業務委託の軽貨物ドライバーに荷主様が求めているのは納品という結果であり、配送ドライバー人材そのものではない。

軽貨物ドライバー 千葉県の業者
広告

禁煙の徹底が進んでいる軽貨物配送ドライバーのタバコ事情を再認識する。接客業の一種でもある軽貨物ドライバーは車内禁煙の実施は当然ながら、軽貨物ドライバーの路上喫煙も厳格に禁止する時代へ。

宅配便で荷物が届いた際、自分宛の荷物がタバコで臭い状態になっていたら、私は商品のメーカーと購入店と運送会社にクレームを出します。もちろん、交換返品や弁償もしてもらいます。

タバコ臭に関しては、それが食品だったり、飲料だったり、お弁当やお惣菜など食べ物だったら尚更です。

街中の喫煙所でタバコを吸っている人に嫌悪感はありませんし、居酒屋さんなど喫煙可能なところでタバコを吸っている人にも嫌悪感は全くありません。

そうではなく、自分が購入した商品が手元に届いた際に異様にタバコ臭がしていたら苦情で返品交換を依頼しますし、スーパーやコンビニなど実店舗のお店で手に取った商品にタバコ臭がすれば、それを選んで買うことはしません。

正常のものを選んで買います。

街中を走る同業者の軽貨物配送ドライバーを見ていると窓から手を出して喫煙しながら運転している人も見かけますが、軽貨物配送ドライバーによる業務中の喫煙によって、そのタバコ臭が荷物に移ってしまうと梱包されている段ボールであろうとも商品価値を損ないます。

運転席と荷室をビニールカーテンで区切ろうともタバコ臭は荷物に染み付きます。

運転席と荷室が分離されている車両であろうとも、ドライバー自身にタバコ臭が移りますので、それはそれで配達の際にドライバーのタバコ臭という苦情になります。

そういう世の中です。

昭和の時代、電車内で煙草をプカプカ吸えたり、駅やホームで煙草を吸える時代ではもうありません。

1998年のたばこ特別税の創設から増税や消費税増税を経て、今では紙巻タバコの価格は2倍ほどにもなっています。

今はもう、配送ドライバーだからと言ってもタバコをのむ時代ではありません。それが時代の流れです。

車内禁煙を実施している軽貨物運送会社が増えているのはもちろんのことですが、軽貨物ドライバーの路上喫煙も厳格に禁止している軽貨物運送会社も増えています。

当然です。

軽貨物配送ドライバーは多くの人と接する接客業の一種だからです。集荷配送のとき、荷主様や荷受人様をもてなす側面がドライバーにはあります。

配属会社のステッカーを貼った軽貨物車のドライバーが車内や路上で喫煙をしているのが知られてしまった場合、付近の住民から苦情やクレームもあります。

私が軽貨物運送の仕事中で最低限守りたいことは以下の通りです。

  1. 荷物の破損
  2. 荷物の汚損
  3. 荷物の臭い
  4. 誤配
  5. 遅配
  6. 早配
  7. ドライバーの態度
  8. ドライバーの臭い

この中でドライバー当事者が気がつき難いのが「臭い」に関することではないかと思いますし、想像以上に、時間差で苦情になるのも「商品のタバコ臭」だと考えます。

宅配便は発送元からダイレクトに荷物が輸送されるチャーター式ではなく、発店(集荷店)と着店(配達店)やセンターを経由して荷物が配達されます。

商品のタバコ臭について、もちろん、荷物が送られてくる過程でタバコの臭いを荷物に付けたであろう人を特定するのは簡単なことです。

発店のドライバーなのか、着店のドライバーなのか、誰かしらがタバコを吸って運転配送や積み荷や荷降ろしや仕分け業務をし、そのタバコ臭が荷物に染み付いてしまったのが原因です。

厚生労働省による国民健康・栄養調査では運輸・機械運転従事者の喫煙率は40パーセント前後のようです。

国民生活センターにおける宅配に関する相談で年間1500件から2000件ほど宅配物のタバコ臭に関する相談が寄せられている模様です。

もちろん、挙がってくるクレーム数は氷山の一角ですので、その10倍以上、かなりの数のタバコ臭クレームが運送会社に寄せられていることでしょう。

ただし、苦情やクレームは運送会社に連絡をしても運送会社では「改善する」と口で言うだけなので事実上、改善されないのが実態です。

改善させたいならば、その商品のメーカー本社にクレームを強く出してください。

荷物のメーカーが配送業務を発注している元請けの運送会社に対してメーカーからタバコ臭について改善の注意指図がでることでしょう。

勿論、宅配便の仕事は基本的に多重下請け構造なので、その配送案件の取引ルートを経由し、最終的には末端の担当ドライバーとその配属会社に苦情やクレームが届く筈です。

まともな軽貨物配送の会社ならばタバコ喫煙でクレームを出した担当ドライバーを出入り禁止とします。

苦情やクレームの改善はなるべくでは駄目だからです。

今の時代、車内での喫煙については禁止しなくてはなりません。原則禁止ではなく完全に禁止しなくては改善はできません。当然、ドライバーのモラルに任せるようではもっと駄目です。

そういう時代です。

嗜好品なので全面的に禁止にできないという営業姿勢も駄目です。お客様にタバコ臭で不快感を与えない対応とし、うがい、手洗い、消毒をするならタバコを吸って構わないという営業姿勢も確実に駄目です。

