馬鹿にしている軽配送ドライバーの募集と実態、軽貨物ドライバーが働いた分だけ稼げるのは当然である。

軽配送ドライバーの人材派遣と委託
広告
広告

軽貨物配送のドライバー求人広告を見ると募集ばかり出しているピンハネが実態の軽貨物運送会社の実態と現実が酷い。

社員雇用ではなく業務委託で契約しておきながら社員スタッフのようにドライバーを従業員と呼んでいたり、軽貨物の車を加入ドライバーにリース購入で契約させてドライバーが逃げないように首輪をつないで十字架を背負わせて働かせるケースもあります。

嫌でも辞められない、転籍もできない、というように縛られます。

巷の軽貨物配送会社はチャンスだとか煽り軽貨物ドライバー募集と言う感じの実態は人手不足ではなく、手数料ピンハネできる下請けドライバー業者を探しているだけなのが現実です。

確かに、荷主企業や大手元請け運送会社は本当にドライバー人材不足かも知れませんが、それにぶさらがる多くの下請け軽貨物配送会社は人材不足ではなく売上不足でドライバー人材を募集しているだけでしょう。

なので、社員やバイトではない下請けの業務委託ということになります。

仕事あればどうぞお願いします、仕事がなければ待っててください。居ても居なくても大丈夫です、という流れです。

で、安定を求める多くのドライバーさんを、一個届けてお駄賃いくらという感じの扱いで元請けの最大手運送会社のドライバーかのように変装させて、ドライバーを派遣するかのように車付きで配送現場に送り込みます。

本来、そういう違法な感じの二重派遣での宅配便の仕事を好む人ならば、最大手運送会社の直接雇用で働けばよいだけの話ですが、詳しくはわかりませんし、訳も色々あるのでしょう。

悪徳と言われている軽貨物配送会社では軽貨物車を無料で貸し出しすると言いながら、実際にはドライバーの労働料金から通常以上の手数料マージンをピンハネしているところも存在しています。

error:Content is protected !!