軽貨物配送専門店ブログ

ドライバー教育など信じない

軽貨物委託会社でドライバー教育をアピールしている会社を見かけると虫唾が走る。 そんな教育は自社の奴隷作りに過ぎない。 無論、仕事社会は学校では無いので自ら人に学んだり自ら人に教えたりする姿勢はヒントを齎すのでとても大切なことだが営利を目的とする軽貨物委託会社がドライバー教育をきちんとしていますなどと
軽貨物配送専門店ブログ

取引先の物流変革意識を見抜く

5年間ほど私が担当させて頂いているTC倉庫の物流現場で3PL物流会社の社員さんと会話をしていて感じたことだが人数をそこそこ抱えた運送会社や物流会社ほど変革をすべきと思われる。 大手企業や中堅会社特有の赤字経営でも食っていけるスタンスが従業員に染み付いているので会社変革の意識が薄いのは言うまでもないが
軽貨物配送専門店ブログ

軽貨物ドライバーが成長できる仕事案件

当店のような地場系で全国では名の売れていない軽貨物の運送業者は千葉県内だけでもゴロゴロと多く存在するが、ここ最近で気になっている存在は軽配送業界ではガリバー的である〇帽さんと〇ーパー〇ーゴさんの加盟系ドライバーの人たちである。 良い部分は見習いたいとは感じる。 私も昔は荷主としてちょくちょく〇帽さん
軽貨物配送専門店ブログ

配送の仕事はおまけであるべき

業務請負の軽貨物ドライバーは身体を動かして軽貨物車を運転して荷物を預かって運送や配送をするだけでお金が稼げる職である。 それなりに頭を使うなどという次元の声もあるが私はそうは思わない。学生の頃に勉強が苦手で俗に言う馬鹿と呼ばれていた頭の悪い人でもできる仕事である。 ただし、頭は悪くても構わないが、報
軽貨物配送専門店ブログ

自分の軽貨物運送事業が成り立つ定義

私の軽貨物運送事業にとって成功の定義は少しのお金と少しの権力と少しの人間関係と少しの社会的影響力を持つことによって大きな幸せを感じることである。 大金持ちになる必要もなく別に超贅沢な暮らしを求めてもない。儲ける必要もなく実力で稼げばいい。 軽貨物ドライバーのような世間でいうエリートではない社会人は時
軽貨物配送専門店ブログ

なぜ宅配ドライバーは報われない時代になったのか

どうして宅配系の委託ドライバーは頑張っても報われない時代になってしまったのか。 昔の仕事で昭和から平成にかけて全国出荷で取引していた〇〇通運や〇〇急便や〇〇〇運輸の担当ドライバーさんなんかは一昔前の話だがそこそこな額を稼いでいたような記憶もある。 当時、デイリーに事務所や倉庫へ荷物の集荷に来てくれる
error: Content is protected !!