馬鹿にしている軽貨物運送業のドライバー募集と仕事の実態。軽貨物のドライバーが働いた分だけ稼げるのは当然である。

軽配送ドライバーの人材派遣と委託個人事業主

軽貨物運送業のドライバー求人を見てみると業務委託でのドライバー募集をインターネット求人サイトや掲示板やSNSで出している運賃ピンハネが実態の利用運送の軽貨物配送会社による多重下請け問題や仕事マッチングサイトの評判は知る人ぞ知る手数料ボッタクリの酷いレベル。

法人の軽貨物運送会社では社員雇用ではない業務請負で仕事をするドライバーさんを外注での業務委託契約をしておきながら、あたかも社員スタッフかのように外注先の業務請負ドライバーを従業員と呼んだり、社員雇用ドライバーではない下請けのドライバー業者を自社のネットワークだとか誇張してドライバーさんをマウンティングするかように言い、対外的に見栄を張って台数規模を妙に大きく見せようとする運賃ピンハネ系の荷物を運ばない軽貨物運送会社や金集めの組合やFCなども存在しているとよく聞きます。

そういう運賃ピンハネ系の軽貨物配送会社では仕事をドライバーさんに紹介する条件として業務で使う軽貨物車を毎月4万も5万もの高額の悪徳リースをさせたり、求人募集で集まってきた新人ドライバーには車両リース残の十字架を背負わせつつ逃げないように縛り、仕事を丸投げして責任を負わすといった悪徳商法的な実態も現実にあったりします。

仲間だとか胡散臭いことをドライバー募集でアピールするような怪しい軽貨物会社もあり、オラオラ系の高圧的な言葉が飛び交うレベルの軽貨物運送会社などと個人事業主の業務委託ドライバーへのイジメ問題も未だにあると聞きます。

もちろん、数は少ないですが規模重視ではなく紳士的で信頼関係を重んじる真面目な現役ドライバー経営者が運営する軽貨物運送業者もあります。

軽貨物業界の現実は大手と言われていたり台数規模が多いところほど運賃ピンハネ思考が強い業者が多いため、規模や名前で寄ってくる新人ドライバーは騙されやすいと言われています。

名のある法人の軽貨物運送会社はどこもかしこも稼げる金額は同じレベルで大差がないので、軽貨物運送会社の経営者本人の志一つで怪しい業者なのかは直感できます。

経営者がネットワークなどと他力本願なことを言い出す感じの怪しいところで働く加盟ドライバーは鴨ネギ状態でしょう。

また、元ドライバーみたいな経営者は経営や経済の勉強をせずに自分の経験だけで事業運営しているケースが多く、単に委託ドライバー募集を繰り返し、委託ドライバーに仕事をさせて運賃をピンハネして利益を出すのが狙いなだけです。

そういった軽貨物運送会社の経営者は配送をせずにハンドルを握りませんので直ぐ見分けがつきますが、委託ドライバーがこの先に自営できるようには育てません。飼い犬のように育てます。

軽貨物車のハンドルを握っていない経営陣のところに配属するのは避けた方が良いと言われています。

ドライバー募集ばかりしている軽貨物の運送会社では、仕事があるあると未経験の新人ドライバーを掲示板やSNSで募集しながらも、多重下請け構造、現実はキツくてやり手がつかない大手ネット通販の宅配便とか弁当の出前みたいな日雇い風の配達仕事を右から左に流し、その委託ドライバーさんが働いた運賃をピンハネするパターンです。

なお、軽貨物運送会社の経営陣が現役で一緒になって走っている会社ならば手数料マージンの理解や意味合いもありますが、毎日、机に向かってパソコンやスマホを弄っている経営陣がいるような軽貨物配送会社への専属はかなり微妙です。

問題なのは、仕事を右から左に流し、軽貨物運送の会社であるにも関わらず、経営陣が元ドライバーみたいな感覚で物を言い、配送ドライバー業務を全くしていない責任者がいるような軽貨物運送会社は、裏では、頑張る軽貨物ドライバーさんを金や商品と見ているだけなのです。

中には、事業拡大だとか訳の分からないことを言いつつ、蓋を開けたら、やり手がつかない大手ネット通販の配達や宅配便会社の下請けや孫請け仕事の横流しだったりします。そんなことは事業拡大でもなんでもありません。

もちろん、フリーランスのバイト感覚ドライバーのように自分さえ良ければいいという感じで短期のお金を稼ぐだけならそういう感じで十分です。

しかし、本業として個人事業主になる以上はお金の稼ぎと気持ちと健康もキープしなくてはいけませんし、真面目に中長期で安定稼働できそうな配送案件で活躍できる状態に自分がスキルアップして成長していくことを考えていくべきでしょう。

車が無くても大丈夫とか誇張してドライバー募集をし、業務委託ドライバー契約で加盟させ、高額な新車の軽貨物車を未経験者ドライバーや新規加入ドライバーに高値のリース購入で契約させたり、中には、事故車のような二束三文の軽貨物車を割高でレンタル契約させたりもします。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!