個人営業の軽貨物ドライバー業者は、御用聞きに徹することと意見を言う意識を両立する能力が必須。

ブログで軽貨物 軽配送ドライバーの不満
千葉県の軽貨物
広告

軽貨物配送の仕事をする人の中には、人付き合いが苦手だからとか、集団生活のような環境が嫌だとか、良くも悪くも、自分の性格が一般社会の営業や事務仕事に馴染めなかったというケースで軽配送の仕事をしている人もいることでしょう。ドライバー募集ばかりしているような軽配送会社では当然にドライバーの心身ケアなどありません。

勿論、どんな仕事であれ、学歴があろうが無かろうが、仕事スキルがあろうがなかろうが、何かしらのストレスをかけた働きは最低限必要ですので、自分自身の役職や立場によっても様々に色々なストレスがあることでしょう。

仕事のでも多くの人がストレスが嫌だと言いますが、実際、ストレスをかけない仕事などあり得ないわけです。自分自身が真剣であればあるほど、成長しようとすればするほど、肉体なのか、精神なのか、神経なのか、負荷はかかる筈です。

「何をしている、ではなく、誰がしている」

軽貨物配送という仕事の場合もストレスは例外ではありません。配送の仕事にはただ単に物を運ぶという効率的な仕事もあれば、荷主が作り上げた配送システムの型に従ってスピードよりも丁寧に配送するといった仕事もあり、色々です。

勿論、配送仕事でも気になるのは人間関係ですが、社員ドライバーなのか外注ドライバーなのかで不平等感は必ずあります。スポットの立場と面倒な仕事ばかりやらされる会社もあることでしょう。

また、大手の場合は社員ドライバーが面倒なエリアや面倒な時間帯エリアを外注のドライバーが実務するというパターンが現実です。

下請法すれすれの案件も見え隠れしていますので、大手だから安心とか、人数がいるから安心とか、そういう物差しは危険です。親切で温かみある会社が絶対に一番です。

軽貨物配送の仕事内容とドライバーの立ち位置は下請法や労働法でもグレーゾーンで社員ドライバーと同様以上の働かせ方を業務請負の外注ドライバーに平然とさせている軽配送会社や元請け企業も存在。

社員ではない外注のドライバーに配送以外の付随業務でそんなことまでさせるのかなど、不平不満を持つ請負の外注軽貨物ドライバーがかなり多いはずでしょう。

責任感や改革意識を持つ者ほどストレスは高まっていきます。私の場合は勉強で新しい案件にチャレンジするように心掛けていますが、当然、慣れた案件の方が楽ですしスムーズに稼げます。

ただ、配送という仕事の場合は一般的な社会人の仕事と異なり、1つの会社で同じ内容の仕事を続けていてもそれでは仕事スキルが成長できません。

仕事に慣れたことでのプロ風は場所が変われば素人ですので何ら通用する技術ではありません。

仕事の学びは、できるだけ短期集中型のストレスに抑えておきたいと感じながら行動対処しますが、それでも解決に時間がかかるテーマもあり、学びも時間が必要であり、時間をかけて構築していくべき営業テーマもあり、猛進するだけで自己の能力を試さざるを得ないテーマなどもあります。

ストレスの4大要素。

  • 物理的ストレッサー(気温や騒音など)
  • 科学的ストレッサー(酸欠や栄養など)
  • 生物的ストレッサー(病気や過労など)
  • 精神的ストレッサー(失恋や怒りなど)

勿論、ストレスを抱えない上手な人と言えば聞こえが良すぎますが、社会人では、そういった人ほど責任感や成長意欲がない人が多いです。

自分のことしかしない、自分のことだけで精一杯、自分勝手、といえる人物です。

言葉は汚いですが社会人では下っ端の考えと言えます。

逆に、仕事の世界ではストレスを溜め込む人ほど、責任感があり、リーダー素質がある、というパターンも過去に全国の取引先で見て感じてきました。

マグロのような回遊魚みたいに立ち止まると弱ってしまう人物も見てきました。立派かどうかは別ですが見習いたいものです。

軽貨物配送の仕事でも、働き始めて直ぐに意見を言うことは、デリカシーの無さやズボラということと紙一重でもあり、さらに、20代や30代など社会経験が10年前後で経験浅いヤング層では本能でストレスを抱えたくないあまりに意見を語り、単に生意気と感じとられることもあります。

ヤング層の場合は覚えたての自分の意見が通らないだけで単にストレスになるというパターンもあり得ますが、これらは上に立つものの視点でなく、上に立ち始める40代や50代のミドル層になると相応に妥協する立ち回りも増えてくる現実があります。

経験が物を言うわけです。

ただし、経験があればよいわけでもなく、流石にミドル層となると一つの仕事で真面目に20年や30年を貫けた人と、新卒から数年や5年前後で職をコロコロ変えてしまった人もいることでしょう。

