軽貨物運送で無礼は許さない。礼儀ひとつ侮るなかれ、成功体験を積み重ね、新たな配送ニーズの受注に挑む。

運送業

私服みたいなボロ着の服装や汚い運動靴で軽貨物配送の仕事をしている無礼な業務委託の軽貨物配送ドライバー配達員を街中で見かけると虫唾が走る。

人の振り見て我が振り直せ。

千葉県で軽貨物配送事業の展開を一つ一つ準備する中、街中で軽バン黒ナンバー車両に乗って大手ネット通販商品の宅配や出前みたいな配達の仕事をしている軽貨物ドライバーさんの姿や、軽の冷凍冷蔵車に乗って配送の仕事をしている軽貨物ドライバーさんの姿を眺めていると、気になることがあります。

服装と靴です。

恐らく、指定の制服や靴が無く「服装はジーパンやパーカーでなければ自由にしていい」「靴はサンダルでなければと自由にしていい」と言われているような現状だと想像しますが、つくづく、最悪だとも言える私服みたいな上下バラバラの服装をした人が軽貨物ドライバーには多く、そして、靴もくたびれた運動靴だったりします。

軽貨物配送会社の専属ドライバーさんの場合は会社支給のポロシャツなどの上着を着せられているケースもありますが、それもまたどこも似たり寄ったりで上下統一の作業着では無いのでダサいです。

制服がダサい、格好悪い、と思うのは感じ方の違いなので全ての人がそう思うことは無いと思います。

会社が用意する制服のセンスだけでなく、服を着る側のセンスや靴を履く側のセンスが無い人も軽貨物配送ドライバーには多いのが事実でしょう。

汚れても構わない服でいいや、という堕落した意識が招いている社会人としての落ち度なのかも知れません。

もちろん、プロ業者の軽貨物ドライバーの場合はトラック運転手などと同様、上下を揃えて作業服をきちんと着用しています。靴も安全靴をきちんと履いています。

千葉県内での緊急配送お気軽に
error:Content is protected !!