独立開業

本職の軽配送ドライバーは新しい案件の挑戦を習慣化すれば必然的な挑戦行動により仕事が気楽になる。

定期案件で毎日同じ軽配送の仕事を5年10年していてもプロドライバーにはなれません。反面、苦労する新しい案件への挑戦を習慣化できれば1年ほどの短期間でも必然的に挑戦行動が心技体で ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
チャーター便

軽配送ドライバーが効率良くお金を稼ぐ方法は社会人としての自覚と仕事案件を選り好みしない才覚を身につけること。

個人事業主の軽配送ドライバーとなり、自分で生計を立てて自立するには自分が社会人であることを認識しなくてはなりません。 私は軽貨物配送ドライバーのレベルは長年の運送経験よりも、 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

中高年からできる軽貨物の配送ドライバー、配送仕事へのモチベーションを高める方法とブログでの備忘録をブログで語る。

個人事業主の軽貨物配送ドライバーとなって覚えて身に付けるべき大事なことの一つはモチベーションの維持と言えるでしょう。 ブログでも何度か書いていますが、軽配送の仕事をする人たち ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

軽配送の配達仕事はどんな人に向いているのか、仕事への責任感がドライバーには必要不可欠である。

経験者の軽貨物配送ドライバーであろうとも新しい案件の研修は、企業に新入社員となって新しい仕事に転職するような状態。 軽配送仕事が稼げるとか稼げないとか語ったり情報が溢れていま ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

個人事業主の軽配送ドライバーの質とマナー、外見と服装と言葉使いと愛想は最重要である。

軽貨物配送のスキルを勘違いしているドライバーも見受けられます。荷主様にとって配送員に求めるべき大事なことは、土地勘があることでもなく、数を多く配達できる技能でもありません。 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

軽貨物の闇案件に迫る、あなたの定期案件は客先常駐と多重請負と偽装請負のコンボである。

都内の配送仕事案件を参考にしながら軽貨物配送業界の労働雇用の仕組みと偽装請負の闇を調査しています。 軽配送のドライバー求人の業務委託で、勤務地が「東京23区」のように曖昧な書 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
チャーター便

ニッチな軽貨物配送の狭い業界での法人営業と個人営業の手法を考える。

軽配送のブログを書いていてつくづく思うのですが、営業が嫌だから、営業は未経験だから、営業は苦手だから、というような理由で軽貨物ドライバーに転職しようとしているならば、それは動機 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

軽貨物のSNSや動画で守秘義務を守らない低レベルなフリーランス風の軽貨物ドライバー、友達にも身内にすら話してはならぬ仕事情報と個人情報。

法人会社の経営を携わっていた人は無形財産の重要性も理解しています。個人事業主の軽配送ドライバーは納品仕事の個人情報も当然のことだが、ブログやSNSやYouTube動画で自分の仕 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

馬鹿にしている軽貨物運送業の募集と実態、軽貨物ドライバーが働いた分だけ稼げるのは当然である。

軽貨物運送業のドライバー求人を見ると業務委託のドライバー募集をインターネット求人サイトや掲示板やSNSで出している運賃ピンハネが実態の軽貨物運送会社は評判はかなり酷いレベル。 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
チャーター便

知識が知恵となる年齢層のシニアドライバー、千葉県で軽配送の仕事で活躍が期待できる軽貨物のミドル層ドライバーをブログで語る。

軽配送ドライバーの技術屋さんは素晴らしい。 私は、異業種で長年、海外企業との輸入貿易をしてきた経験もあるためか日本人は異様に商品やサービスを評価する視線の厳しさがあるというこ ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

軽貨物の仕事中にタバコの喫煙、荷物や伝票をタバコ臭くする非常識で論外なドライバーの存在をブログで語る。

黒ナンバーの車両に乗って軽貨物の配送仕事をされる方には個人ドライバーから法人成りしたような商売っ気あるドライバーもいれば、異業種の会社経営から個人成りをしたような堅実に実運送す ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

千葉県での軽貨物配送会社によるピンハネとストックビジネスが業務請負の個人事業主ドライバーを貧しくする。

千葉の軽貨物配送業界で毎日頑張る個人事業主軽貨物ドライバーの労働環境を悪くしている悪癖があります。そう、稼げますと煽る軽貨物配属会社による無責任なドライバー募集。 軽貨物配送 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

軽貨物配送の仕事はきつい、千葉県で軽貨物配送の専門店が考える軽配送ドライバーになる資格と能力。

軽貨物配送の仕事は成功者になろうとするのではなく、価値のある人間になろうとしている人に向いている仕事だと考えられる。 軽貨物配送の仕事に興味があるが、自分の性格や自分の生活に ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

