千葉県で軽配送業者が協力関係を築く条件、腰を据えた地元密着型の軽貨物運送業者は素晴らしい。

千葉の軽貨物ベンダーとプロパー 【軽貨物運送の検証ブログ】千葉県の軽貨物|独立開業

人としても気っ風の良さをも持つ軽ドライバーが顧客や仲間からの評判も高いでしょう。

こういった姿勢の個人事業主軽貨物ドライバーは最強マルチ軽ドライバーになりうるので、初心者であれ、経験者であれ、プロパー風の仕事からベンダー風の仕事までマルチに熟せるようになると考えます。

稼ぎも自然に伸びるはずです。関西流のように、お金は後から付いてきます。

軽貨物の仕事で、ベンダーになるのも良し、協力会社の協力会社にてベンダーになるのも良し。継続したプロ意識を持ちたいものです。

ベンダーは正社員などプロパーとは考えが異なり、一生その仕事をしようとしていない人もいます。

ある程度の働いたら、次の職や現場へと転々とするタイプです。

軽配送の仕事を始める人は、訳ありの方も多いはずで、前職で嫌なことがあったり、仕事の悩みは人それぞれです。

それでもミドル層やシニア層で頑張っている軽貨物ドライバーも多くいらっしゃいます。

一般社会ではピラミッド型で組織が成り立っていますので、年齢層はともあれ、元請け会社の人間は「下請け」という言葉を使いたがりません。

下請けと言ったり聞くと嫌な印象を持つ人も少なくありません。

何やら「業務委託」という言葉を使うことで「下請け感」を緩和しています。

正直、年齢層は関係なく、元請けは下請けよりも偉いわけで、元請けは指示を出す側です。

しかしながら、元請けは孫請けに自由に指示は出せないルールがありますが、個人事業主ドライバーの多くは下請けの孫請け(ひ孫)です。

大手運送会社のベンダー社員が、ピンハネ配送会社である一次下請けを挟まず個人事業主ドライバーの孫請けに直接指示を出すことは下請法でグレーゾーン。実際の現場ではどうでしょうか。

毎日同じ倉庫に出向き、客先常駐で仕分けや軽貨物配送の仕事をしているドライバーもいますが、客先常駐であろうともベンダーが起こした仕事のミスもプロパーが責任を取るのが筋です。

error:Content is protected !!