軽貨物は頑張り次第で稼げるとほざく法人のピンハネ軽貨物配送会社と他社ドライバーと直ぐカネの話をする業務委託ドライバーのご法度。

軽貨物

意味のある運賃コスト、意味のある配送案件、この信頼関係を荷主と構築できる力を持つには大型トラックの運送ドライバーのようなプロ意識で働く姿勢そのものを軽貨物ドライバーは見習うべきである。

汗をかくときは共に汗をかく。

物流の現場や軽貨物の配送現場で管理者や責任者と打ち合わせをしていると優良なドライバーさんの話よりも駄目なドライバーさんの話を聞くことの方が残念ながら多いです。

駄目とは。

私自身は万人受けするようなドライバー業者を目指しているわけではないので、義理を大事にし、得意先との取引ルールを守り、できうる限り優良ドライバーへと評価のつながる仕事っぷりを継続する、そういう意思を得意先だけに見せたいと考えつつ、仕事への思考で気を抜きません。

ふと思いますが、色々な物流や配送の現場で語られる駄目なドライバーは、配送の失敗をするのが駄目なドライバーという訳では決してありません。

当然ながら、失敗は一回だから構わないとかではありません。同じ失敗を繰り返したら駄目なドライバーというわけでもありません。業務請負はそういう世界です。

  • 問題なのは人間性である。

新入りの軽貨物ドライバーさんの多くは人間性のメッキが3ヶ月で剥がれるパターンが多いと言われています。

これは一般企業でいうところの試用期間の意味合いでもあり、軽貨物ドライバーとして働く姿勢が3ヵ月間で慣れてきた頃合に人間性としてどう変化したかです。

  • 3ヵ月で分かったつもりになる。

新入り1ヶ月目は身体や精神や神経が擦り減ろうと誰しも「自分は新入りなんだ」という意識を持って仕事を覚えようと再チャレンジする姿勢があります。

尚、数日や1ヵ月以内でああだこうだ実力が無いにも関わらずに思っていることを正論のようき口に出し始める人間性のドライバーはアウトです。

ニーズを理解しない言動は早い段階で事実上のクビ路線です。

新入り2ヶ月目ではキツイと感じていることも少し楽になるのでどうにか踏ん張って働こうとする姿勢の人が大半ですが、実績が無い状態だが生活するためにお金を稼ぐという気持ちばかりが大きくなり過ぎて、自己中心、自分勝手な働き方をするようになります。俗に言う修行が足りない人間です。

新入り3ヶ月目、仕事を一定のパターンでしか大して覚えていないビギナー状態にも関わらず、慣れ始めただけでその仕事を覚えたつもりとなり、一丁前に仕事が割りに合うとか合わないなどと能力足らずで不平不満を口に出すようになります。

そう、駄目なドライバー確定です。

ここが優良ドライバーと駄目なドライバーの境い目と言われていますが、所謂、試用期間で得た仕事耐性を発揮できるようになって、取引先に貢献できるのはそこからなのです。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!