マルチタスクが苦手で自分業務優先の軽貨物ドライバーには信用も成長もない。

千葉県で軽貨物の車検整備 【軽貨物運送の検証ブログ】個人事業主

法人経営や事業運営の経験者なら当たり前のマルチタスク能力。業務請負の軽貨物ドライバーで同時に複数の連絡や指図や命令に対処できないマルチタスクが苦手な人間は、荷主様や取引先や周囲から業務上の信用度は致命的である。

業務委託の軽貨物ドライバーで必須と言える能力が「報連相からのマルチタスク」である。

報告と連絡と相談はただ単にできるだけでなく「業務を優先して」「時間を決めて」できなければ何の意味もない。

一回でも怠ればペナルティとなる。一回だからは通用しない。

初心者の軽貨物ドライバーは特に報連相が意識すべきことと言われているが、自分の担当業務を優先して仕事中に報連相を最優先できないドライバーは明らかに仕事ができないドライバーだと判断される。

〇〇だったから、〇〇をしていたから、などといった言い訳は通用しない。業務委託ドライバーにとって報連相はとにかく最優先事項である。

自分の配送業務を自分の仕事だと勘違いして会社間で請負している責任業務であるという大前提を理解せずに、自身の業務を優先するなどして指示に対する報告を先にできないドライバー、連絡を先にできないドライバー、相談を先にできないドライバー、は業務請負の配送ドライバーとして致命的な能力不足と見做される。

配送ドライバーは一つの納品行動をしているときに次の納品行動を考え、複数の労働を同時にこなせるかのようにスムーズに流れる納品行動をとりながら時間効率を向上させる。

そこで大事なことはスムーズに流れる納品作業を懸命にすることではなく、大前提、突発的な報連相の対応を最優先したうえで、納品の単純労働時に他のタスクを考えることだ。

ビギナーのドライバーや質の悪いドライバーは報連相を後回しにする傾向があり、頑張って納品してるから、納品が間に合わないから、という身勝手は通用しない。

そういったマルチタスクが苦手な配送ドライバーには共通点があり、配送現場に慣れてきた頃合いで高い確率で仕事上のクレームを起こし、荷主様や取引先から出入り禁止を食らうドライバーも現実に存在する。

荷主様や取引先が出入り禁止にするほど嫌っている軽貨物ドライバー像は、決して、仕事で失敗をするドライバーではない。

嘘をつく、言い訳をする、誤魔化す、謝れない、慣れると言葉使いをわきまえない、遅刻をする、という身勝手な人物像であるのは言うまでもない。

配送現場で友達感覚のような人間関係の慣れも危険である。

軽貨物配送会社の所属先が異なるドライバー同士が現場で知り合って仲良くなり、会社の許可なく直接のやりとりをしたり、指示がないのに個人間でLINE交換するなども当然ながらタブーである。

軽貨物ドライバーは個人情報や会社の機密に触れる仕事でもあり、業務上で知り得た情報は様々に守秘徹底することが求められる。

当然、ドライバーの運賃単価や料金面などを軽々しく社内外のドライバー同士が一回でも会話をすれば、漏洩、営業損害請求のペナルティも当然あり得る。

荷主様や元請け会社様の解釈や認識に大きな違いが生まれると、最悪の場合、企業全体に大きな損失が生じるミスを犯しことになる。

個人事業主ドライバーは基本的に個人で戦う職業であり企業による肩書きがあるわけではない。

今まで社員雇用で企業に守られて指示待ちに慣れている状態なら、その染み付いた慣れは絶対的に一旦クリアしなければならない。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!