過去、沢山の面接面談をしましたが、正直、5年や10年以内で職を変えてしまった人はプロではなくてプロ風なので、残念ながら新しい仕事をしてもさせても本物のリーダー職として能力を発揮できるケースは少ないでしょう。開花できるかはリセットです。

5年や10年選手では、覚えたつもり、知ったかぶり、で育った自信過剰の人物だったり、そう言う年齢層なので「自分の経験が会社の看板ありき」であったことを理解せず、自分の力で活躍できたと勘違いしているパターンが大半です。ヤング層が甘いと言われるテーマです。

これらは事例もあって、上場や一流企業での経験者であろうと、裸一貫、自分の名で独立して能力不足で失敗する人が意外に多いのも、これにあたるでしょう。

所詮は、同じ仕事を最低でも15年や20年は熟していかないかぎり、リーダーの実力は身についていないわけで、5年や10年で職をいくつも変えてしまった人は既に仕事の極みで残された期間は少なく、そういった人は人よりも意識を高めて仕事をして、集中力とモチベーションありきで活躍しなくてはなりません。

当然に、時代は流れていますから昔のスタイルは今のビジネスで通用しない部分も多々あり、現代の流れにフィットできる人物である必要もあります。

これも相応にストレスをかけた仕事になりますが、年代はどうであれどうやってストレスと向き合うかが鍵となってきます。

軽配送の業界でも、勿論、優秀な部下がいればリーダーは楽です。優秀な部下を育てることができればリーダーは楽です。しかし、事業にとってリーダーにすべき部下はイエスマンよりも、意見と文句を言える人物にするのがセオリーですから、自分の看板だろうとも上に立つ者は自分の居心地を履き違えてはいけません。

過去の仕事柄、全国の経営者やリーダーの多くを見てきましたが、問題意識の表れこそ、営業であったり、事業であったりします。

必ず、問題提起は誰かがやらなくてはなりません。

取引先や上司にペコペコと気に入られようとしても何の役にも立ちません。学校ではないので仲良しこ良しでも駄目です。

反面、良識範囲と身分をわきまえて意見と文句を言わなくてはなりません。アウトローではまずいです。

なお、俗に言う「使えない人物」とは問題意識のない人や、意見のない人、他人の功績や他人の人間関係を自分に置き換えるレベルの人です。

また、直したほうがいい、あそこは良くない、こうしたほうがいい、変えなければいけない、という気付きは誰しもありそうですが、意識を持っているだけでは駄目です。

上司に語るべきです。尚、仲間や部下に意見と文句を語る人物はリーダーには向いていません。

さらに、看板ありきの大手企業ならまだしも、中小零細企業では文句の蔓延を社内で放っておくと事業が直ぐに空転し、経営が圧迫することもあります。

そもそも結束力やモチベーションだけで立ち上がっているといったベンチャー企業も多いので、中小零細企業経験者が、明らかに、意識改革の必要性は敏感に感じ取れることでしょう。温ぬく育ちではないわけです。

しかし、一流と呼ばれるような上場企業や歴史ある老舗企業では、確実に、頭でっかちな文句や意見は社内で蔓延しており、且つ、意見や文句など言える業者や社員スタッフなどいないに等しいです。

要するに陰で文句を言う人たちが多いのが問題となり、社長や上司のやり方だけでなく、会社の制度が良くないことが意外に多く存在します。

国の法律と似ていて、会社歴史とイデオロギー、会社のルールが良くないことも時代の流れであり得るわけです。本当に難しいと思います。

なお、社会人である以上、文句を言うだけでは駄目です。改善案を言えるようになりつつ、改善案は責任を持って実施させる意図で文句や意見を言うのも当然であり、その効果あってこそはじめて意味があります。

勿論、個人で自分勝手なスタンドプレーは新たな非難の雨にさらされるのは当然ですがそれが改善改革と言われてます。

元のやり方のほうがいいという結果も当然にありますが、それでもその答えが分かれば、必ず改善は進んでいるはずです。

なお、文句と意見を言う人に文句を言う人には次は改善する側に立つべきでしょう。こうしてやり抜いて、事業やグループやチームで新しいことを推し進めることができる人は正しいリーダーになれるでしょう。

失敗でもそこから学ぶことは多いです。

文句や意見は、正しい内容にしろ、間違っているにしても、文句や意見を言う人のほうがリーダーに向いていると言われています。

ただし、文句や意見は自分のためではなく、会社の営利につながる事柄でなくてはいけません。会社法、会社事業は全て営利のためです。

私たちはブログで千葉県での軽貨物の仕事について備忘録をいろいろ書いています。他県で頑張るビギナーの無印軽貨物ドライバーや少数精鋭を貫くドライバーの方との情報交換と交流をしております。お問い合わせ気軽にどうぞ。

