マッチング系で働いている軽貨物ドライバーは使えないと言われている理由。

軽貨物ドライバーのミス失敗 【軽貨物運送の検証ブログ】

スポット専門の軽貨物配送ドライバーは定期のドライバーとは異なり、マルチに相応の経験値が求められます。毎日、頭をリセットした切替の行動計画が必要。

気分よく。

軽貨物の仕事でスポット専門案件で身体が慣れているなら自分の経験値と備忘録さえあれば自分なりの計画を練って何をどう注意して動くかを決めて気分よく完璧な業務遂行ができるのは明確。

しかしながら、スポット専門という立場で、いつもの定期ドライバーが風邪で業務を休む、いつもの定期ドライバーが事故で業務を休む、所謂、ヘルプで出動要請されるケースもあるだろう。

毎日違う場所へ向かうような数々のスポット案件をこなしているスポット専門のマルチ型ドライバーでもヘルプの場合は他人のルールで出来上がっている現場なので想定に想定を重ねてもイージーミスが生じることがある。

自分でカバーできそうなイージーミスであろうとも歯車が狂うと大きな問題へと発展してしまうこともある。

ちょっとしたミスであろうと業務遂行を急ぎながら同時にミスの対処カバーをきちんとしておかなければならないのは困難なことだ。

軽貨物ドライバーの多くは機械的な動きを要請されるため普段と違うイレギュラーが生じると柔軟な動きと判断を迷うことも沢山ある。

一つ一つの案件で細かな説明や指導を殆ど受けずに緊急で動くスポット専門ドライバーは話の食い違いや普通は違うだろうなどと多くの言い訳が生まれ易い。

現場自体が他ドライバーのルールでできあがっているからである。

いろいろな案件で生じる仕事のミスには言い分もあるだろう。

ミスを回避するために些細な説明や些細な質問などの注意喚起がフォローされるチームや会社であれば、自然とパーフェクトに近い業務達成率を増やしていける。

しかし、個々が独立している個人事業主ドライバーなので自分さえ良ければという人間も多かったり、物流現場で軽貨物ドライバーが働く立ち位置は親切にされる環境でもない。

甘さ、親切、こういったことを履き違えないように労働して全てはお客様ファーストを目指すべきだ。

error:Content is protected !!