聞きたがりドライバーや周囲に悪影響を撒き散らす業務委託で働く軽貨物ドライバーの問題点。

独立開業

荷主企業の期待に応えているか、常に軽貨物ドライバー業者として能力向上に努めているか。

物流の関係者や大型トラックの運送関係者や軽配送の関係者と時々会話をしていると悪影響のあるドライバーの話をたまに聞きます。

軽貨物ドライバーの信用はそもそも未無な話ですが、個々の人間力による信頼はかなり大事なことです。

どの職でも同様ですが、自分が仕事をしないだけならまだしも、配送現場や物流現場にいる周囲の軽貨物ドライバーや関係者や倉庫スタッフに悪影響をまき散らす紹介屋の軽貨物ドライバーをたまに見かけます。

良い仕事ありませんか、良い仕事あります、などと現場にいる人間に対して聞き回る人のことです。誰にでも同じ話をするのでいざとなると信憑性すらありません。

そういった紹介屋ドライバーは中間業者の飛ばしを目論んでは失敗を続ける御法度ドライバーよりはまだマシな部類ですが、自分ではなく、知り合いの知り合いを知り合いと称してその手の仕事話ばかりをしているので、そういう紹介屋ドライバーとの関わりは持たないことが原則です。

その手の紹介屋ドライバーは仕事の発注者側から見ると季節労働者の扱いです。

誰かが食い残した仕事案件やネットで出回っている曰く付きの一般公開案件をピンハネで右から左に流したり、多重下請け構造における運賃ピンハネ案件のキツい仕事しかありません。

ただ現実、それに群がって一喜一憂している浮遊ドライバーさんも少なくないわけですが、その手の季節労働の案件は閑散期になると過少労働や委託切りは当然であり、仕事の欠乏に直面するのは言うまでもありません。

私が知る限りでは全ての特需案件が悪ではないですが、季節労働者扱いをされているピンハネ紹介屋ドライバーが紹介するような軽貨物配送の案件は根本的に荷主からの発注自体に安定性がありません。

なので誰でもいいのです。

そもそもですが軽貨物ドライバー業者の多くは業務委託の立場ですから定期案件であろうとスポット案件であろうと荷主企業や中間業者で不要になればクビにすることが前提であり、取引は知名度ではなく人間性や信頼性をかなり重要視して人と付き合わなくては、特に営業弱者の軽貨物ドライバー業者は突然の委託切りによって立ち回りが困難になるリスクがあります。

周囲の軽貨物ドライバーが懸命に仕事をしているのに仕事案件の批判をしたり、そんなことやっても意味がないなどと愚痴や不平不満を口にしたり、羨ましさや妬み、自身の実力の無さを棚上げしてムードを盛り下げるような人間もいることでしょう。

このような問題ドライバーである御法度ドライバーや紹介屋ドライバーは意外と悪気がないと言われています。

御法度ドライバーや紹介屋ドライバーの多くは悪気がないので反省することがなく、いつまでも周囲の足を引っ張り続けることがありますので、まさに質が悪いと言われています。

私たちは個人事業主の軽貨物ドライバーである以上、自分自身の性格としっかり向き合い、仕事があることに感謝をし、自責的になり、態度や行動を変えていくことができないようではお金やスキルを効率よく安定的に稼いでいくことは困難です。

何事も人や環境の責にせず、自覚するきっかけを大事にしたいものです。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!