凡人の軽貨物ドライバーと偉人の軽貨物ドライバーの違いは卓越されたモチベーションの維持方法をブログで語る。

軽のパワーリフト車 【軽貨物運送の検証ブログ】個人事業の実態

荷主企業様に課題がなければ軽貨物配送のニーズなどない。配送の課題は倉庫や配車など現場ごとに原因があり、放置せず、手を付けられないほど課題が慢性化する前に一つ一つの課題に対策をし、問題点を潰していける率先者ドライバーがいなければならない。

こんなもんだ、仕方ない、自分には関係ない。

仕事方針の甘さでもある「事なかれ主義」は個人事業主の事業展開と事業売上を足踏み状態に追い込みます。

これは軽貨物配送ドライバーの仕事や事業でも当てはまることだと私は考えます。

これから個人事業で軽貨物ドライバーになる人は、考えの甘いドライバーファーストで身勝手に働くような癖は付けずに、きちんと社会の中で安定的に自営ができる闘う軽貨物ドライバーを目指してみるのも悪くはないでしょう。

ヒト、モノ、カネ、そして情報を潤沢に持たない個人事業主や中小零細の事業者にも関わらず「要領よくやろう」「見返りがあるはず」と自分に言い聞かせ、自身の中の実力の弱い部分を棚にあげた慣れと運任せの「取り敢えず」で働いている業務委託の軽貨物ドライバーを見かけます。

そういう思想では何年懸命に頑張って配送の経験を積んでも、本来あるべき個人事業主のメリットを活かして安定的に稼げるプロ自営の軽貨物配送ドライバーになることはできません。

タチの悪い軽貨物ドライバーの典型例ですが、仕事がろくにできないと言われるようなドライバーが多い配送現場でミスが増えるのは「慣れ」によるものだと考えられます。

報連相の怠り、言い訳、誤魔化し、嘘、は仕事能力の弱い軽貨物ドライバーの慣れから始まっていると言って過言ではないでしょう。

プロ意識の弱い軽貨物ドライバーは1、2ヶ月ほど仕事現場に慣れ始めると効率化を許可なく身勝手にしていくわけですが、手を抜き始めているだけのことです。

軽貨物配送という仕事に性質上、自身のストレスバランスの安定を考えながら手を抜いていいところと手を抜いては駄目なところの見極めも大事ですが、プロである限り、そのポイントは押さえなくてはなりません。

誰かが言った、誰かに言われた、は個人事業主の業務請負で通用しません。

error:Content is protected !!