千葉県の軽貨物シフタープロ便 統轄責任者より

個人事業の実態

軽貨物運送業ドライバーが売上を増やすための個人事業から資金を増やすための個人事業へシフトアップするための働き方。

都合よく利用され、これでは稼げない、と軽貨物運送業の業務請負で感じるようでは、価値の低い軽貨物ドライバー業者と見做される、見做されている、だけである。 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物のブログ記事を読む。
業務委託の実態

軽貨物運送の分野で成立するビジネス思考を個人事業で持続化させるために軽貨物ドライバーが犠牲にするものとは。

ビジネス思考の持続化を個人の軽貨物ドライバーはどう考えるべきか。 「個人営業はそこ大事だぞ」と教えることをしない法人格の軽貨物配送会社が目立ちます。 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物のブログ記事を読む。
個人事業の実態

自分自身では営業ができない業務請負の軽貨物ドライバーが起業して成功する為に必要なこと。

個人事業主の業務委託軽貨物ドライバーの大半が営業行動が不得意です。そのためターゲット顧客を明確にできず、労働することでお金はそこそこ稼げたとしても、月 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物のブログ記事を読む。
独立開業の実態

個人経営の軽貨物ドライバーで成功するためのポイントは、信用ではなく、取引関係者との信頼関係の樹立である。

法人格の軽貨物運送会社は営業力の乏しい個人事業主ドライバーを従順に言いなりにし、その場凌ぎで働かせて労働運賃からピンハネするだけで肝心な営業力の築き上 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物のブログ記事を読む。
個人事業の実態

独立系の軽貨物ドライバーが強みを最大限に発揮するために自営する不死身力をブログで語る。

独立系の軽貨物ドライバーさんの中でも上手に稼いでいる人と苦戦している人がいます。苦戦している人の原因はまさにそのドライバーさんの人間性である。 安定 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物のブログ記事を読む。
個人事業の実態

個人の軽貨物運送業ドライバーが配属して付き合ってはいけない法人の軽貨物配送会社とは。

フリーランス軽貨物ドライバーのように一生下請けの仕事人生みたいな感じで働いて、ああでもない、こうでもない、と一喜一憂している個人事業主が軽貨物運送業界 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物のブログ記事を読む。
仕事案件の実態

なんとなくタブーではなく、完全にタブーとされている業者ドライバー同士による請負金額の会話は雑談では済まされない責任を負う。

どこの配送現場でもあるあるの話ですが、委託ドライバー同士で請負案件のカネの話をしてしまうレベルの個人事業主ドライバーは荷主企業や取引関係者から信頼され ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物のブログ記事を読む。
独立開業の実態

軽貨物配送の仕事を事業化させる際に必要とするべきドライバー人材のタイプと組織の理想をブログで語る。

軽配送の職種のような少数精鋭だからこそ成功できる業態の事業組織では、協調型、歯車型、自主行動型、牽引型、4つの人材タイプの必要性をリーダーが理解し、育 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物のブログ記事を読む。
個人事業の実態

仕事人生を思う存分に楽しんで生活する個人事業主軽貨物ドライバーに必須となるのは、結局のところ、高い営業スキル。

軽貨物配送というニッチの業界でも営業力の高いビジネスパーソンには様々な共通点が存在し、営業リスクやコストに対するリターンについても事業展開させる内容に ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物のブログ記事を読む。
個人事業の実態

荷主企業様の置かれた状況や制約条件を知ろうとする姿勢のない業務委託ドライバーは淘汰される。

この配送ドライバーは信頼できる、この配送ドライバーと付き合うとメリットがある。軽貨物配送の業務請負で仕事受注の決め手となるのは企業看板ではなく完全に「 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物のブログ記事を読む。
error:Content is protected !!