配送のニーズ拡大は決して先駆の軽配送会社による営業功績でもありませんし、単純にインターネット通販が普及したからでもありません。

我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、過去のように大手企業だけでなく「地方の中小企業や零細企業にもSCMの構築が仕上がりつつある」ことがきっかけです。

運送会社の大手企業や中小企業、配送業界の末端である個人事業主の業務請負ドライバーに向けられた貨物運送の「納品仕事ニーズが細分化」され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現状であるとシフタープロは捉えます。

配送ニーズの細分化は、地場で末端の配送業者である軽貨物運送会社や個人事業主の軽貨物ドライバーが従来のようなドライバーの数やネットワーク組織力という仮想規模の営業サービスでは通用しない配送時代になることを意味しています。

当然、茶髪や髭やピアスや眉剃り、タバコ喫煙のドライバーは時代の流れと共に荷主様や荷受人様や元請け会社様から淘汰され始めています。

過去はそういうドライバー品質でも通用していましたが、配送ニーズの細分化によりそういう品質のドライバーやドライバーファーストの意識を持つような事業者や事業主は先細りするでしょう。

誰でも構わずドライバー人材を寄せ集めしてドライバーからマージンをピンハネすることが商売の軸となっている軽配送のネットワーク組織や組合やフランチャイズの営業組織など数で勝負できていた企業体も、今日では、荷主様や元請け会社様からは品質の悪いドライバーの多さで信頼や信用面が欠如し、ドライバー品質の乱れがクローズアップされ、誤魔化しができずに営業的に淘汰され始めています。

自営業ドライバーはドライバーファーストという甘さを捨て、身近にいる配送ドライバー同士が荷主様ファーストの観点で責任ある業務情報を共有し、フリーランスや副業ではないプロの心構えなど、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や納品対応の能力が問われてきます。

この結果、個人事業主の軽貨物運送ドライバーの業務全般は「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

▶︎捨ててならぬは義理

軽配送の事業で隠れざる大切な要素はドライバーは量より質という点だと考えられます。

ただし、配送ドライバーの職はどんなに能力があろうとも1日をフルに頑張っても人一人では一人分しか稼ぐことができません。

配送の仕事で稼げるのは配送ドライバーですが、儲かる、儲けるのはその配送ドライバーの使用人である軽配送の請負会社という図式です。

商売では儲けも稼ぎも大事です。しかしながら、個人事業主の配送ドライバーは労働で稼げても儲からない職であり、仕事をした分だけを稼げる仕事であることを心底で理解しなくてはなりません。

とどのつまり、多くの自営業ドライバーは割に合う合わないだとか請負している仕事の不平不満を語り、仕事の旨味だけを案件に追い求めてしまうようなドライバーになってしまうのが実態です。

ストレスに打ち勝ち、軽配送ドライバーとして実直に仕事で稼げるようになるには、未熟に不平不満を語ることではなく、新しいことを覚えながら瞬発力と柔軟性を磨き上げ、他人ではない自分の才覚で懸命に難しいことを打破するといった心意気が必要です。

そして義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、メンターや指導者の存在も大切です。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーが活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者をフォローする
千葉県版 | 軽貨物チャーター業者 | 仕事
広告
ブログで千葉県の軽貨物配送専門シフタープロが語る!軽貨物運送の検証BLOG。
error:Content is protected !!