個人営業の軽貨物ドライバー業者は、御用聞きに徹することと意見を言う意識を両立する能力が必須である。

軽貨物配送の仕事をする人の中には、人付き合いが苦手だからとか、集団生活のような環境が嫌だとか、良くも悪くも、自分の性格が一般社会の営業や事務仕事に馴染めなかったというケースで軽 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

軽貨物ドライバーの言葉使い、紳士なドライバーと輩ドライバーと中高年ドライバーの良し悪しをブログで語る。

軽貨物配送は荷主あっての仕事です。荷主の大事な商品をお客様にお届けする仕事です。荷主は自分の大事な商品を配達するドライバーが日雇いでどこの誰だかわからなくても大丈夫とは言わない ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
チャーター便

荷主は本業ではないフリーランスや副業レベルの軽配送ドライバーに不信感、大事な軽貨物の配送は本業に任せるのが当然である。

荷主側の物流費削減は倉庫や配送を請け負う事業者のコスト増につながるのは言うまでもありません。物流業者全体の中で、本業の軽貨物配送業者は何をどう考えて営業行動するべきか。 軽貨 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

軽配送の独立開業は慎重に、ピンハネ軽貨物の配送会社を通じた定期の請負は法律違反の二重派遣や偽装請負の可能性がある。

個人事業主の軽貨物ドライバーが仕事する業務委託契約の重大な問題は、配属の配送会社から定期で請ける仕事が二重派遣を偽装請負している法律違反には要注意。 仕事をしている社会人なら ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

元エリート達が取り戻すべき過去の虚像、軽配送で巻き返すパワーのあるシニア層とミドル層の軽貨物ドライバーみんな頑張れ。

軽貨物配送の仕事で東京都内のビル内オフィスへ荷物を納品する際、エレベーター内のミラーで自分の姿をふと見たとき、自分の格好や姿に違和感と危機感を感じました。ミドル層やシニア層 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
チャーター便

千葉県で軽配送の法人経営する軽貨物ドライバー、自営業ではない組織の一員として取り組むスタンスの重要性をブログで語る。

個人事業主のドライバーとは異なる軽貨物配送の会社経営と事業運営。軽貨物配送を取り扱う会社法人は、会社規模を問わず、その経営者の人望と人柄で取引が成り立っていると言って過言ではな ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

軽配送の組織行動学を考える千葉県地域密着型のシフタープロ軽貨物、グループではない少数精鋭のチームワークという大切さをブログで語る。

千葉県でも個人事業主の軽貨物ドライバーは自己中心的でなければ生き抜いていけません。巷では自分の売上至上主義でチームワークもグループワークも意識しないような軽貨物ドライバーが ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

軽配送ドライバーは疲れ、軽貨物の仕事における睡眠、休息、食事、姿勢、運動での疲労対策で肉体的疲労と精神的疲労と神経的疲労をブログで語る。

黒ナンバーの軽貨物車に乗る個人事業主の軽貨物ドライバーは身体が資本です。風邪などの健康管理ができない人は論外ですが、社会人として「疲労をためない働き方」「疲労をためない稼ぎ方」 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
チャーター便

千葉県で軽配送の仕事を始める際の車選びを侮るな、軽貨物車は冷蔵車と冷凍車ならば事業用として幅広い仕事案件に対応できる。

冷蔵配送の軽貨物や幌車配送の軽貨物など、軽貨物運送の仕事をこれから始めるなら、軽トラックの平ボディ、ワンボックス、幌車、冷凍冷蔵車、軽貨物車の車種はどれがいいのか。私用でも使い ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

軽貨物の会社経営ドライバーは教育者である必要性、軽貨物配送ドライバーの仕事に誇りを持つ心強さが大事である。

軽貨物運送ドライバーのタイプで、スポットやヘルプ専門の軽貨物ドライバーのようなマルチ型ドライバーの人材育成が軽運送事業でとても重要です。 軽貨物の仕事以外の職種を問わず、学ぶ ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
チャーター便

千葉の軽配送で頑張る gennemun driver 、スポットやチャーター案件を熟せる軽貨物ドライバーは淑女的や紳士的であるべき。

軽貨物配送ドライバーは服装も身なりも仕事。レギュラーではなくスポットやヘルプ専門で毎日活動していると臨機応変、服装身なりも注意します。 軽配送の仕事は個人宅や企業へ商品などの ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
チャーター便

軽配送の仕事はお客様サービス優先主義が基本、軽貨物ドライバーは少数精鋭部隊なら稼ぎも安定する。

軽貨物ドライバーの実務を毎日していると、街で黒ナンバーの軽貨物車を見かけることがありますが、初心者マークをつけながら業務をしているケースも見かけます。酷い話です。 軽貨物ドラ ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

