配達員の軽配送ドライバーになる覚悟と実態、裏で実在する軽貨物仕事のブローカー。

千葉県の軽貨物 問題視される喫煙ドライバー。
千葉県の軽貨物
広告

ブログで何度か書いてきた軽貨物業界の悪癖とも言われるブローカー。軽貨物配送の業界には派遣業違反のようなブローカーの利用運送の軽配送会社がゴロゴロあり、これから本職で軽貨物ドライバーを目指して頑張る方は、仕事丸投げで業務委託させるような配属会社には少し注意をしてください。

軽配送業界では労働者派遣と業務請負の法的な違いを意識せずに、悪く言うとブローカーのような立場でドライバー人材を荷主や元請けに向けて紹介斡旋し、ドライバーの費用労働から仲介でマージンをとる実運送ではなく、利用運送の軽配送会社が実在します。

ドライバー募集した新人ドライバーなどをターゲットにし、働かせる荷主の案件で期間の縛りをつけて一定期間は逃げれないようにし、毎日の労働費用から金銭をピンハネする行為が一部で見受けられます。

もちろん、仕事の紹介者や仲介者が一緒になって実運送していれば何ら関係性に懸念ないかと思いますが、契約書類上が業務請負となっていようが、働いている内容の実態が労働者派遣の業務内容であれば、違法、請負ルートによっては無許可の労働者派遣とも見なされ、派遣先も、派遣元も、職業安定法違反などで罰せられ、配送現場は必ずパニックに陥ります。

と言ったことも理解しつつ、個人事業主の軽貨物ドライバーは、自分の仕事は自分で守り抜くように考え、仕事案件を、配属会社のドライバーと協業もできるよう自分で決める必要があります。

さて、軽貨物ドライバーになるには、準社員ドライバーの募集を探すか、業務請負ドライバーの募集を探すか、この2通りは手っ取り早いと一応言えます。

ただ、軽貨物配送ドライバーの仕事は本来は自分でいろいろ営業をしながら配送案件を探すのが最も良い手法なのですが、営業行為が苦手だったり、プライベートではなく仕事での人脈が弱かったりなどの理由から、軽貨物配送ドライバー募集をしているようなピンハネ利用運送の会社に引っかかって、加盟とか配属をしてしまう人がいます。

現実、軽貨物ドライバーを募集広告ばかりしているような会社の多くが、良くも悪くも、ほぼブローカーなので注意しましょう。

簡単に言うと、加盟や配属すると辞められない縛りがありながら、仕事ではピンハネされるだけです。

勿論、親身になってくれる軽配送会社もあります。仕事を開始する上でそれは自分で検討して見抜く力がないとダメです。

仕事ありますよ、稼げますよ、などと面接では格好の良いことばかり言いつつも、実際に紹介される案件の仕事詳細や軽ドライバーのイロハもろくに教えられないような仲介屋の配送会社も存在します。

紹介したから後は絶対に休まずによろしくという感じです。

中には、外注での仕事請負なのに社員募集みたいにドライバー募集をしている会社もあり、さらには、加盟金を払わせられたり、高額な専用車両をリース契約させられるケースもありますので、初心者は本当に注意しましょう。

とは言っても、全部が全部、悪い感じの軽配送会社ばかりではありません。win-winを築いていける感じの会社もありそうです。

私からのアドバイスとしては、自分が気に入った配送会社があったら、何より、その会社が軽貨物車で実運送をしている会社であり、その会社の社長が現役ドライバーであれば問題はないでしょう。

尚、社長が既に配送仕事をしておらず、元ドライバーのような社長が机で経営するような配送会社は何故だか評判が良くありません。

私もそのように感じます。

社長が何だかんだで配送仕事をしなくなったような軽配送会社は金儲けのブローカーのようなピンハネ経営スタンスになっていることが多く、右も左もわからない初心者の軽貨物ドライバーの場合は、そういう会社には絶対にとは言いませんが属してはいけません。

理由は自分で考えてみましょう。

ただ、正直、千葉県の軽貨物配送ドライバーの場合ですが、現実、見かけるドライバーの質にも問題点がありますので、ブローカーでもある軽貨物配送会社が裏の顔では個人事業主の軽貨物ドライバーを鴨ネギのように扱っていることも分からなくはありません、

