千葉県版 | 軽貨物運送業者の検証

軽貨物配送ドライバーの成長率は、エリアを覚えることではなく、宅配便では運ばない荷物を運んできた経験値がモノを言う。

千葉県版 | 軽貨物運送業者の検証
広告
広告
広告

軽貨物配送ドライバーとしての成長率が稼ぎの成長に比例して影響する、という話。

多くの軽貨物ドライバーは同業者のドライバーより多くのお金を稼ぎたいと思っている。

しかし、現実はそんなに甘くない。

私が、千葉エリアや都内エリアや埼玉エリアや神奈川エリアで配送仕事を24時間体制で昼夜する中、周りのドライバーさんを見回しても、上手に稼いでいる人より、うまく稼げていない人の方が多い。

なぜか。

まず第一に、個人事業主の軽貨物ドライバーという職は、社員雇用ではない業務請負であることからも、ドライバーが稼げる稼げないは発注者の評価次第という受け身の営業が根底にあり、それにフィットしない限り稼げるはずはない。

勘違いしている配送ドライバーも多いが、配送仕事や営業は決してベルトコンベアで横から流れてくるモノではない。

軽貨物配送の案件で、時給換算が高い値段の方が稼げる、日当換算が高い値段の方が稼げる、という先入観を持つドライバーも多いが、現実、必ずしもそうではない。

ノウハウは別にある。

また、ドライバー募集ばかりしている巷の軽貨物配送会社が言う「仕事はたくさんある」という意味は、あなた用の仕事がたくさんあるという意味ではない。

そういうことを発する会社では、所詮、一個いくらで働く宅配便やネット通販商品の宅配のようなやり手の付きにくい案件しか仕事は転がっていない。

思った以上にドライバーに選択肢はなく、やり手のつきにくい一般公開募集されている仕事案件くらいしかできる内容は限られている。

やはり、非公開案件を模索しなければうまく稼げないわけである。当然である。

業務請負ドライバーは「仕事ニーズに寄せた働き方」をできるのかできないのかだけで、稼げるか稼げないかがほぼ決まる。

あなたはニーズに適しているのか、自分はニーズに適しているのか。

他薦で売り込みたいと思うくらい魅力的な性格や仕事っぷりを持つ人間なのか。まさに時には客観的に自分を商品として捉えてみることも大事だ。

業務請負の軽貨物ドライバー種別は、本業で頑張っている個人事業主で業務請負の軽貨物ドライバーと、副業などフリーランス風の軽貨物ドライバーに分かれる。

もちろん、軽配送ドライバーは一般企業のようにお金を回して使う経営ではなく、身体を使って働く職であり、本業で真面目に働いているドライバーの方が割の良い案件を手に入れやすい。

真面目に働いて、報連相をしっかりでき、働く曜日は仕事ニーズに寄せる、働く時間帯は仕事ニーズに寄せる。

言うまでもないが、これも当たり前の話。

稼げないドライバーは仕事の姿勢が真面目ではないケースが多い。

ここで言う真面目と言うのは、「仕事に真面目という生き方」をしている人を指す。

仕事もプライベートも真面目人間という感覚は必要ないが、緊急凌ぎではなく良質な部類の軽貨物配送の仕事案件をするときは、以下を徹底する必要が最低限のこととされている。

  • 報連相ができな人は不可。
  • タバコ臭い人は不可。
  • 茶髪の人は不可。
  • 眉剃りの人は不可。
  • ヒゲの人は不可。
  • 挨拶できない人は不可。
  • 身嗜みの悪い人は不可。

強制ルールではない。自分で考えることである。

また、業務請負の軽貨物配送ドライバーとして、自分自身の稼げる能力を知る際、以下の2通りに分けて自己分析するとよい。

  1. 宅配便で運べる荷物を配送できる人。
  2. 宅配便で運べない荷物を配送できる人。

個人事業主としての能力を考えるなら、2の仕事能力が必須。

軽貨物ドライバーとしての能力を考えるなら、1の仕事能力が必須。

個人事業主を意識した軽貨物ドライバーなのか、軽貨物ドライバーを意識した個人事業主なのか。

それで、ドライバーとしての成長率は見えてくる。

軽貨物ドライバーという職にどのような価値を見出して、自分の値段をどのように設定するか、である。

売れる商材と同様、希少性が大きく関与し、物が希少で珍しいものであればあるほど、人が感じられる価値は高くなる。

頭ではなく、ハートでこれを認識しなくては駄目だろう。

個人事業主を意識する軽貨物ドライバーならば、そこにヒントを得て道筋を完成させるべきか。

金や銀の価値や値段が高い理由は、その物の数自体が少ないからとされる。

鉄や銅は数が多いため、金や銀と比較すると価値や値段は安い。

個人事業主の軽貨物ドライバーとして成長できているか、自分の成長率を知ることで自己改善の一つを感じ取らない限り、安定した先は遠い。

なお、成長率は(現在–過去)÷過去 という公式で計算できる。いろいろ当てはめるとよい。

挑戦のとき、自分の仕事力を自己分析するとき、現時点における自分の成長率を知るべきだろう。

成長率が悪いならば、改善である。

色々な配送案件を経験しなければ、良質なスキルアップや売上アップは望めない。

広告
広告
広告
千葉県の軽貨物配送専門シフタープロがブログで語る!軽貨物ドライバー検証BLOG
error:Content is protected !!