守秘義務を守らない個人事業主軽貨物ドライバーの価値はゼロ、自分の担当案件を周囲に漏らす軽貨物ドライバーに信頼はない。

6輪台車と軽配送 【軽貨物運送の検証ブログ】独立開業

個人事業主軽貨物ドライバーが地道に築き上げるべき荷主現場での信頼DNAは「一緒に働こう」という気概から始まるものだと千葉県の軽配送専門業者シフタープロが唱える理由。

私自身、以前の仕事経験上では20年以上、北海道から沖縄までのエリアを営業範囲とし、全く知らない法人様、顔を合わせたこともない個人様を問わず、電話相談で応対したり、訪問で商談をしたり、展示会や勉強会で講演をしたり、商売上でお客様と取引をするなか各取引先とは異なる専門性や価値観を超えて互いが得意とする知識に興味を持ちあい、信用だけでなく信頼を開始し、商売として「互いに」利益を上げるためにモノやサービスを提供する関係性を安定させながらビジネスモデルを作り上げることに注力し、営業成功と失敗の面白さやキツさを実感していた時期がありました。

営業はエンドレスな作業です。

モノか役務サービスの違いはあるにせよ、何か仕事ありますかと問い掛けることが営業ではありません。こんなお客様がありますという報告が営業ではありません。知り合いにゴロつくことが営業でもありません。

受注です。

受注するべき内容での受注です。

ターゲットを絞り、自らの先見の明にて事が現れる前に受注による旨味を見抜き、自身の理想ではなく自分の実力に見合う内容で、相手の土俵ではない自身のタイミングによる営業行動の成果を目指すことが肝心となるでしょう。

会社、事業、自営、営業、これらはみんな生き物です。

自分自身も相手の環境も良い時期もありますし悪い時期も当然あります。

私が検証していて思いますが、多くの個人事業主軽貨物配送ドライバーのような自分勝手は営業では通用しません。

一つの案件仕事に慣れてしまい卒業すらせずいつまでも居心地よい配送現場で働いているような人には稼ぎの成長もありません。

自らのチカラで営業の経験を一巡していない人、営業や事業展開が根本的に不得意ならば自分の仕事環境下で従順に順応するチカラがとても大切になります。

信用ではなく、企業や事業主や依頼主に信頼される必要があります。仲間や知り合いなど横繋がりからの信頼ではありません。縦です。

私は軽配送の仕事を通じて信用する人は多く居ますが、事業として信頼できる人はまだいません。

個々の営業力は企業規模や資金規模で図ることではなく、会社経営者や事業主が強く思い描いている計画の通りに積極運営を焦らず進めていく心構えと志で、グループワークであろうとチームワークであろうと、ブレずに邁進し、落ち着いて営業行動するチカラが必要だと考えます。

仕事ではなく事業ですので、その取引で得るのは目先のお金ではなく、その取引で得る情報、その取引で得る喜び、その取引で得る楽しさ、その取引で得る経験、営業は結果です。プロセスではありません。努力でもありません。成果です。

自営業者や零細企業から見る日本全国はとても広いはずです。軽貨物配送の仕事で少し頑張って行きたい人はぐわっと視点を変えるべきです。

軽貨物配送ドライバーは身体一つで仕事をしているので、自分の担当案件のことだけで頭がいっぱいになってしまい、自分が仕事で通う案件の会社やスタッフのことを、ああでもない、こうでもない、と視野を狭く語る人がいますが、それでは稼げません。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!