誰がやっても同じ仕事はしない軽貨物ドライバーの高度な意識。

独立開業

軽貨物ドライバーは疲れるのが仕事とも言えます。荷主様に代わって荷物を集配することで配送料金を稼がせていただく訳ですからドライバーファーストを語るレベルにまで落ちぶれると仕事は長続きしません。

軽貨物ドライバー業者に求められている本当のスキルとは。

業務委託での軽貨物配送の仕事には非公開案件と公開案件がありますが、インターネットやマッチングサイトなどで一般に出回っている公開案件はどこかしらの軽貨物配送業者が食い残した仕事案件でもあり、右から左に仕事を丸投げする多重下請け構造の配送業者による悪どい運賃ピンハネもキツいので、インターネット公開された仕事の案件は違和感のある内容ばかりと言えます。

反面、非公開案件は割りの良い仕事が多いのは言うまでもありませんが、ただそれなりに軽貨物ドライバー業者として高度なスキルやコミュニケーション能力や責任感や臨機応変さなどが求められます。

その辺で走っているフリーランス風とかではない、プロ専業の軽貨物ドライバーが黙々と仕事を極め続ける姿勢には理由があるのです。

私のように大手ネット通販商品の宅配便のような仕事や弁当の出前みたいな配達の仕事はやりたくないと語る軽貨物ドライバーさんは意外と多くいます。

寧ろ、ほかに案件が無いから嫌々でもネット通販の宅配員や出前みたいな宅配員の仕事をやっている人の方が割合的には多いのかも知れませんが、本業の個人事業主として自営で働く軽貨物ドライバーにとっては「やっても意味がない」案件だからなのです。

  • 誰でも構わない案件

高度な配送スキルとコミュニケーション能力に長けていない軽貨物ドライバーでも走り回ればどうにかできるような大手ネット通販の宅配便や出前の配達みたいな仕事はこの数年で仕事消滅すると思います。

無論、2025年頃に人工知能が運転する完全な自動運転車が登場するからです。

ヒト、モノ、カネ、情報、これらの経営資源を潤沢に持たない個人事業主の軽貨物ドライバーは安い人が選ばれる仕事案件は手を出さないべきです。

物凄い量の荷物が大手宅配便の集配センターで日々溢れかえっている宅配便の配達仕事であろうと「数年後」には仕事消滅する可能性が違和感なくあります。

そう、ロボット化です。

人工知能や自動運転の技術は漫画の話ではありません。現実です。

24時間働いて、文句も言わず働いて、風邪や病気でも休まず働いて、寝坊しないで働いて、こういった優秀な軽貨物ドライバーは人間ではいませんし、ロボット化が進むと副業ドライバーやフリーランス風の軽貨物ドライバーのように教育する意味のない人材の無駄な育成期間も必要なくなります。

即戦力の軽貨物ドライバーとして働くことのができない技量の人は数年で淘汰されるのは確実です。

2025年を目処にタクシードライバーや路線バスのドライバーや長距離トラックのドライバーの仕事は消滅すると一部で予測されています。

もちろん未来がどうなるかは分かりませんが、大手ネット通販の宅配便ドライバーの仕事や出前みたいな配達員の仕事も消滅する一つの職になると考えられます。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!