個人営業の軽貨物ドライバー業者は、御用聞きに徹することと意見を言う意識を両立する能力が必須である。

軽配送ドライバーの不満 【軽貨物運送の検証ブログ】運送業

軽貨物配送の仕事をする人の中には、人付き合いが苦手だからとか、集団生活のような環境が嫌だとか、良くも悪くも、自分の性格が一般社会の営業や事務仕事に馴染めなかったというケースで軽配送の仕事をしている人もいることでしょう。ドライバー募集ばかりしているような軽配送会社では当然にドライバーの心身ケアなどありません。

勿論、どんな仕事であれ、学歴があろうが無かろうが、仕事スキルがあろうがなかろうが、何かしらのストレスをかけた働きは最低限必要ですので、自分自身の役職や立場によっても様々に色々なストレスがあることでしょう。

仕事のでも多くの人がストレスが嫌だと言いますが、実際、ストレスをかけない仕事などあり得ないわけです。自分自身が真剣であればあるほど、成長しようとすればするほど、肉体なのか、精神なのか、神経なのか、負荷はかかる筈です。

「何をしている、ではなく、誰がしている」

軽貨物配送という仕事の場合もストレスは例外ではありません。配送の仕事にはただ単に物を運ぶという効率的な仕事もあれば、荷主が作り上げた配送システムの型に従ってスピードよりも丁寧に配送するといった仕事もあり、色々です。

勿論、配送仕事でも気になるのは人間関係ですが、社員ドライバーなのか外注ドライバーなのかで不平等感は必ずあります。スポットの立場と面倒な仕事ばかりやらされる会社もあることでしょう。

また、大手の場合は社員ドライバーが面倒なエリアや面倒な時間帯エリアを外注のドライバーが実務するというパターンが現実です。

下請法すれすれの案件も見え隠れしていますので、大手だから安心とか、人数がいるから安心とか、そういう物差しは危険です。親切で温かみある会社が絶対に一番です。

軽貨物配送の仕事内容とドライバーの立ち位置は下請法や労働法でもグレーゾーンで社員ドライバーと同様以上の働かせ方を業務請負の外注ドライバーに平然とさせている軽配送会社や元請け企業も存在。

社員ではない外注のドライバーに配送以外の付随業務でそんなことまでさせるのかなど、不平不満を持つ請負の外注軽貨物ドライバーがかなり多いはずでしょう。

責任感や改革意識を持つ者ほどストレスは高まっていきます。私の場合は勉強で新しい案件にチャレンジするように心掛けていますが、当然、慣れた案件の方が楽ですしスムーズに稼げます。

ただ、配送という仕事の場合は一般的な社会人の仕事と異なり、1つの会社で同じ内容の仕事を続けていてもそれでは仕事スキルが成長できません。

仕事に慣れたことでのプロ風は場所が変われば素人ですので何ら通用する技術ではありません。

仕事の学びは、できるだけ短期集中型のストレスに抑えておきたいと感じながら行動対処しますが、それでも解決に時間がかかるテーマもあり、学びも時間が必要であり、時間をかけて構築していくべき営業テーマもあり、猛進するだけで自己の能力を試さざるを得ないテーマなどもあります。

ストレスの4大要素。

  • 物理的ストレッサー(気温や騒音など)
  • 科学的ストレッサー(酸欠や栄養など)
  • 生物的ストレッサー(病気や過労など)
  • 精神的ストレッサー(失恋や怒りなど)

勿論、ストレスを抱えない上手な人と言えば聞こえが良すぎますが、社会人では、そういった人ほど責任感や成長意欲がない人が多いです。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!