千葉県の軽貨物ドライバー募集では、軽配送の仕事もできない初心者なのに最初からキツイ仕事をしなくないけど人より稼ぎたいとか、土日は休みたいけど人より稼ぎたいとか、タバコを吸ってるけど人より稼ぎたいとか、茶髪だったり、帽子にマスクだったり、社会人として残念な人もいます。

他県や地域でのことはわかりません。

ただ、自分自身が実際に千葉県を車で毎日動い移動していると、黒ナンバーを運転する軽貨物ドライバーのレベルは低いと感じてしまいます。

ただ、そういった人達でも面と向かって話すと多くの人はみんな良い人なので、同業者の一人としては、外見や態度の悪いドライバーや仕事姿勢の悪いドライバーを見かけると、虚しく残念な気持ちとなることもあります。

汚いおじさんも居ます。タバコを吸っているドライバーも居ます。茶髪や髭のドライバーも居ます。更には帽子にマスクみたいなニュースに出てくる容疑者レベルな容姿のドライバーも居ます。

正直、荷主が、荷主自身の大切なお客様に、荷主自身の大事な荷物を預けるにふさわしくない軽貨物ドライバーです。

中にはフリーランスだったり副業だったり、どこの誰だかわからないような軽貨物ドライバーもいます。

また、個人事業主だと誰も容姿を注意してくれないので可愛そうですが、レッテルを張られる典型でしょう。

それでも、みんな頑張ってる軽貨物ドライバーなのですが、背格好で損をしている人が多いのも千葉県で頑張る軽貨物ドライバーの実態です。

当社に寄せられる問い合わせでは、これから軽貨物ドライバーになろうとしている方からの相談もあり、今回も、軽貨物ドライバーになる気構えと心構えについて書いていきます。

