軽配送の配達仕事はどんな人に向いているのか、仕事への責任感がドライバーには必要不可欠である。

軽貨物仕事の休憩 【軽貨物運送の検証ブログ】運送業

経験者の軽貨物配送ドライバーであろうとも新しい案件の研修は、企業に新入社員となって新しい仕事に転職するような状態。

軽配送仕事が稼げるとか稼げないとか語ったり情報が溢れていますが、事業運営の経験者や会社経営の経験者からその実態を見てしまうと、軽配送仕事で一人のドライバーがどんなに稼いでも金額はたかが知れています。

しかも安定はありません。収入変動の波すらあります。

収入平均すると30とか60万が普通でしょう。

更に、個人事業主ドライバーならば、ここから燃料費や車の維持諸経費や税金など1割から3割ほど掛かりますし、ボーナスも自分に出すのも至難です。

副業やフリーランスなど自分都合での其の場凌ぎで片足を突っ込むようなスタンスでも配送案件もあれば、本業で荷主とユーザーにきちんと信頼を得ている安定性ある案件を熟すプロの軽ドライバーもいます。

勿論、安定性と信頼性の向上には継続ありきです。フリーランスや副業などの素人ドライバーでは通用しない荷主案件も多いです。

軽配送であろうと、どんな仕事でも、他社や他人が持っていない才能や技能を持たない人が人よりも稼げるなど、あり得ません。

軽配送の仕事で、才能や運転技能などのレベルはどうであれ、誰でも持っています。

自分だけが特別などあり得ません。単なる駒だと理解すべきが正しいです。

千葉県内での緊急配送お気軽に
error:Content is protected !!