配達員の軽配送ドライバーになる覚悟と実態、裏で実在する軽貨物仕事のブローカーをブログで語る。

千葉県の軽貨物で問題視される喫煙ドライバー 【軽貨物運送の検証ブログ】仕事案件の実態

ブログで何度か書いてきた軽貨物業界の悪癖とも言われるブローカー。軽貨物配送の業界には派遣業違反のようなブローカーの利用運送の軽配送会社がゴロゴロあり、これから本職で軽貨物ドライバーを目指して頑張る方は、仕事丸投げで業務委託させるような配属会社には少し注意をしてください。

軽配送業界では労働者派遣と業務請負の法的な違いを意識せずに、悪く言うとブローカーのような立場でドライバー人材を荷主や元請けに向けて紹介斡旋し、ドライバーの費用労働から仲介でマージンをとる実運送ではなく、利用運送の軽配送会社が実在します。

ドライバー募集した新人ドライバーなどをターゲットにし、働かせる荷主の案件で期間の縛りをつけて一定期間は逃げれないようにし、毎日の労働費用から金銭をピンハネする行為が一部で見受けられます。

もちろん、仕事の紹介者や仲介者が一緒になって実運送していれば何ら関係性に懸念ないかと思いますが、契約書類上が業務請負となっていようが、働いている内容の実態が労働者派遣の業務内容であれば、違法、請負ルートによっては無許可の労働者派遣とも見なされ、派遣先も、派遣元も、職業安定法違反などで罰せられ、配送現場は必ずパニックに陥ります。

と言ったことも理解しつつ、個人事業主の軽貨物ドライバーは、自分の仕事は自分で守り抜くように考え、仕事案件を、配属会社のドライバーと協業もできるよう自分で決める必要があります。

さて、軽貨物ドライバーになるには、準社員ドライバーの募集を探すか、業務請負ドライバーの募集を探すか、この2通りは手っ取り早いと一応言えます。

ただ、軽貨物配送ドライバーの仕事は本来は自分でいろいろ営業をしながら配送案件を探すのが最も良い手法なのですが、営業行為が苦手だったり、プライベートではなく仕事での人脈が弱かったりなどの理由から、軽貨物配送ドライバー募集をしているようなピンハネ利用運送の会社に引っかかって、加盟とか配属をしてしまう人がいます。

現実、軽貨物ドライバーを募集広告ばかりしているような会社の多くが、良くも悪くも、ほぼブローカーなので注意しましょう。

簡単に言うと、加盟や配属すると辞められない縛りがありながら、仕事ではピンハネされるだけです。

勿論、親身になってくれる軽配送会社もあります。仕事を開始する上でそれは自分で検討して見抜く力がないとダメです。

仕事ありますよ、稼げますよ、などと面接では格好の良いことばかり言いつつも、実際に紹介される案件の仕事詳細や軽ドライバーのイロハもろくに教えられないような仲介屋の配送会社も存在します。

紹介したから後は絶対に休まずによろしくという感じです。

error:Content is protected !!