業務委託の軽貨物ドライバーは信頼を背景に仕事を受注する。

ワイシャツで配送 【軽貨物運送の検証ブログ】チャーター便

できない理由を考えて仕事を探す軽貨物ドライバーと、できる理由を考えて仕事を得る軽貨物ドライバーの実力差について考える。

業務委託の軽貨物配送ドライバーは運賃の割が良い仕事を求めている人が大半ですが、人格、営業力、配送ドライバーとしての能力が備わっていないフリーランス風のドライバーさんほど運賃の割りの良さや仕事案件に安定感を求める人が多いような気がします。

業務請負は社員やバイトではありません。

外注や下請けという立場であり、事実上、業務請負ドライバーの多くはあれこれ仕事を選んで要望を言えるほど新規取引の荷主企業様が求める配送仕事をパーフェクトに熟せるとは思えません。

荷主企業様や取引関係者に高評価されなければなりません。

軽貨物ドライバーにとって研修期間があるならばスキルアップのチャンスですし、トライアル稼働があるならば感謝の域です。

同業者にドライバーより高効率に稼ぎたいならば、色々な荷物の配送を経験し、実力を伸ばしていくことが大事です。

もちろん、週6で定期稼働してしまうと、週1しか新しい案件を学ぶ機会がありませんし、忙しければ忙しいほどドライバー能力は停滞します。

あの案件は嫌だ、その時間は働けない、色々とできない理由を考えているような人はまさに経験不足と言えます。

死にものぐるいでフルタイムの宅配便で一個いくらで稼ぐのではなく、やや特殊で特別な案件で高効率に稼いで結果を出している業務請負のドライバーもいますが、できるドライバーは仕事案件を決める際に、絶対条件として要望するマストの数は「ひとつだけ」に抑えていると思います。

業務請負の配送業務なのでやりたくないことは請負を断り、いろいろと自己都度の要望や要求を出すのも自由です。

しかし、二つや三つも条件を出しているようでは荷主企業様や元請け会社様や配属会社において役不足の2軍や3軍のドライバー確定です。

error:Content is protected !!