軽貨物運送業の運賃表は実勢価格とかけ離れている。業務請負ドライバーの運賃表はあって無いようなもの。

軽貨物

軽貨物運送業の運賃表は実勢価格とかけ離れている。名のある会社、名のある商品、誰もが知っているような大手企業の配送案件であればあるほど末端の個人事業主ドライバーは仕事安泰という結果にはならない。

薄利の商品なのか、薄利多売の商品を運び届けているのか。

業務請負の軽貨物ドライバーとして自分が運び届ける荷物がどのような価格戦略で売られているものなのか、荷主企業の営業姿勢を理解し考えて配送しているドライバー業者は未無に等しいのが現実です。

荷主企業がモノを売るビジネスで利益を出す為にどうやって商品を売り届けたいのかも理解せず、荷物が重いとか、配送エリアが遠いとか、割りに合うとか合わないとか、戯言を抜かしている業務請負の軽貨物ドライバー業者も巷では見かけます。

確かに私自身も、荷物が重い、エリアが遠い、不利だなと感じる案件を担当することもあり、特に複数のドライバーが稼働する案件で仕事をすると、身体や精神や神経の疲れ度合いによっては、担当する内容に不平等感を覚えることがあります。

気の持ちようも、まさに身体が資本、健康第一です。

業務請負の配送案件は、仕事は仕事、やるならやる、やらないならやらない、でしかなく、ああでもないこうでもない感じの愚痴や不満は全くの無意味です。

配送の仕事耐性、我慢や忍耐力のレベルが低い軽貨物ドライバーはお金とスキルを高効率で稼げる筈がありませんし、軽貨物ドライバーの代わりなど腐るほどいるのも現実ですから、仕事あることに感謝する意識は何より大前提でありとても大切なことです。

街中の配送現場では、お金の話を直ぐにするような駄目なタイプと言われている軽貨物ドライバー業者もいますが、ドライバー同士で請負運賃の話をすることはプロ業者として完全にタブーであり、他人が働く軽貨物運送の請負運賃を周囲に聞いてもダメですし、周囲に自分が働く請負運賃を語ってもダメです。

そんなことは聞かずとも、お金とスキルをきちんと稼いでいる人は身嗜みも言葉遣いも違いますし、第一印象だけでも稼いでいる人なのかどうかなど直ぐに分かります。

そもそも、軽配送の事業で肝心なことは誰がいくらで何を運んでいるかではなく、どういうビジネスの荷物を運んでいるのか、そういうことに興味を示すことから効率的に高収入の稼ぎを手に入れる挑戦が始まります。

配送ニーズのある荷主企業のビジネスモデルを学ぶことは業務委託の軽貨物ドライバーとして自分の事業の成長に向けた大切な意識を持つ手立てになります。

仕事ニーズに自分を寄せていけばお金とスキルの稼ぎになります。鉄則です。

また、業務請負の軽貨物ドライバーにはタクシードライバーでいうところの個人タクシーみたいな軽貨物の個人ドライバーと、法人タクシーみたいな軽貨物会社の法人ドライバーがいます。

軽貨物の個人ドライバーはその名の通りで個人営業であることから責任の所在ははっきりしているものの、成長意欲が無いような個人ドライバーも結構多く存在します。

どんな職であろうと努力をしている人は後ろ向きな発言をしませんし、仕事や事業はネガティブな事を考えながらでは努力を続けることすらできません。

私自身も自分の周囲で努力している人を見ているだけで自分の希望と刺激にもなりますし、仕事ではそういった楽しさが常に欲しいところです。

仕事上では怠けることと不満はセットだと言われている通り、業務請負の担当仕事の不平不満を言うような業務請負の軽貨物ドライバーは怠けたいから不満を言ってサボりたいだけのことです。

もちろん、不平不満を感じるのは誰しも普通のことなのですが、それをあまり口にしない耐性を持ち、軽貨物配送の仕事に前向きでポジティブ思考な人は、仕事での目標、プライベートでの目標、希望を叶えるために相応の努力を続けます。

自分の周囲の人たちをハッピーに巻き込みながら、応援してもらえるような言動を続け、やがて評価されます。それはリーダーシップとなります。

怠け者の軽貨物ドライバーは根本的に努力することを嫌い、配送の仕事がスピーディにできるとしてもサボり癖が染み付いています。それが所謂、経験者の悪い癖です。

新しい現場や新しい案件に慣れてくると担当している仕事内容に不満を言い続け、やがて自滅することになるわけです。それは治りませんので繰り返されます。

  • 配送コースの不満を口にする
  • 配送荷物の不満を口にする
  • 周囲と比較して不平不満を言う

駄目な委託ドライバーの典型例と言えますが、1ヶ月もすればヤル気のメッキが剥がれる、1ヶ月もすると要望を言うようになる、数ヶ月間や数年間など自分の希望や要望を叶えるための努力すらせずに自己中心で仕事環境の改善を求める成長意識の低い人がいるのも軽貨物ドライバー業界の問題点です。

