私が軽貨物配送の仕事で理想とする少数精鋭で学習する事業組織の実力をブログで語る。

軽貨物で重量物輸送 【軽貨物運送の検証ブログ】個人事業主

軽貨物配送会社の実態は、ドライバーの質ではなくドライバー人材の多さで売り上げが大きく変わる業態である。シフタープロはそうではなく、少ないドライバー人数でも売り上げ収入を維持向上できるプロフェッショナルに動けるマルチ稼働体制の構築をベースにしています。

仕事中や休憩中、軽貨物運送について考えたりしたことを忘れずにいつの日か自分の行動を予習復習するためにシフタープロの軽貨物ブログでその内容を備忘録として記事にし始めて数年が経ちます。

初心忘れるべからず、業務委託での軽貨物配送事業を進めるべき道筋は大きく分けて3つのレールがあることを再認識します。

  • 自分一人だけで稼働するパターン。
  • 少数精鋭の協業ドライバーが手を組んで一緒に稼働するパターン。
  • ドライバーを誰でも構わず募集して仕事を丸投げするパターン。

どの道を選んでも正解だと思います。

ただし、それ以前、業務委託のドライバーは荷主企業様のお役に立ってなんぼです。ドライバーファーストなどと甘い考えを持つことは勿論よくありません。

キツイ配送の仕事でも、仕事をしてやってるではなく、させていただいている、であり、仕事があることに感謝できるような実力が身についていなければ業務請負の軽貨物ドライバーは高効率な稼ぎが実現しないと思います。

高効率に稼ぐとは様々な種類の荷物の配送ノウハウがあることが大前提、自分の体力と自分の時間ペースで稼働できることを意味します。

年齢や性別や家庭環境や生活レベルなど様々でベターな働き方は人それぞれ異なります。

ただ、仕事は稼ぎが結果です。自分が希望する売上収入になるように稼働することが大事です。この両立がニーズにマッチングできるかです。

従って、プロ本業を目指す軽貨物ドライバーは休日の取り方がかなり肝心なこととなり、それが仕事ニーズの合う休日なのか合わないのかが見えにくいポイントとなります。

個人営業のドライバーが休日を設定することは、遊びであろうと旅行であろうと、ただ単に休みたいという内容であろうと事由を問わずドライバーの自由です。

しかし、その1日の休日申請をすることにより、1週間や1ヶ月など仕事に入れなくなることも覚悟すべきでしょう。

自由ゆえに、です。

なお、配属先や荷主企業様から通知があろうとなかろうと、前もって仕事が既に予定されていたドライバーが自己都合で数日前や1、2週間を切ってから休日を取るようなことがあれば、そのドライバーが担当する予定だった請負業務は欠員となります。

業務委託ですから、風邪で体調が悪かろう、軽貨物車の故障であろう、発注済みの案件をキャンセルするのは認められる理由になりません。

千葉県の軽貨物は日本シフター産業のシフタープロ軽貨物便までご依頼ください。冷蔵配送から幌車配送まで千葉県、都内、埼玉県、神奈川県、一都三県でチャーター配送を適正価格にて承っております。

相談受付フォーム

お名前
フリガナ
会社名
メール
電話番号
住所
相談内容
詳細入力

※は必須事項です。

 

個人事業主
千葉県の軽貨物配送専門店が語る!軽貨物運送検証ブログ
緊急チャーター配送受付
error:Content is protected !!