定年後の仕事として業務委託の軽貨物配送ドライバー仕事がお勧めできる理由と仕事の予備知識をブログで語る。

千葉県で軽貨物車の冬用タイヤ 【軽貨物運送の検証ブログ】独立開業

千葉で定年後の仕事探しや転職をするミドル層やシニア層の方が「軽貨物配送シフタープロの業務委託」の働き方でメリットを見出せる理由と条件を考える。

軽貨物配送ドライバーの仕事で社員雇用ではない個人事業主での業務委託で働く仕事についてですが「真面目に行動する人、やる気のある人、心身が健康な人」であるならば、働きやすく稼ぎやすい立場だと私は思います。

個人事業主ドライバーは言い方を変えれば外注ドライバーという意味合いとなります。外注ドライバーは言い方を変えれば下請けドライバーです。

個人事業主は自営業ですから、本来は、自ら宣伝して、自ら営業して、仕事を受注して仕事を成り立たせるのが一般的ですが、軽貨物配送の個人事業主ドライバーは業態的に「下請け要素が強い」個人事業主ですので、自ら宣伝したり自ら営業はせずに、大手や中小の運送会社と配送業務の外注契約を結ぶなどして配送案件を下請けとして斡旋して貰う仕組みです。

物売りで言うところの「街の小売店」というような立場です。メーカー(荷主)から商社(大手運送会社)、商社から問屋(中小運送会社)、問屋から小売店(個人営業ドライバー)、小売店からエンドユーザー(荷受人)という感じの構図です。

簡単に言えば、個人事業主ドライバーの仕事の仕入れルートはメインが問屋ですので、問屋とうまく取引していれば仕事が回ってくるわけです。

これに合わせて、得意な才能や才覚、資本と人脈、分野における知見経験、そしてセンス、これらを多少ないし持ち合わせている人ならば、個人事業主という零細な個人営業の立場であろうとも、会社法人経営と同じようにダイナミックな仕事ができる土俵に立てるはずです。

個人事業主の軽貨物ドライバーも勝負は土俵に立ってなんぼですから、やる前に浅知恵であれこれと悩まず、ネット情報や知人の偏った意見で先入観を作らず、軽貨物ドライバー職に転職をしたいならば、ニュートラルに魅力を見つけられるよう行動したいものです。

個人営業で軽貨物配送ドライバーをしている人達の大半が、自分の稼ぎを高めることだけに注力しているのが現実です。

個人営業の軽貨物ドライバーは会社のためではなく自分個人を優先して働いていかないと生きていけないのも事実ですが、現場を見てみると働くことに関しては一般社会のサラリーマンより真面目と言って過言ではないです。

ヤング層もミドル層もシニア層も同じようにみんな頑張ってます。

転職や定年後の仕事探しなど、自営なのか経営で何かをやろうとしているのか、事業レベルなのか仕事レベルなのかは別とし、配送の仕事転職で「勝算」を直感するならば、やる気だけでなく、不安や懸念もメモを取り、自分が以後に習得するべき課題を明確にしておくと良いです。

特に、配送仕事を開始して最初の3ヶ月における仕事の実践はかなり大事な期間だと思います。この最初の段階で誤った姿勢で仕事を覚えてしてしまうと不平不満ばかり言うような軽配送ドライバーになりやすいです。

もちろん、最初から定期案件を決めて身を任せるように配送仕事で稼ぐことも十分にできますが、軽貨物ドライバーの仕事は心身の健康状態が良好であることが何より大切ですので、稼ぎも重視したいところでsyが、やはり、自分の体力に見合った仕事を決めたいものです。

軽貨物車は小さな車で運転はし易いものの、人の多い街中でも運転をしながら配送の仕事をしますので、公道を仕事で運転する事故のリスクに関しても家族の同意や賛同や応援も必要不可欠と言えます。

個人事業主の軽貨物ドライバーにとって軽貨物車は商売道具です。毎日の車両チェックやメンテナンスも必須であり、乗用車のような感覚でのメンテナンス頻度では駄目です。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!