千葉県の軽貨物 シフタープロ統轄責任者

千葉県で軽貨物配送の専門店シフタープロ便を運営する営業統轄責任者が軽貨物車のハンドルを握り、多彩な荷物や条件の配送経験を積み上げ、マルチ対応型の軽貨物運送セールスドライバーとして事業を展開するために奮闘した記録と成功術の備忘録で書いている軽貨物ブログです。

誰かへ参考にして欲しい軽貨物ブログの記事ではなく、自由に勝手気ままに備忘録で書いている軽貨物ブログなので、ご覧になって内容不備がある点についてはご容赦ください。

▶︎軽配送は経験知識から思考へ尺度対応する時代に

私は若い頃より外資系メーカーでの職歴や荷主メーカーの立場で商品開発や海外輸入貿易から国内販売チャネルの構築、日本全国への出荷発送業務、SCMの構築、BtoBやBtoCやネット販売の統轄、倉庫在庫管理、商品販売をする上で競争力を高める流通経路の開拓と物流の仕組み作りを25年間ほど注力して経験してきました。

物を作る、物を売る、物を送る、といった仕組み作りや物流に興味を持ち続けている1人の軽貨物運送ドライバー業者として、お世話になっている荷主様や元請け会社様や協力会社様と共に軽配送仕事の魅力を覚えることに楽しみを感じ、千葉県と近郊で個々の配送業務を一つ一つ熟しながら、自身が思い描く事業性の価値を検証しています。

巷の軽貨物運送会社では軽の貨物車を使った運搬配送の需要増がインターネット通販の普及によるものだと勘違いしている軽配送業者を見受けます。

今日の軽配送重要増は、2000年はじめ、我が国がIT技術の変革で産業構造や行政と個人のライフスタイルそのものが社会全体で変化をし、大手企業だけでなく、地方の中小企業や零細企業にもSCM(サプライチェーンマネジメント)の構築が仕上がりつつあることがきっかけであると捉えています。

それにより、配送デリバリー業界の末端に位置する個人事業主の業務請負ドライバーに向けられた貨物運送の配送ニーズは細分化され、それが需要拡大したかに見えているだけなのが現状であると考えます。

配送ニーズの細分化は、従来の軽貨物運送会社のようなドライバー数を頼っただけのネットワーク組織や組合の仮想規模の営業力では通用しない配送時代に突入することを意味するでしょう。

物を届けて、はい、おしまい、では通用しません。末端のドライバーで茶髪や髭やピアスや眉剃りやタバコ喫煙のドライバーなど質の悪いドライバー人材は、時代の流れと共に、荷主様や荷受人様から淘汰され始めています。

そういう質の悪いドライバーやドライバーファーストを語るレベルの事業者や事業主は確実に先細りするでしょう。

個人事業主の業務請負ドライバーはドライバーファーストというような社会人として甘い考えを持たず、お客様や荷主様ファーストで実直に配送業務を継続し、プロとして働く心構えをきちんと持ち、ハイレベルに配送ドライバー個々の接客応対や柔軟な納品対応の能力も求められ、結果、個人事業主の軽貨物運送ドライバー業務全般は「経験知識から思考への尺度対応」が求められる新しい時代になることでしょう。

▶︎捨ててならぬは義理

軽配送の事業で隠れざる大切な要素は配送ドライバーは量より質という点です。

どんなに配送能力があろうとも、1日フルに頑張っても、人一人では一人分しか稼ぐことができません。

仕事で稼げるのは配送ドライバーであり、儲かる、儲けるのはその配送ドライバーの使用人である軽配送の請負会社という図式です。

個人事業主の配送ドライバーという職は、稼稼ぐことはできても儲からない仕事であり、仕事をした分だけ稼げるという現実をきちんと理解しなくてはなりません。

ストレスに勝ち、軽配送ドライバーとして仕事で稼げるようになるには、不平不満を語ることなく、積極的に新しい形態の配送やいりいろな荷物の配送を覚え、ドライバーとして瞬発力と柔軟性を磨き上げ、自分のスキルと才覚で難しい配送案件を熟して打破する継続と心意気が必要です。

そして、義理を大事に信頼し合える協力パートナー業者と仲間ドライバーの存在、メンターや指導者の存在も大切です。

全国の無印軽貨物運送業ドライバーが活躍する時代へと必ず突入します。

千葉県の軽貨物 シフタープロ統轄責任者をフォローする
軽貨物ブログ | 千葉県版 | 軽貨物チャーター業者
広告
ブログで千葉県の軽貨物配送専門店シフタープロが語る!軽貨物運送の検証blog。
error:Content is protected !!