千葉県で軽配送業者が協力関係を築く条件、腰を据えた地元密着型の軽貨物運送業者は素晴らしい。

千葉の軽貨物ベンダーとプロパー 【軽貨物運送の検証ブログ】独立開業

軽配送の仕事を始める人は、訳ありの方も多いはずで、前職で嫌なことがあったり、仕事の悩みは人それぞれです。

それでもミドル層やシニア層で頑張っている軽貨物ドライバーも多くいらっしゃいます。

一般社会ではピラミッド型で組織が成り立っていますので、年齢層はともあれ、元請け会社の人間は「下請け」という言葉を使いたがりません。

下請けと言ったり聞くと嫌な印象を持つ人も少なくありません。

何やら「業務委託」という言葉を使うことで「下請け感」を緩和しています。

正直、年齢層は関係なく、元請けは下請けよりも偉いわけで、元請けは指示を出す側です。

しかしながら、元請けは孫請けに自由に指示は出せないルールがありますが、個人事業主ドライバーの多くは下請けの孫請け(ひ孫)です。

大手運送会社のベンダー社員が、ピンハネ配送会社である一次下請けを挟まず個人事業主ドライバーの孫請けに直接指示を出すことは下請法でグレーゾーン。実際の現場ではどうでしょうか。

毎日同じ倉庫に出向き、客先常駐で仕分けや軽貨物配送の仕事をしているドライバーもいますが、客先常駐であろうともベンダーが起こした仕事のミスもプロパーが責任を取るのが筋です。

しかし、現実はそうではありません。

ベンダーの立場は責任ある仕事をさせてもらえない可能性もありますが、多くに現場ではそんな事はほったらかしです。軽貨物ドライバーの仕事は「自己責任」ということをゴリ押しされます。

指示系統はとても大切です。軽ドライバーは特に注意です。もちろん、自分の立場をわきまえて行動します。

元請け社員が威張って、下請けを挟まずに孫請けドライバーに直接指示を出そうとしますが、それは労働ルール上で違反です。

しかし、下請けであるピンハネ配送会社では仕事内容すらわからないというケースも多々あります。軽ドライバー任せです。

反面で、軽ドライバーであろうとも社会人として「直接の契約関係がない」相手には一歩下がった付き合いをするのがセオリーです。

軽貨物ドライバーの中には勘違いして一歩踏み込んで仲を作ってしまうケースもありますが、これは他業種でも商流で問題となることが多いです。

元請けが協力会社の社員を自分の部下扱いするのもはビジネス上にルール違反ですが、チームワークを理解し、プロパーやベンダーといった立場も理解し、不平不満を口に出さないで「仕事」を理解できる環境作りを率先できる末端ドライバーは最強でしょう。

底を支えるとはこういうことの能力です。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!