チャンス到来の軽貨物ドライバーとチャンスを逃がす軽貨物ドライバーとチャンスを活かす軽貨物ドライバーの違いとは。

ブログ

千葉県で軽貨物の配送に関する仕事をしていると軽貨物車を運転中に「黄色てんとう虫」が車の中に入ってきました。軽貨物の仕事におけるチャンス到来を考える。

期待できる。

幸運の予兆、幸せを知らせるメッセンジャーと言われる黄色てんとう虫が軽貨物車を運転中に運転席の窓から入ってきました。軽貨物ドライバー業者として仕事もプライベートもチャンス到来を常に信じて生き抜いていきたいものです。

経営や事業をしていると奇跡のようなことが起きます。

仕事人生の中で幾つ起こるかわかりませんが奇跡のようなチャンスは誰しも数十年の仕事人生で数回は必ずあると思ってよいでしょう。

とは言え、奇跡のようなチャンスは恐らく20年や30年の中でも数回しかないので見逃してはいけません。日頃から仕事があることに感謝ができるような失礼のない真の人間力を育て鍛えるべきが大事なことだと感じます。

  • チャンス到来
  • 祝い事
  • 嬉しいこと
  • 叶えたい願い
  • 日常生活の幸福
  • 役に立つ情報
  • 病気が快方
  • 決断の後押し
  • 大切なことを知る
  • 励まし

奇跡は結果に過ぎないので奇跡が起きることを事業計画に織り込むわけにはいきません。

しかし、奇跡のようなチャンスが必ずあるといった気持ちを事業や仕事上で持つことは進行形の努力を疑うことなく継続していくヤル気にもつながっていきます。

軽貨物ドライバーの仕事においても、ヤング層、ミドル層、シニア層、女性や男性の性別を問わずに奇跡のようなチャンスは誰しも必ずありますし、奇跡のようなチャンスを見逃してしまう人は結構多くいると思いますが、奇跡のようなチャンスが無い人はこの世にはいないと私は思っています。

多くの個人事業主の軽貨物ドライバーの方々が自分なりの努力をされているはずです。ボランティアではなく、その努力はお金を稼いで収入を得るためなので、もし、収入が少ないと感じて悩んでいる軽貨物ドライバーさんがいるならば、それは努力が足りないだけの話なのです。

もちろんこれは軽貨物配送の仕事に限らずですが、努力が足らず成果が出ないならば何であろうと一つ一つ改革や改善をすればよいのです。

努力をする道、これは年齢を重ねていくと自らが進む道は自らで決定していくようになりますし、年齢が若い方ならば先輩や周囲の後押しで進むべき道が決まっていくことでしょう。

どうであれ、自分で選んだ道の良し悪しについては自らに責任があるということを理解しないといけません。個人事業主ならば尚更です。仕事上の責任を理解しておかないと自分に起こるネガティブな出来事を他人の責にしたり不平不満や愚痴をこぼすようになります。

そのように落ちぶれますと仕事人生で幾つあるか分からない奇跡のチャンスを失ってしまうわけです。

要するに仕事上の大なり小なりの責任を理解していなかったり、不平不満や愚痴を周囲に言う人は自分自身のターニングポイントの発生を自分自身で消滅させているのです。

もちろん、経済や特需など外的要因によりターニングポイントが発生する場合もあります。しかしながら外的要因のターニングポイント発生は流行や時代の流れなどの変化に左右されることを意味します。

商才だったり経営資源が整っていない状態で左右されて浮かれて波に乗ってしまえば、目先は良くとも数ヶ月後には失敗感が溢れてきます。

結局は最初も最後も自分です。自身に人間力や魅力があるのかです。

軽貨物の仕事でも経営資源であるヒト、モノ、カネ、情報、この順序で資源が動いていると捉え、その最初と最後に自分が立っていられるような個人事業での事業計画や収支計画をじっくりと書いてみるべきでしょう。

個人事業は法人運営ではできないような堅実な事業展開を成立させることのできる時代に突入した感もあります。

独立系の軽貨物ドライバーは波には乗らないでチャンス到来を手にできる行動や実績作りをできているのかが重要なテーマとも言えます。

error:Content is protected !!