軽貨物ドライバーになろうとしている方は年齢よりも職歴が重要です。

単なる配達員は楽です。もちろん、好き嫌いはありますし、楽とは思えない内容の業務を強いられているドライバーもいるでしょう。

言葉は良くないですが弱小会社の営業マンを経験されたような方なら、個人事業主ドライバーを目指しても、決して選択は間違いはないでしょう。

勿論、ネクタイ族ではないので、首から上よりも首から下を使う仕事ですから、頭脳は疲れなくても身体が疲れるのは仕方ないことです。仕事ですから。

運転の仕事にも大きなトレーラーやダンプカーを運転するプロドライバーもいれば、私たちのように街中で小さな軽の貨物車で納品や配達をする仕事もあります。

運搬で使用する車両を自分で持込して仕事するドライバー仕事もあれば、会社所有の車を使って仕事をするドライバー仕事もあります。

全般、軽貨物配送のドライバーになろうとする動機的に、仕事中は一人の時間が大事という要望を持つ人も居ることでしょう。

軽貨物ドライバーの配送員は運転中は一人きりです。

流石に一日中ずっと他人との接点がない訳ではありませんが、世の中の営業マンに比べると人とのコミュニケーションで悩むことはかなり少ない仕事です。

それでもドライバー業務は毎日が納期に関わる仕事なのでプレッシャーは結構あります。

それでもルート配送のような種類の軽配送仕事をするならば、ほぼほぼ、慣れてしまえばノープレッシャーと言えます。

慣れるには最低でも一ヶ月はかかるので、すぐに不平不満を言わずに焦らず仕事をしないといけません。

仕事の失敗は必ずあります。気にしてもいけません。同じことを数回ミスすることもあるでしょう。ただ、素直に反省して挽回すれば大丈夫です。

無論、軽貨物ドライバーの仕事に関係なくですが、知り合いや友達の仕事など、ノープレッシャーに近い状態では技能などのスキルアップは望めません。

仕事に慣れるだけで失敗はゼロ化しますが、それを軽配送のプロとは呼べません。

また、業務委託での軽貨物ドライバーの役割は単なる配送員です。営業マンみたいに顧客から呼び出しもありません。

このことからも悪徳にピンハネされますが配送会社に属すれば商談も見積もり作成も必要ないでしょう。

まず、荷主との営業会議もないですし、そういうことが苦手なら確かに楽です。

でも、成長や向上心ある本業ドライバーを目指すならば、楽だとか云々を言っている場合ではありません。

あなたの代わりはゴロゴロいるのは事実です。

しかしながら、あなたが休んだり仕事を自由に辞めることができないのが軽貨物ドライバーの業務委託です。

だからこそ、荷主に評価される真面目で紳士な軽貨物ドライバーと共に切磋琢磨して仕事をすることが安定につながるわけです。

千葉県の軽貨物 シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物配送の専門店シフタープロ便を運営する営業統轄責任者が軽貨物車のハンドルを握り、多彩な荷物や条件の配送経験を積み上げ、マルチ対応型の軽貨物運送セールスドライバーとして事業を展開するために奮闘した記録と成功術の備忘録で書いている軽貨物ブログです。

誰かへ参考にして欲しい軽貨物ブログの記事ではなく、自由に勝手気ままに備忘録で書いている軽貨物ブログなので、ご覧になって内容不備がある点についてはご容赦ください。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応する時代に

私は若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や海外輸入貿易から国内販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、BtoBやBtoCやネット販売の統轄、倉庫在庫管理、商品販売をする上で競争力を高める流通経路の開拓と物流の仕組み作りを25年間ほど注力して経験してきました。

物を作る、物を売る、物を送る、といった仕組み作りや物流に興味を持ち続けている1人の軽貨物運送ドライバー業者として、お世話になっている荷主様や元請け会社様や協力会社様と共に軽配送仕事の魅力を覚えることに楽しみを感じ、千葉県と近郊で個々の配送業務を一つ一つ熟しながら、自身が思い描く事業性の価値を検証しています。

巷の軽貨物運送会社では軽の貨物車を使った運搬配送の需要増がインターネット通販の普及によるものだと勘違いしている軽配送業者を見受けます。

今日の軽配送重要増は、2000年はじめ、我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、大手企業だけでなく、地方の中小企業や零細企業にもSCM(サプライチェーンマネジメント)の構築が仕上がりつつあることがきっかけであると捉えています。

それにより、配送デリバリー業界の末端に位置する個人事業主の業務請負ドライバーに向けられた貨物運送の配送ニーズは細分化され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現状であると考えます。

配送ニーズの細分化は、従来の軽貨物運送会社のようなドライバー数を頼っただけのネットワーク組織や組合の仮想規模の営業力では通用しない配送時代に突入することを意味するでしょう。

物を届けて、はい、おしまい、では通用しません。末端のドライバーで茶髪や髭やピアスや眉剃りやタバコ喫煙のドライバーなど質の悪いドライバー人材は、時代の流れと共に、荷主様や荷受人様から淘汰され始めています。

そういう質の悪いドライバーやドライバーファーストを語るレベルの事業者や事業主は確実に先細りするでしょう。

個人事業主の業務請負ドライバーはドライバーファーストというような社会人として甘い考えを持たず、お客様や荷主様ファーストで実直に配送業務を継続し、プロとして働く心構えをきちんと持ち、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や柔軟な納品対応の能力も求められ、結果、個人事業主の軽貨物運送ドライバー業務全般は「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

▶︎捨ててならぬは義理

軽配送の事業で隠れざる大切な要素は配送ドライバーは量より質という点です。

どんなに配送能力があろうとも、1日フルに頑張っても、人一人では一人分しか稼ぐことができません。

仕事で稼げるのは配送ドライバーであり、儲かる、儲けるのはその配送ドライバーの使用人である軽配送の請負会社という図式です。

個人事業主の配送ドライバーという職は、稼稼ぐことはできても儲からない仕事であり、仕事をした分だけ稼げるという現実をきちんと理解しなくてはなりません。

ストレスに勝ち、軽配送ドライバーとして仕事で稼げるようになるには、不平不満を語ることなく、積極的に新しい形態の配送やいりいろな荷物の配送を覚え、ドライバーとして瞬発力と柔軟性を磨き上げ、自分のスキルと才覚で難しい配送案件を熟して打破する継続と心意気が必要です。

そして、義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、メンターや指導者の存在も大切です。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーが活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物 シフタープロ統轄責任者をフォローする
軽貨物ブログ | 千葉県版 | 軽貨物運送業界の検証
広告
ブログで千葉県の軽貨物配送専門店シフタープロが語る!軽貨物運送の検証blog。
error:Content is protected !!