一社依存して信頼度を高めることに注力することは個人営業する軽貨物ドライバーにとってリスクではない。

千葉県の軽貨物|個人事業主

個人事業主の軽貨物ドライバーが成長していくためのリスクは居心地が良くなった配送現場に居座ることと担当する仕事のマンネリ化である。

安定をどう求めるか。

個人の業務請負で働く軽貨物ドライバーには本業のドライバーと日雇いのフリーランス風ドライバーが存在する。

配送の仕事上でやっていることはほぼ一緒だが本業なのか副業や腰掛けなのか働く姿勢一つでクライアントから得られる信頼は大きく変わる。

副業が悪いわけでもなく副業ドライバーだからといって配送の仕事に落ち度が出やすいと決めつけるわけでもないが、ドライバー自身が副業であろうともクライアントの事業は本気の本業であることが大半なのでフリーランス風で働く人間と本気の本業で働く人間が働いている意識のギャップには要注意となる。

継続取引の場合は仕事を通じてクライアントや取引先に少しずつ信頼されながら自分自身が目指す働き方やお金の稼ぎが完成し、そして互いに信頼して良好な人間の関係が成立する。

極論、本業ドライバーの場合はお金を多く稼げる仕事案件であろうとも同時に信頼を稼げないならその仕事はやる意味がないと判断する。

私自身も例外ではなく、請負運賃のお金についての大小など極論で言うとせこい話はどうであれ、その仕事で自分が本当に必要とされているのか、自分が期待されているのか、その仕事を請負するかの検討材料で最重要課題にする。

誰でもいい仕事は請負したくないし、自分よりも運賃の安い業者がいるならばそれでよいし、自分が提案する運賃が最安値ならそれでよい。

時々思うが受注する側が信頼感を重んじていても仕事を発注する側がコストダウンのことばかりが頭にあるならば信頼感なんて二の次になる。

そういう状況下の配送現場は妙に雰囲気が暗くて仕事の質も妙に悪いのは言うまでもない。

error:Content is protected !!