馬鹿にしている軽貨物運送業の募集と実態、軽貨物ドライバーが働いた分だけ稼げるのは当然である。

軽配送ドライバーの人材派遣と委託個人事業主

軽貨物運送業のドライバー求人広告を見ると業務委託のドライバー募集広告をインターネットやSNSで出している運賃ピンハネが実態の軽貨物運送会社による評判は酷いレベル。

法人の軽貨物運送会社では社員雇用ではなく業務委託でドライバーさんを外注契約しておきながら、あたかも社員スタッフかのように外注の業務請負ドライバーを従業員と呼んだり、そういった社員ドライバーではない下請けドライバー業者を自社のネットワークだとか誇張してマウンティングするかのように扱い、対外的に台数規模を大きく見せようとする軽貨物運送会社の組合やFC、軽貨物車のリースやレンタルなどでも悪徳商法的な実態も結構あったりします。

オラオラ系の高圧的な言葉が飛び交う軽貨物運送会社やイジメも未だにあり、紳士的で信頼を重んじる真面目な現役ドライバー経営者が運営する軽貨物運送会社もあります。その軽貨物運送会社の経営者の目の色や志で実際にどうなのかは直感できることでしょう。

また、ドライバー募集ばかりしている軽貨物の運送会社は、仕事があるあると未経験の新人ドライバーをネットやSNSで募集しながらも、その現実はキツくてやり手がつかない大手ネット通販の宅配便とか弁当の出前みたいな日雇い風の配達仕事を右から左に流して、そのドライバーさんが働いた運賃をピンハネするパターンだったりです。

問題なのは、仕事を右から左に流し、軽貨物運送の会社であるにも関わらず、自身は元ドライバーみたいな感覚だけで物を言い、配送ドライバー業務を全くしていない責任者がいるような軽貨物運送会社では、裏で、頑張るドライバーさんを金や商品と見ているだけです。

中には、事業拡大だとか訳の分からないことを言いつつ、蓋を開けたら、やり手がつかない大手ネット通販の配達や宅配便会社の下請けや孫請け仕事の横流しだったりします。そんなことは事業拡大でもなんでもありません。

もちろん、フリーランスのバイト感覚ドライバーのように自分さえ良ければいいという感じで短期のお金を稼ぐだけならそれで十分です。

しかし、本業としては個人事業主になる以上はお金の稼ぎと気持ちと健康もキープしなくてはいけませんし、真面目に中長期で安定稼働できそうな配送案件で活躍できる状態に自分がスキルアップで成長してなることを考えていくべきでしょう。

車が無くても大丈夫とか誇張してドライバー募集をし、業務委託ドライバー契約で加盟させ、高額な新車の軽貨物車を未経験者ドライバーや新規加入ドライバーに高値のリース購入で契約させたり、中には、事故車のような二束三文の軽貨物車を割高でレンタル契約させたりもします。

このように新規加入ドライバーが配達の仕事から逃げないよう首輪をつないで十字架を背負わせて働かせるといった悪徳とも言える契約縛りをしている法人格の軽貨物配送会社も未だにあります。

勿論、それでやらせる仕事は経験者ドライバーの多くが嫌がる大手ネット通販の宅配便やネットスーパーの仕事ばかりです。

新人で未経験の軽貨物ドライバーが軽貨物車のリース商法にハマると、自分が担当した仕事案件を嫌でも辞められない、配属先の転籍もできない、というように数年間はブラックな環境で辞められずに仕事で縛られます。

error:Content is protected !!