要するに、苦情やクレームがあろうとも多くの軽貨物配送会社は喫煙自体を禁止する気が無いわけです。

顧客からの苦情とクレームは些細なことでも甚大になるので細心の注意が必要ですし、私はメーカー荷主の立場で過去に20年間ほど仕事をしてきた経験があるので現実が少しわかりますが、お客様が苦情クレームでわざわざ不満を伝えてくれるのは顧客全体の10%未満と言われています。

そう、顧客の90%以上は苦情クレームを何も伝えることがないまま、利用や購入を辞めてしまうわけです。

知らぬ間に、その荷物を販売する会社は配送員のタバコ喫煙問題によって顧客を失うこともあり、その苦情が続けば、そんな配送業者を使っているような会社の商品は駄目だと判断されます。

ドライバーはたかがタバコ1本と思っていても、荷主企業様や販売関係の営業スタッフが努力した営業成果が水の泡となることもあるわけです。

業務委託ドライバーに荷主様が求めているのは納品という結果であり、配送ドライバーそのものではありません。

千葉県で軽貨物車を使って配送の仕事をしよう
千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物配送専門店シフタープロ便を運営する営業統轄責任者としてハンドルを握って実運送する軽貨物配送セールスドライバーとしての事業展開する準備段階の奮闘と成功術の備忘録ブログです。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応する時代に

宅配会社などの配送ドライバー上がりではなく、若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や輸入貿易から販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、倉庫在庫管理、商品販売の競争力を高める流通と物流の仕組み作りを25年間ほど経験してきました。

物を作る、物を売る、物を送る、といった仕組み作りと物流や起業に興味を持ち続けている1人です。

軽貨物車を使った加温輸送や冷蔵輸送や常温輸送の仕事を請け負い、荷主様や元請け会社様や協力会社様と共に様々な軽配送仕事を覚えることに楽しみを感じ、千葉県を軸として、配送業務を一つ一つ熟しながら事業性の価値を検証しております。

軽貨物運送会社では軽の貨物車を使った運搬配送の需要増はインターネット通販の普及によるものだと単純に勘違いしている配送業者が見受けられます。

軽配送のニーズ拡大は決して先駆の軽配送会社による営業功績でもありませんし、単純にインターネット通販が普及したからでもありません。

我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、過去のように大手企業だけでなく「地方の中小企業や零細企業にもSCMの構築が仕上がりつつある」ことがきっかけです。

運送会社の大手企業や中小企業、配送業界の末端である個人事業主の業務請負ドライバーに向けられた貨物運送の「納品仕事ニーズが細分化」され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現状であるとシフタープロは捉えます。

配送ニーズの細分化は、地場で末端の配送業者である軽貨物運送会社や個人事業主の軽貨物ドライバーが従来のようなドライバーの数やネットワーク組織力という仮想規模の営業サービスでは通用しない配送時代になることを意味しています。

当然、茶髪や髭やピアスや眉剃り、タバコ喫煙のドライバーは時代の流れと共に荷主様や荷受人様や元請け会社様から淘汰され始めています。

過去はそういうドライバー品質でも通用していましたが、配送ニーズの細分化によりそういう品質のドライバーやドライバーファーストの意識を持つような事業者や事業主は先細りするでしょう。

誰でも構わずドライバー人材を寄せ集めしてドライバーからマージンをピンハネすることが商売の軸となっている軽配送のネットワーク組織や組合やフランチャイズの営業組織など数で勝負できていた企業体も、今日では、荷主様や元請け会社様からは品質の悪いドライバーの多さで信頼や信用面が欠如し、ドライバー品質の乱れがクローズアップされ、誤魔化しができずに営業的に淘汰され始めています。

自営業ドライバーはドライバーファーストという甘さを捨て、身近にいる配送ドライバー同士が荷主様ファーストの観点で責任ある業務情報を共有し、フリーランスや副業ではないプロの心構えなど、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や納品対応の能力が問われてきます。

この結果、個人事業主の軽貨物運送ドライバーの業務全般は「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

▶︎捨ててならぬは義理

軽配送の事業で隠れざる大切な要素はドライバーは量より質という点だと考えられます。

ただし、配送ドライバーの職はどんなに能力があろうとも1日をフルに頑張っても人一人では一人分しか稼ぐことができません。

配送の仕事で稼げるのは配送ドライバーですが、儲かる、儲けるのはその配送ドライバーの使用人である軽配送の請負会社という図式です。

商売では儲けも稼ぎも大事です。しかしながら、個人事業主の配送ドライバーは労働で稼げても儲からない職であり、仕事をした分だけを稼げる仕事であることを心底で理解しなくてはなりません。

とどのつまり、多くの自営業ドライバーは割に合う合わないだとか請負している仕事の不平不満を語り、仕事の旨味だけを案件に追い求めてしまうようなドライバーになってしまうのが実態です。

ストレスに打ち勝ち、軽配送ドライバーとして実直に仕事で稼げるようになるには、未熟に不平不満を語ることではなく、新しいことを覚えながら瞬発力と柔軟性を磨き上げ、他人ではない自分の才覚で懸命に難しいことを打破するといった心意気が必要です。

そして義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、メンターや指導者の存在も大切です。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーが活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物シフタープロ統轄責任者をフォローする
千葉県版 | 軽貨物運送業界の検証 | 実態
広告
ブログで千葉県の軽貨物配送専門シフタープロが語る!軽貨物運送の検証BLOG。
error:Content is protected !!