委託の軽貨物ドライバーは信頼感の醸成に注力した働き方をしなければ手取り収入は増えない。

個人事業主

色々な荷主様や関係業者様と仕事でお付き合いさせていただく中で、私も配送ドライバーとして出入りをさせて頂いている都内の配送案件で、私服のボロ着みたいな小汚い格好をした他社の軽貨物ドライバーさんが集荷先で軽貨物車の冷蔵車両に荷物をゴソゴソと積み込んでいる姿を見ると「ありゃだめだ」と違和感を覚える。

自営する独立系の軽貨物ドライバーにとって「上下の作業着」は立派な商売道具であり、それはドライバーとして中長期でお金を稼ぐ安定にもつながり、中長期で信頼感の安定にもつながる。

たかが作業着、されど作業着。奮発してでもより良い作業服の上下を用意すべきです。

特定の軽貨物配送会社に専属しない無印系の軽貨物ドライバー業者は、上下での作業服着用は決して侮ってはいけない大切なことの一つとして認識するべきなのです。

さて、私を含め、委託の軽貨物ドライバーが荷主企業から求められていることはコストと質ですが、自分のコストと質は荷主企業にとって費用対効果がどうなのか、取引相手にとってメリットがあるのか、専属ドライバーや社員ドライバーではない独立系で自営する軽貨物ドライバーの場合はお客様第一できちんとそういったことも考えながら日々の配送業務に挑むべきです。

挨拶や身なりもですが、髭、タバコ、茶髪、ピアス、そのようなレベルの軽貨物ドライバーに高い運賃を払ってまで仕事をしてもらおうとする荷主様は誰一人としていません。

寧ろ、きちんとした荷主様の配送現場では髭やタバコや茶髪やピアスなどの配送ドライバーは一発で出入り禁止で退場です。

ただ、その裏側では実直に頑張っている個人事業主ドライバーにとって厄介な存在でもあるドライバー引き抜き行為という御法度をするような中間業者も存在し、そういった法人の軽貨物配送会社によるビジネスモラル違反の話もちょくちょくと耳に入ってきます。

軽貨物業界でも御法度であるドライバー引き抜き行為をする法人の軽貨物配送会社にそそのかされ、現状の取引に不義理をしてしまい御法度にぶら下がってしまった個人事業主ドライバーは、この狭い軽貨物業界内において物流関係者から「あいつは」と指をさされ肩身の狭い軽貨物ドライバーへと落ちぶれ、最終的には使い捨ての浮遊ドライバーと化します。

御法度は、する側も、される側も、同罪と言われています。

千葉県の軽貨物は日本シフター産業シフタープロ軽貨物便の専用フォームメール、電話09044382204、ファックス0474037670、メールorder@shifter-japan.com、までご依頼ください。都内、埼玉県、神奈川県の軽貨物チャーター配送も常時承っております。

専用フォームメール

お名前
フリガナ
会社名
メール
電話番号
住所
相談内容
詳細入力

※は必須事項です。

 

個人事業主
シフタープロ軽貨物ブログをシェア
千葉県の軽貨物配送専門店が語る!軽貨物運送検証ブログ
千葉県での緊急配送の受付
error:Content is protected !!