軽貨物配送は仕事案件を探すのではなく、荷主様がどういった納品をして欲しいと思っているのかを直感しなければならない。

夜間配送を軽貨物の配送専門ブログで語る。
広告
広告

荷主企業様が抱えている配送課題に耳を傾けて、ドライバーはリスクやできない理由を探すのではなく、荷主企業様が必要とする配送機能と課題解決を荷主企業様と一緒に考えていける業務請負の軽貨物ドライバーは営業的に強い。

街の便利な小さな運送屋を目指すべき。軽貨物運送での仕事を事業展開するビジョンを最終的に固めながら、以後も個人でも配送スキルアップを同時進行できるように色々な荷主様の荷物、色々な種類の荷物、の配送業務請負をしながら思うことがあります。

私が今後、軽配送の仕事を事業展開したのちに自分が営業マンであるセールスドライバーとして何に責任を持って全うし、お取引いただく荷主様や関係先のお客様は私達シフタープロの何にお金を払うのか、という点で追求の答えが出れば展開の時期だと考えています。

いま分かっていることは「荷物を届けて、はい、おしまい」という勿体ない個人事業主ドライバーの仕事っぷりです。

配送の仕事ですから期待と現実にギャップがでるのは当然としつつも、売上数字上で結果を出し続けるために、軽配送事業でも顕在顧客、潜在顧客、見込み客、を自分なりに丁寧に分類し続ける営業能力の基礎が求められます。

自分の業態の絵を描き、絵を見て、計画を考えます。やるからにはやる。

今後、街の便利な小さな運送屋として私たちと接するであろうお客様が配送の要望で考えていることをどのように親身に理解できるのかが、この軽配送事業レールの分岐になると私はざっくりと考えています。

私のように拡大ではなく拡充の営業路線を計画する軽貨物配送の会社は少ないでしょう。

同業者はドライバー人材を増やすことが事業の肥やしとなっていますが、それは私が目指すべき着地点ではありません。

拡充です。仕事を充実することです。

error:Content is protected !!