千葉県で軽配送業者が協力関係を築く条件、腰を据えた地元密着型の軽貨物運送業者は素晴らしい。

軽貨物業界の仕事でもプロパーの立場とベンダーの立場を理解して業務をわきまえる必要があります。ビジネスモラルとしてはプロパーもベンダーも関係がなく、シェアしながら、一丸となって業 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

個人事業主の軽配送ドライバーの労働時間は誰が決めるのか、社会的ルールを守らない法人の軽貨物配送会社に於ける問題点。

トラックドライバーを拘束できる時間は基本的に1日13時間。最大でも16時間です。もちろん、最大で16時間とか走らせて良いわけではありません。 個人事業主の軽貨物ド ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

軽配送業界の現状と千葉で軽貨物ドライバーが働く姿勢、軽配送のワークシェアリングを考える。

軽貨物配送ドライバーの仕事は、身体を動かして「なんぼ」の世界。社会全体から見ると軽ドライバーの稼ぎ方は大変効率が悪く、チョロチョロ動いているだけと思われても仕方ありません。 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

千葉県で黒ナンバーの軽配送ドライバーが請けるべき案件、請けてはならない利用運送会社のふざけた案件をブログで語る。

個人事業主の軽貨物ドライバーとして生き抜くには相応の経験を積んでいく姿勢が必要ですが、反して、御用聞きドライバーとして個人事業主ドライバーを社員のように働かせる配送会社も多いの ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

人間力のある千葉の軽配送ドライバー、軽貨物の仕事は自分の稼ぎとお金だけではないことを知っておく。

千葉で軽貨物配送の仕事経験者の中でも、強い人間力を持ったドライバーも居れば、人間力を持たないドライバーも居ることでしょう。 個人事業主であれ、会社経営者であれ、軽ドライバーな ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

千葉県で頑張る軽配送ドライバーの質と愛想、東京都や埼玉県や茨城県など近郊他県の軽貨物ドライバーと比較する。

千葉県で軽貨物配送の仕事をしていると、ネットスーパーの配達ドライバーや、通販などの宅配ドライバーの愛想のよしあしが気になります。 20年ほど海外企業とのミーティングや日本全国 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

軽配送の仕事、企業としてログ管理できないLINEなどのアカウントでドライバーの個人アカウント使用は禁止すべき。

ビジネスマンや営業マンの世界では常日頃に意識を高めている情報漏えいの管理ですが、請負の軽貨物ドライバーによる個人情報保護と会社機密保持の意識は無いに等しい。 軽貨物ドライバー ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

軽配送で酷使する軽貨物車、軽貨物運送業のドライバーは車の整備やベルト交換やダイナモ交換やタイヤチェーン装着の知識も必須である。

軽貨物車に乗る軽貨物ドライバーの悩みの一つが車の整備。オイル交換やタイヤ交換だけでなく、ベルト類やダイナモやバッテリーの状態なども常日頃からチェックしておくべきでしょう。 軽 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

千葉県で軽貨物の仕事でスポット案件やヘルプで活躍するプロドライバー、仕事種類の経験が少ない定期の軽配送ドライバーは使えない。

スポット専門の軽貨物配送ドライバーは定期のドライバーとは異なり、マルチに相応の経験値が求められます。毎日、頭をリセットした切替の行動計画が必要。 軽貨物の仕事でスポット専門案 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

千葉県の軽配送ドライバーとシェアリングエコノミー、個人事業主の軽貨物ドライバーの立ち位置を紐解く。

シェアリングエコノミー。千葉県で私たちが実運送する軽配送の仕事でも、運送会社のパートナー同士や元請けや一次請けなどの間で、事実上、軽ドライバーをシェアしていることが多々あります ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

千葉県での軽貨物ドライバーの求人、軽貨物の事業で新規参入を目指すか新規開業を目指す意向とすべきかブログで語る。

千葉県には15,000ほどは軽貨物配送事業者(個人事業主ドライバー)が存在すると思われますが、軽運送の先発事業者でも営業地盤を確実に形成できていると限らない。 軽貨物運送業界 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

業務請負の軽配送ドライバーが儲かるわけではない、千葉県で軽貨物ドライバーの業務委託は稼げるのかブログで語る。

千葉で軽貨物配送のドライバーになるなら、社員ドライバーか、個人事業主ドライバーか。自分で荷物を運ばない軽貨物配送会社のピンハネ業者による求人募集は社員ドライバーではなく、下請け ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

