軽貨物運送業の運賃表は実勢価格とかけ離れている。業務請負ドライバーの運賃表はあって無いようなもの。

チャーター便

軽貨物運送業の運賃表は実勢価格とかけ離れている。名のある会社、名のある商品、誰もが知っているような大手企業の配送案件であればあるほど末端の個人事業主ドライバーは仕事安泰という結果にはならない。

薄利の商品なのか、薄利多売の商品を運び届けているのか。

業務請負の軽貨物ドライバーとして自分が運び届ける荷物がどのような価格戦略で売られているものなのか、荷主企業の営業姿勢を理解し考えて配送しているドライバー業者は未無に等しいのが現実です。

荷主企業がモノを売るビジネスで利益を出す為にどうやって商品を売り届けたいのかも理解せず、荷物が重いとか、配送エリアが遠いとか、割りに合うとか合わないとか、戯言を抜かしている業務請負の軽貨物ドライバー業者も巷では見かけます。

確かに私自身も、荷物が重い、エリアが遠い、不利だなと感じる案件を担当することもあり、特に複数のドライバーが稼働する案件で仕事をすると、身体や精神や神経の疲れ度合いによっては、担当する内容に不平等感を覚えることがあります。

気の持ちようも、まさに身体が資本、健康第一です。

業務請負の配送案件は、仕事は仕事、やるならやる、やらないならやらない、でしかなく、ああでもないこうでもない感じの愚痴や不満は全くの無意味です。

配送の仕事耐性、我慢や忍耐力のレベルが低い軽貨物ドライバーはお金とスキルを高効率で稼げる筈がありませんし、軽貨物ドライバーの代わりなど腐るほどいるのも現実ですから、仕事あることに感謝する意識は何より大前提でありとても大切なことです。

街中の配送現場では、お金の話を直ぐにするような駄目なタイプと言われている軽貨物ドライバー業者もいますが、ドライバー同士で請負運賃の話をすることはプロ業者として完全にタブーであり、他人が働く軽貨物運送の請負運賃を周囲に聞いてもダメですし、周囲に自分が働く請負運賃を語ってもダメです。

そんなことは聞かずとも、お金とスキルをきちんと稼いでいる人は身嗜みも言葉遣いも違いますし、第一印象だけでも稼いでいる人なのかどうかなど直ぐに分かります。

そもそも、軽配送の事業で肝心なことは誰がいくらで何を運んでいるかではなく、どういうビジネスの荷物を運んでいるのか、そういうことに興味を示すことから効率的に高収入の稼ぎを手に入れる挑戦が始まります。

配送ニーズのある荷主企業のビジネスモデルを学ぶことは業務委託の軽貨物ドライバーとして自分の事業の成長に向けた大切な意識を持つ手立てになります。

仕事ニーズに自分を寄せていけばお金とスキルの稼ぎになります。鉄則です。

また、業務請負の軽貨物ドライバーにはタクシードライバーでいうところの個人タクシーみたいな軽貨物の個人ドライバーと、法人タクシーみたいな軽貨物会社の法人ドライバーがいます。

軽貨物の個人ドライバーはその名の通りで個人営業であることから責任の所在ははっきりしているものの、成長意欲が無いような個人ドライバーも結構多く存在します。

どんな職であろうと努力をしている人は後ろ向きな発言をしませんし、仕事や事業はネガティブな事を考えながらでは努力を続けることすらできません。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!