千葉県内で軽貨物ドライバーの仕事を始める際に注意しておきたいこと。

人気業者を軽貨物の配送専門ブログで語る。
広告
軽貨物チャーター (軽貨物配送) 専門ブログ
広告

個人事業主の軽貨物ドライバーがする仕事は、業務委託という契約で業務用の軽貨物車を使用し、お客様の荷物を集荷して指定場所に運び届けるという配送の仕事案件を、荷主様と直接か、元請け会社と直接か、二次請や三次請などの軽配送会社と直接か、の方法で配送や配達の責任業務を請け負うこと。

軽貨物ブログを通じ、千葉県内だけでなく、他県からも軽貨物配送の仕事をされている方、これから軽貨物配送の仕事を始めようとしている方から相談を受けておりますが、何やら苦戦している方が多いような気がします。

人それぞれ異なる事情、異なる生活環境で軽貨物配送の仕事を始めている、または、始めようとしているので、軽貨物ドライバーの成功や失敗の繰り返しは仕方のないことです。

相変わらず、ネットワークという言葉を使ったり、事業拡大という言葉を使ったり、そうやって軽貨物業界や業態に無知な新人ドライバーを形振り構わず求人募集する軽配送会社を見かけます。

経験者でも仕事内容がキツくて稼ぎにくいと語られるECサイトで大手通販会社の宅配案件、曰く付きの配送エリアでのネットスーパーの配達仕事、これらドライバーの入れ替わりが激しい案件に新人を業務委託で嵌め込もうとしている募集ばかりです。

正直、業務委託というのは表面上だけで、労働法でも違法スレスレと言える人材派遣を擬装したのような感じで働かせ、荷物が溢れかえる配送現場に新人ドライバーを車付きで丸投げし、その労働からマージンを抜いてピンハネ軸で営業している軽貨物配送会社が未だに多いので新人は特に注意すべきと言えます。

やればできるなどと言われる始末です。

規模が小さい配送会社は真面目に実運送しているケースが大半なので、ドライバーが働く上で大きな懸念はないですが、台数規模をネットワークという怪しい言葉で自慢げに大きく見せているような軽配送会社は流石に怪しい印象を持ちます。

もちろん、配属先を選ぶのは自分です。

騙される方が悪いといえば悪いわけですが、そもそも、個人事業主の軽貨物ドライバーはサラリーマンではありません。

error:Content is protected !!