信頼感が足りない軽貨物運送業ドライバーの資質の悪さは口の軽さでジャッジされる。

業務委託

守秘義務が絶対的な原則である業務請負の軽貨物運送業ドライバーは、口の軽い軽貨物ドライバーが身近にいるとそこそこ立場は危険である。業務請負という守秘義務を抱える軽貨物配送の仕事で口の堅さは信頼できるドライバーの証となる。

個人事業主軽貨物ドライバーは口の堅さが大事な資質の一つとされています。

口が堅い軽貨物ドライバーは仕事上で先のことまで考えています。

「あの軽貨物ドライバーは口が軽い」と取引関係者に自分のことを認識されれば、結果的に軽貨物ドライバーとして自分の評価が低くなるかもしれないと見越すので、軽率にそのような行動には出ません。

営業トークの旨さのように口の軽さにも質があると言えますが、付き合いの浅い状態では口は堅いに越したことはありません。

個人事業主軽貨物ドライバーはあくまで個人での自営です。信頼第一であり、二大経営資源であるカネとヒトは無いに等しく、営業上においても対外的な信用度合いは非常に低いです。

信用が無ければ、信頼でどうするかです。

個人事業の面白味でもありますが、個人事業では如何に事業計画を綿密に整えても、ヒト、モノ、カネ、情報、の4つは背伸びしても空白になります。

個人事業の大半はこれを潤沢に持ち合わせいないわけで、それに歯向かうことなく、これを淡々と築いていくための「仕事の信頼」を築いていきながら展開を挑戦することなります。

勿論、軽貨物配送の会社法人であろうとやっていることは個人事業レベルの会社が大半ですから、結局は、人格や人望のない経営者ならば、個人であろうと法人であろうと直ぐにやってることのメッキが剥がれます。

メッキが剥がれ、メッキで補修し、またメッキが剥がれ、そしてメッキで補修する、要するに何をしても元が悪いのです。事業をするならば、本当に、お客様のことを考えた思想やビジョンでサービスを提供しなくてはならないわけです。

戦略と戦術を持ち、余程の人脈を持って荷主企業様や元請け会社と営業行動を対等にできる人は一握りですので、個人事業主の軽貨物ドライバーは中間業者に仕事受注の依存をするのが通例です。

error:Content is protected !!