軽配送ドライバーの仕事内容、千葉県のメーカーや荷主が配送業者と倉庫業者に求める条件と軽貨物ドライバーとの距離感をブログで語る。

軽配送業界の中間マージンについて正当化できるような会社があるのか、存在価値を検証しています。 個人事業主ドライバーは元請けや2次店や3次店から中間マージンを取 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

千葉県で軽配送の仕事をする上で必要なもの、軽貨物車の次に必要となるドライバーの相棒である丈夫な台車。

軽配送ドライバーの仕事で荷物を移動する台車は軽貨物車の次に必要なものでしょう。いわゆる手押し台車と呼ばれるものです。 台車はホームセンターでも種類が異なる商品 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
チャーター便

千葉県で軽配送の仕事をする社会人が自覚する3つのビジネスマナー、専門の軽貨物ドライバーが働く姿勢を考える。

社会人には3つのビジネスマナーがあります。配送や配達という納品業務をする軽貨物ドライバーは一般の社会人よりもルール厳守は問われます。 社会人は学生ではありません。社会人として ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

千葉県で優秀な配送会社、頼もしい軽貨物ドライバーでも営業心得のない軽貨物ドライバーが多い。

軽貨物運送業、個人事業主ドライバーとして仕事をしながらどの様に立ち回るべきか、目標ではなく、行動指針について自分なりの絵を描いてみることが大切です。 どんな仕事であれ、仕事を ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

千葉県の個人事業主軽配送ドライバー。手を組むべき軽貨物配送会社とビジネスパートナーとしての共存。

軽配送ドライバーの多くは個人事業主です。社長ではありませんが自分の実力で勝負する事業主。千葉県で軽貨物運送の仕事をするならビジネスパートナーはどの会社がいいのか。 個人事業主 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

軽貨物運送の料金はわかりにくい。チャーター便での軽配送の料金はいくらなのか。

軽貨物の配送料金は非常に分かりにくいです。千葉県で軽貨物運送をしている私たち自身も分かりにくいと感じてます。 軽貨物配送業界の悪いところですが、軽貨物運送業の大半は個人事業主 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

千葉県でドライバー募集する軽配送の業務委託契約と請負契約。違いを理解しない軽貨物ドライバーとピンハネの関係。

軽貨物の業界はドライバー募集ばかり目立ちますが、人材不足で困っているからではありません。これから軽ドライバーになろうとしている人は騙されないようにしましょう。 軽貨物配送の会 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
運送業

千葉県で企業専属便を軽貨物運送で請け負う個人事業主ドライバー業者の評判は、スポット便もマルチに熟す経験ある配送ドライバーの評判が格段に高い。

軽配送の仕事は大分類すると「企業専属便」と「スポット便」に分かれます。軽配送ドライバーの熟練プロ度は、色々な荷物の配送パターンを熟してきたスポット便の専門ドライバーは技能レベル ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
個人事業主

千葉でも悪徳商法と言われる軽配送の利用運送会社による営業。現在も形を変えて問題ある利用運送会社でピンハネは行われている。

軽貨物の大手運送会社が悪徳商法とも云われ続けている実態、根本は未だに改善されていない気がする。 私は25年以上、メーカーの立場で商品を物販する仕事をし、日本全国へ効率的な出荷 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

千葉エリアでの軽配送ドライバーの仕事。黒ナンバーの貨物車に乗る軽貨物ドライバーに求められる運転技術と精神力。

千葉県で軽貨物の配送ドライバー運転手に求められる能力や技能は、案件によって違うものの、乗り降りが多いことでの体力面でのキツさ、狭い路地での運転技術の重要性、安全運転への精神面で ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

千葉県にある軽配送の物流会社や物流倉庫。初心者の軽貨物ドライバーに求められる役割と責任と立場を学ぶ。

軽貨物ドライバーの多くは「荷物を運んで」稼いでいるわけですが、仕事上での立場を正しく理解しているドライバーが少ない。千葉の軽貨物配送業界の発展を考える。 軽ドライバーの多くは ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
独立開業

経済を無知な軽貨物運送会社が勘違いするインターネット通販の普及と配送。軽の貨物配送の需要はインターネット普及で高まった訳ではない。

軽貨物運送業ドライバーに丸投げ任せが目立つネットスーパーでの商品配送ビジネスモデル。もう、今の時代では既に崩壊しているビジネスモデルであろう。 軽貨物の仕事を通じて、アナログ ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
チャーター便

軽貨物車の運送業界で嘘くさい軽配送の利用運送会社。フランチャイズや組合などの嘘くさい車輌台数とネットワーク。

軽貨物配送の業界は、他社との差別化が難しいので、何故か「嘘くさい規模」で自分たちをアピールして、大きく見せようとします。 例えば、 車輌3500台以上...とか、4000台以 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。
緊急チャーター配送受付
error:Content is protected !!