軽の貨物車を使う業務請負ドライバーの仕事。軽ドライバーの毎月の売上収入はどれくらいの稼ぎになるのか。

千葉県の軽貨物 委託ドライバー 千葉県のチャーター便ならシフタープロ運送業

軽自動車の貨物車両で荷主様の商品や荷物を運ぶ軽貨物運送業。軽貨物ドライバーの多くは自分で営業せず、加盟所属の物流会社、組合、水屋などの取次店から仕事を請けている仕組み。

軽貨物業界はまさに個人事業主の業務委託ドライバーで成り立っていますが、その軽貨物ドライバーの多くは、適正と言える業務委託の依頼金額を提示されていません。

かなりピンハネされています。

全ての軽貨物運送業ドライバーのが仕事を請ける物流会社にマージンをとられていますが、これ自体は悪いことでもなんでもありません。

逆に、極端に言えばですが仕事をドライバーに紹介するだけで仲介屋である利用運送の物流会社は粗利がでます。美味しい話です。

ドライバーが遅刻や商品破損を生じさせた時は、ドライバーが金銭的な責任を取ることとなります。

当たり前と言えば当たり前のことですが、なかなか、横柄な世界です。

中間マージンですが、これは軽貨物の物流業界に限ってのことでなく、商品を売る物販の世界でも同じことで、商社や問屋や小売店などで、所謂、流通マージンという儲けの仕組みができあがっています。

物販の世界では、定価は半値八掛けでないと流通ルートを使いにくいですからね。

とは言え、バブル崩壊後は流通破壊や流通革命により商社不要論も語られ、やがてIT革命、インターネット社会へに革新で、物販の世界では、所謂「流通マージン」は大きく見直し是正されたと言えます。

軽貨物業界でもピンハネが罷り通っていますが、「ピンハネ」と「流通マージン」は少し意味が異なります。

勘違いしてはならないのは、流通会社も物流会社も仕事をする上で経費が掛かっています。

マージンを取る会社が正当性で平気でこれを語るケースもありますが、言うのではなくて、感じ取ることなので、経費がかかっていると口にするケースは嘘くさいかも知れませんね。

そう、それらの会社で最も大きい経費とは「人件費(役員報酬や給与)」ですから。良くも悪くも今の時代だけでなく、「儲ける」と「儲かる」は違うわけです。

所詮、経済は、摂取する側と摂取される側。

ただ、世の中、マージンを理解しつつも、絶対に自分だけが儲けようとせず、軽貨物運送業が一人親方として生き抜く身であっても、仲間や物流会社にも儲けてもらうといった心構えの上で、施主の荷物を大切に的確にお届けし、人として、お客様からその対価を適正に戴く姿勢を持ちたいところです。

軽貨物ドライバーへの上限料金の目安。 もちろん、自己中心的なドライバーなど強調性や功績の有る無しで価格は変わることでしょう。

千葉県の軽貨物は日本シフター産業のシフタープロ軽貨物便までご依頼ください。冷蔵配送から幌車配送まで千葉県、都内、埼玉県、神奈川県、一都三県でチャーター配送を適正価格にて承っております。

相談受付フォーム

お名前
フリガナ
会社名
メール
電話番号
住所
相談内容
詳細入力

※は必須事項です。

 

運送業
千葉県の軽貨物配送専門店が語る!軽貨物運送検証ブログ
緊急チャーター配送受付
error:Content is protected !!