軽貨物運送業ドライバーが売上を増やすための個人事業から、資金を増やすための個人事業へシフトアップするための働き方。

個人事業主

都合よく利用され、これでは稼げない、と軽貨物運送業の業務請負で感じるようでは、価値の低い軽貨物ドライバー業者と見做される、見做されている、だけである。

本意ではない憶測をどう考えるか。

軽貨物運送業の仕事でモチベーションの維持は難しいテーマの一つと言えます。

社員やバイトではない業務請負ですので、何がどうであれ仕事があることに感謝をしなくてはいけませんが、軽貨物ドライバーの1人として何がやりたいのか、軽貨物ドライバーの1人としてどんな人と相性がいいのか、軽貨物ドライバーの1人としてどんな仕事人生を送りたいのか、自分のことを解って仕事をしていかなくては緊張とリラックスのバランスがいつしか崩れてしまいます。

荷主企業様や中間業者の中には、委託者と受任者の関係を履き違え、横柄に振る舞う会社もあり、きちんと礼儀正しく振る舞う会社もあります。

それ自体は些細なことと言えますが、それがやがて「やらせておけばいい」「やればいい」という関係性になるわけです。

受任者の仕事感だけに話ならそれで構わないと思います。しかし、委託者の事業感がそのような状態では、その事業全体が足踏みと停滞をすることにつながります。

仕事上で立場の弱い業務請負の軽貨物ドライバーは、事業が足踏みや停滞している荷主企業の仕事に手を出し続けてはいけません。

これは取引に於ける原理原則です。立場が弱かろうと事業はボランティアではありません。

軽貨物運送の業務請負には距離制と時間制の依頼があるわけですが、もちろん、委託者は安いお金で長い時間を業務請負ドライバーに働かせようとします。

ドライバー側にとって割に合わないと感じる仕事は常識的に見てと言いますか、理にかなった正しい案件なのです。

ドライバーが儲かるような案件、ドライバーが異様に稼げるような案件、そんな仕事を発注している委託者などまさに間抜けな会社です。

error:Content is protected !!