千葉県で黒ナンバーの軽配送ドライバーが請けるべき案件、請けてはならない利用運送会社のふざけた案件をブログで語る。

千葉県で軽貨物業界の悪い噂 【軽貨物運送の検証ブログ】個人事業主

個人事業主の軽貨物ドライバーとして生き抜くには相応の経験を積んでいく姿勢が必要ですが、反して、御用聞きドライバーとして個人事業主ドライバーを社員のように働かせる配送会社も多いのが実態。

月50万以上とか、月70万以上とか、初心者でも大丈夫、営業不要などと嘘に限りなく近い誇大な軽ドライバー委託での求人広告を未だに見かけます。

  1. 担当エリアの土地勘が完璧である。
  2. 軽配送の経験が数年以上はある。
  3. 俗に言う、おいしい案件である。
  4. 稼働時間が10時間越えである。
  5. 一日3つほどの案件を組み合わせ。

事実上、額面で条件をクリアするにはサラリーマンのような寝る時間はほぼありません。

しかも、ドライバー運転稼働の労働許容時間を超えてしまいます。

また、口で案件を組み合わせるといっても、軽配送の需要は、次への案件など一つ一つの現場から移動する時間の兼ね合いもあり、結局のところ軽配送ドライバーのビギナーに「良い案件」は巡ってきません。

配車マンの不平等な気分次第で軽ドライバーの仕事稼ぎは決まってくることもあるでしょう。

俗に言う「良い案件」は大手運送会社の場合は社員ドライバーが担当します。

元請けや一次請の場合は、その配送会社自体のドライバーが自分で請けます。

そして、多くの個人事業主ドライバーにはなかなか「良い案件」は回ってこないでしょう。

集荷場所が遠かったり、拠点から遠いところで終える案件だったり、でしょう。

燃料代も時間も高効率ではない案件です。

自分はこれでいいんだという方も居ますし、ハングリーさも人それぞれなので正しい答えはないにせよ、悪い案件よりも良い案件の方が安心なのは言うまでもありません。

尚、実態を知ってる軽配送の経験者になると、大手スーパーやネット通販の「宅配」配送業務を請け負っているような配送会社とは取引を好まないことが大半です(だから人手不足感があるわけです)が、豊富な経験と体力と専門ノウハウを駆使しないと稼ぎへの影響や仕事も務まらないので、初心者ドライバーの多くが大手ネットスーパーやネット通販の配送業務を売り物にしているピンハネ配送業者による勧誘のようなドライバー求人にハマってしまい、苦労されてる方をよく見かけます。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!