軽貨物運送業ドライバーが売上を増やすための個人事業から、資金を増やすための個人事業へシフトアップするための働き方。

都合よく利用され、これでは稼げない、と軽貨物運送業の業務請負で感じるようでは、価値の低い軽貨物ドライバー業者と見做される、見做されている、だけである。

本意ではない憶測をどう考えるか。

軽貨物運送業の仕事でモチベーションの維持は難しいテーマの一つと言えます。

社員やバイトではない業務請負ですので、何がどうであれ仕事があることに感謝をしなくてはいけませんが、軽貨物ドライバーの1人として何がやりたいのか、軽貨物ドライバーの1人としてどんな人と相性がいいのか、軽貨物ドライバーの1人としてどんな仕事人生を送りたいのか、自分のことを解って仕事をしていかなくては緊張とリラックスのバランスがいつしか崩れてしまいます。

荷主企業様や中間業者の中には、委託者と受任者の関係を履き違え、横柄に振る舞う会社もあり、きちんと礼儀正しく振る舞う会社もあります。

それ自体は些細なことと言えますが、それがやがて「やらせておけばいい」「やればいい」という関係性になるわけです。

受任者の仕事感だけに話ならそれで構わないと思います。しかし、委託者の事業感がそのような状態では、その事業全体が足踏みと停滞をすることにつながります。

仕事上で立場の弱い業務請負の軽貨物ドライバーは、事業が足踏みや停滞している荷主企業の仕事に手を出し続けてはいけません。

これは取引に於ける原理原則です。立場が弱かろうと事業はボランティアではありません。

軽貨物運送の業務請負には距離制と時間制の依頼があるわけですが、もちろん、委託者は安いお金で長い時間を業務請負ドライバーに働かせようとします。

ドライバー側にとって割に合わないと感じる仕事は常識的に見てと言いますか、理にかなった正しい案件なのです。

ドライバーが儲かるような案件、ドライバーが異様に稼げるような案件、そんな仕事を発注している委託者などまさに間抜けな会社です。

安定を求めるには何事も適正でなければなりません。

仕事や事業で何かしらの違和感を感じるならば、その反対のことを探り、違和感に反発するのではなく、違和感を理解することです。

それは、仕事の今を見るのではなく、仕事の先を見る方が賢いからです。

従って軽貨物ドライバーが「やればいい」と感じるようになってしまった荷主企業様の仕事案件は、メイン稼働の軸からはバッサリと外した方が身のためという答えになります。

反面、私自身が1都3県で担当することのある幾つかの配送現場で客観的に同業他社ドライバーさんを見渡してみると、業務請負している軽貨物運送業ドライバーの中には、明らかに、荷主企業や中間業者から信頼されないであろう、緊張感の薄れたゴロ付きタイプのドライバー業者がいます。

私服みたいな作業着、汚い靴、無精髭、身嗜みの悪さ、社則やルールが無くとも、社会人として、プロの軽貨物ドライバーとして自営する意識が欠如しているタイプのドライバーです。

軽配送でお金を他人より稼ぐならば、業務請負するという責任感の意識を極限まで高め、軽貨物運送業の仕事に挑むべきとシフタープロでは考えます。

ドライバーファーストなどと甘ったれているようでは話になりません。

何であろう、世の中、他者評価の中で仕事をしている現実を忘れてはいけません。

自分の価値観と同じ見解で事業をしている荷主企業や中間業者や軽貨物ドライバー業者ばかりとは限りません。

良くも悪くも、他力本願で、だらけたタイプの人もゴロゴロいます。

受任者と委託者の関係に於いても自己評価と他者評価は異なり、自分が荷主企業を高評価していても荷主企業が自分のことを評価しているという保証はどこにもありません。

つまり、仕事論として、軽貨物ドライバーの職は荷受人様や荷主様や中間業者などのいろいろな人間の評価に囲まれている仕事であることを理解し、その現実さえ認識すれば不平不満など無意味なこととなるわけです。

自分の仕事を守るうえでも、他者評価に反発してはいけません。

個人事業の軽貨物ドライバーが服装や身嗜みをきちんとしなければならない重要度は、大袈裟な話では無く、身嗜みさえよければ誠実で信頼できる軽貨物運送業ドライバーだと評価されるからです。

潤沢に、ヒト、モノ、カネ、情報を持たない弱者である個人事業主にとって信頼性はかなり重要です。

荷主企業様や荷受人様が初見であなたを見てどう判断するかで軽貨物運送業の仕事が進めやすくなるのか、やりにくくなるのか、にも深く関係してきます。

良質で実直な配送仕事が評価され、荷主企業様や荷受人様が自分と周囲の仕事っぷりを信頼してくれれば、信頼関係を築くための主張や説明を省けて、信頼は言葉ではなくなるわけです。

存在が信頼になります。

愛想や身嗜みが悪ければ、不真面目で信頼できないドライバーだと思われます。それはアウトで致命的です。

経験値や優秀な配送技能があろうと、愛想や身嗜みの状態で軽貨物運送業ドライバーの質は良し悪しを判断されます。

そして、その印象はほぼ当たります。

取引や仕事では印象評価が大事ですし、人間性の中身がしっかりしているドライバーは愛想もよく身嗜みも整えています。

まさに身嗜みは品性と言えます。

荷主企業様も商売で毎日戦っています。軽貨物運送業の個人事業主ドライバーも自らの稼ぎを減らさぬように毎日戦っています。

慣れた案件や慣れた取引環境であればあるほど、自分は安泰だと思い込んで気を抜けば、一発で足元を掬われます。

仕事なんだからという忍耐力も大事です。仕事なんだからという要求も大事です。これは良質な取引関係では暗黙の了解であり、駆け引きでもあり、需要と供給でもあり、信頼関係ができあがっているからこそ仕事は継続されます。

仲間だとか、知り合いだとか、学校のクラブ活動やサークルのような仕事環境は必要ではありません。仕事上の知り合い関係はコミュニティではありません。

企業や事業のリーダーはドラスティックな改革や決断をするものです。

私たち軽貨物運送業のドライバーへ仕事を出している荷主企業の責任者はドラスティックな考えを必ず持っています。

やはり、一線を引く、親しき仲にも礼儀ありです。

人の技能によって簡単な仕事はあろうとも、世の中に簡単な取引などありません。絶対に取引に於ける信頼関係を甘くみてはいけません。

軽貨物ドライバーはホウレンソウが最優先の職業ですから、メールであったり、LINEであったり、電話であったり、確認や返事や応答は「即」が基本中のキホンです。

機会を失うのもタイミングです。機会を得るのもタイミングです。ビジネスはタイミングが命と言えます。

error:Content is protected !!