荷主は本業ではないフリーランスや副業レベルの軽配送ドライバーに不信感、大事な軽貨物の配送は本業に任せるのが当然である。

軽貨物ドライバーの服装 【軽貨物運送の検証ブログ】仕事案件の実態

荷主側の物流費削減は倉庫や配送を請け負う事業者のコスト増につながるのは言うまでもありません。物流業者全体の中で、本業の軽貨物配送業者は何をどう考えて営業行動するべきか。

軽貨物のドライバーと言っても、会社経営の本業ドライバー、自営業の専業ドライバー、社員ドライバー、準社員ドライバー、それと稼げればいいだけの副業ドライバーなど、頑張る軽貨物のドライバーもいろいろなので皆を一緒くたにはできません。

どんなドライバーであれ、荷物あっての配送業務です。荷主のニーズに合わせて毎日365日止まることなく、大きなトラックで荷物を配送したり、小さな軽貨物車で荷物を配送したりなど、配送の仕事は沢山あります。

バス停でバスに乗って目的地に行くか、道端でタクシーを探してタクシーで目的地に行くか。

どっちが得か、どっちが便利か、急いでいる、この時間は急いでいない、その時の状況で様々です。配送物もこれに似ています。

配送の仕事には、バスのように一度で沢山の人を乗せるように大きなトラックで沢山の荷物を輸送する仕事と、タクシーのようにチャーターで人を単独で乗せるように少量の荷物をチャーター輸送する軽貨物車での配送に分けることもできます。

今回はその違いやコストなど、仕事のあり方について考えてみました。

法人の軽貨物配送会社ドライバーと個人事業主の自営業ドライバーは別物レベルです。個人事業主の自営業ドライバーが単に個人で請け負う責任感と、軽貨物配送会社が法人で請け負う責任感は意外にも大きな違いがあります。

会社法人での軽貨物ドライバーと、自営業の個人ドライバーとでは、根本的にドライバーの教養や学歴があろうとなかろうと、業務姿勢が「遅刻なし」「挨拶や言葉使い」「連絡や報告がタイミングよくできる」「愛想が良い」「茶髪やピアスや髭ではない」「喫煙者ではない」という平均評点を得られる紳士ドライバーでも、会社の法人で公にドライバー仕事請負する責任感と、自分個人が稼げば良いというドライバー仕事請負する責任感とでは、明らかに社会的な信頼評価も使命が異なるものです。

配送の仕事とは車両の大きさで物理的に動きにくいとか動きやすいとかだけでなく、大きなトラックでの輸送がメーンの会社がやりにくい仕事を下請けで軽貨物配送の会社が請負、更に、その配下で個人事業主の軽貨物の委託ドライバーが業務請負で仕事するといった流れの案件で動いています。

大きなトラックで輸送する会社でやりにくい配送仕事は、軽貨物車での輸送を行う軽貨物配送会社が案件や稼働必要な台数をある程度まとめて請け負って仕事します。餅は餅屋です。

ただ、軽貨物業界には荷物を自分では運ばない利用運送の会社が介在しているケースが目立ちます。良くも悪くも紹介屋です。

error:Content is protected !!