さておき、お客様の個人情報を保護し、荷主情報や商品情報は守秘義務で守る、というのが業務請負ドライバーの責任範囲です。これらの他言は如何なる事由でもアウトですが、仕事上で知り得た情報は自分自身にとって有益な事業ノウハウになるのも事実です。

自分が活躍できる土俵で自分の事業を有利になるように仕事や取引を守っていくには、仕事を通じて様々に得る情報をスルーせずに意識し、自分流で分析をし、知見や知力になるようなノウハウとして学んでも損はしません。

川上と川下で知り得た情報の価値をスルーせずに意識すると、今までできなかったこと、今まで無理だと思っていたこと、今まで気が付かなかったこと、自分の実力を再認識でき成長につなげていけます。

そうした新しい挑戦によって、何かしらの新しい成果を出し、新しい成功で成果を得られるようになるでしょう。

個人事業主は法人経営とは異なり、ヒト、モノ、カネ、情報、これらは一気ではなく時間をかけて一つでも多く持てるようになることが大切なことだと考えます。

無理はしない、無理はできません。

そうすることで個人事業であろうとも法人並みに事業展開する突破力を発揮できる段階にまで個人でも成長できますし、法人経営であろうと個人事業主であろうと軽貨物配送ドライバーという職は世間や社外的な信頼性や信用度は知れています。

軽貨物ドライバーは運ぶ荷物がなくなれば即廃業です。

頭脳ではなく、身体一つでお金とスキルを稼ぐ仕事の宿命ですから、隣の畑と同じものをいつまでも懸命に作っているような働きっぷりでは軽貨物ドライバー業者としてありきたりの事業展開しかできません。

軽配送の仕事を通じ、荷主情報と商品情報を知る上で、多売薄利に陥っている企業と、薄利多売で成功してる企業があることを丁寧に認識しておかなくてはいけません。

これは業務委託ドライバーという立場で仕事を請負する以上、自身の稼ぎと安定性に影響してきます。

薄利と薄利多売の理解と同時に、それが戦略的に利益率を下げているのか、不本意に利益率が下がっている事業なのか、または商品なのか、その違いを知ることです。

そうすることで業務委託ドライバーとしてどのような仕事で取引をするべきか分かってくるはずです。

日当いくらとか業務内容で選り好みしているようではハッキリ言って駄目です。きちんと荷主企業の営業スタンスを知るべきです。

なお、薄利多売は戦略的に利益率を下げ、そうすることで多くの商品を売りさばくことを可能とし、より大きな利益を産むのが狙いです。

  • 多売薄利の商品を運ぶのか
  • 薄利多売の商品を運ぶのか

軽配送会社の配属型ドライバーの場合、その多くの個人事業主ドライバーが三次請負や四次請負の立場ですから、すでに軽貨物運送業の運賃表どころの話ではないのが現実です。

業務委託ドライバーはまさに言い値で動くのが通例とも言えます。

運賃基準はあっても時価みたいな請負環境ですし、軽貨物運送業の運賃表にはタクシー運賃制度のような標準価格があるわけではありません。

営業交渉能力のない営業弱者である個人事業主の軽貨物ドライバーが発掘営業や商談営業をする際、軽貨物運送に関する運賃の市場価格としては○帽さんの運賃表を基準としつつ価格提案する商習慣が根強いでしょう。

つまり、要は価格だけの話です。

軽貨物ドライバー運賃も個人タクシー運賃のように、距離制運賃、時間制運賃、定額運賃、という感じで個別にお客様と交渉して業務請負する案件があります。

配属型ドライバーや独立型ドライバーであろうと、個人事業主での業務請負には基本給のような考えがないため、請負する価格は歩合にしていることが多いわけです。

定期案件で継続して安定性を最優先してお金を稼ごうとする業務請負の軽貨物配送ドライバーは、請負する案件の事業収益構造を考えれば分かることですが、営業戦略や戦術を持たない軽貨物ドライバーは誰もが知っているよう大手企業の案件で稼働は避けるべき取引の一つと言えます。

新規顧客開拓営業は、取引するお客様となり得る可能性がある企業を探す発掘営業と、取引開始の可能性が既に有望な見込客へアプローチをし受注契約につなげる商談営業があります。

配送ニーズを的確に把握し、プロの軽貨物ドライバーとして解決策を顧客に提案し、請負契約まで持ち込んでいくのが商談営業です。

発掘営業のようにアンテナを立ててターゲットを選定し、多くの荷主企業と接点をつくっていくことも大事ですし、商談営業のように一件を絞り込んで丁寧にサービス対応し、個別提案を行っていくことも大事です。

error:Content is protected !!