個人事業主の軽配送ドライバーの労働時間は誰が決めるのか、社会的ルールを守らない法人の軽貨物配送会社に於ける問題点。

千葉県で軽貨物の労働時間 【軽貨物運送の検証ブログ】運送業

トラックドライバーを拘束できる時間は基本的に1日13時間。最大でも16時間です。もちろん、最大で16時間とか走らせて良いわけではありません。

個人事業主の軽貨物ドライバーの多くが、労働について社会的なルールを守らずに働いてしまっているのが現状でしょう。

気がつけば業務委託契約など名ばかり、二重派遣に偽装請負が罷り通っていること多々もあります。

[アシックス] 安全靴/作業靴 ウィンジョブ CP302 JSAA A種先芯 耐滑ソール αGEL搭載
ワーキング 安全靴/作業靴 ウィンジョブ CP302 JSAA A種先芯 耐滑ソール αGEL搭載 ホワイト/ホワイト 22.5が安全靴・作業靴ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

当然のことですが、社員ドライバーではない個人事業主ドライバーだからといっても1日何十時間働いても良いということではありません。

労働違反の仕事を軽ドライバーにさせているような利用運送などの配送会社は労働基準監督署から指導が入るなど、場合によっては処分の対象となるでしょう。

現実的に過労の事故も起きています。

もちろん、運転ドライバーの仕事で居眠り運転は絶対ダメなことくらいはみんな分かっていることでしょう。

しかし、運転の労働時間を守るとはそういう単純なことではありません。

千葉県の軽貨物は日本シフター産業シフタープロ軽貨物便の専用フォームメール、電話09044382204、ファックス0474037670、メールorder@shifter-japan.com、までご依頼ください。都内、埼玉県、神奈川県の軽貨物チャーター配送も常時承っております。

専用フォームメール

お名前
フリガナ
会社名
メール
電話番号
住所
相談内容
詳細入力

※は必須事項です。

 

運送業
シフタープロ軽貨物ブログをシェア
千葉県の軽貨物配送専門店が語る!軽貨物運送検証ブログ
千葉県での緊急配送の受付
error:Content is protected !!