ニッチな軽貨物配送の狭い業界での法人営業と個人営業の手法を考える。

千葉県の軽貨物で八千代市の運送業 【軽貨物運送の検証ブログ】仕事案件の実態

軽配送のブログを書いていてつくづく思うのですが、営業が嫌だから、営業は未経験だから、営業は苦手だから、というような理由で軽貨物ドライバーに転職しようとしているならば、それは動機が甘すぎます。

私自身も20年以上前は、ネクタイを締める仕事など全く分からず、電話の取り方、敬語、お客様との話し方、基本中のキホンが分からないところから、営業の基本を学び続けてきました。

当時、営業で右も左も商品も技術も業界もわからない状態にも関わらず、大きな展示会で一人で出展担当をしたりなど、お客様から質問で話しかけられるのが恐怖でしかなかった時代もありました。

ただ、

  • できることはやるしかない。
  • 最善を尽くすしかない。

ということを少し学んだ気がします。

シニア層で苦労して起業を成功されたケンタッキーフライドチキンの創業者カーネルサンダースさんの想いのように「できることはやれ」「やるなら最善を尽くす」という姿勢こそ、営業のニュートラルだと私は思っています。

軽配送でドライバーが儲かるなどあり得ません。

軽配送でドライバーが稼げるの事実ですが、ビジネスとして成立させることができる人に関しては、ごく僅かでしょう。

一般的なビジネスマンが考えるビジネス視点と同様ですが、自分が活動するエリアで、自分がする軽配送の仕事は、誰の何を解決するのか、その軽配送の市場から生み出される価値はどの程度なのか等々を、配送で身体が疲れる状態でマーケティングの思想を持ちながら、且つ、いくつか異なる配送の仕事を熟していくことが、成功と安定への鍵となってくると考えています。

割に合う仕事を探すような甘さで生き抜くのは無謀です。

error:Content is protected !!