軽貨物ドライバーの30分前行動について本当の意味を考える。

個人事業

独立系で自立自営型の業務委託で働く個人事業主の軽貨物ドライバーは1日の全休なしで毎週や毎月働いている実態も珍しくはないが30分前行動のルーティン化こそが精神と神経と身体の疲れを残さない重要な仕事術となる。

本当の能力差。

社員雇用ではない業務委託で働く個人事業主の軽貨物ドライバーは週7で休みなく稼働するケースも何ら珍しくはない。

1日全休が無かろうと毎週や毎月クタクタで嫌々働いているというわけでもなく、やや勢い任せであるが零細企業の社長が寝ているときも四六時中で会社のことを想っている状態に似ている。

生活環境にもよるが営業弱者で実力の乏しい個人事業主の軽貨物ドライバーが週休2日がいいなどとほざいているようでは根本的に個人事業を安定成長させる土俵にすら立てない。

無論、1日の全休無しで毎週や毎月働いていようとも偉いとか真面目とか凄いお金を稼げるとかそういうことでもない。

1日の時間は女性や男性を問わず年齢も学歴も関係なく誰しも平等に24時間あるわけで、個人事業主の軽貨物ドライバーとして仕事ニーズをうまく睨んでそれをうまく活用するだけのことだ。

全休があろうとも無駄に1日を過ごすのは勿体無いというかそれでは1年間はあっという間に過ぎる。やはり、いま何をするべきかである。

つくづく思うが業務委託の仕事を受注できる状況や状態そのものを当たり前かのように軽視したり社会の中で働いている立場を履き違えてはならないし、個々の仕事の大切さに順序や優越をつけるべきでもない。

そんな中でも実力を上げて仕事環境の調整がつけば雰囲気で1日まるまる休むこともあるだろうが、周囲より上手にお金と信頼を稼いでいるドライバーは半休でも短時間でリフレッシュしようとする意識の中で常時働く制限時間仕事術をマスターしているからこそ精神と神経と身体のストレスをパンクさせないのだろう。

もちろんギリギリのリスクラインで働くわけなので下手な仕事っぷりで自らミスをすれば身体のストレスか精神のストレスか神経のストレスを一気に溜めてしまう。

落ち着いて仕事をし、ダラダラと休み時間を使わず、寝るときは寝る、ニーズのあるときは徹底的に働く、クライアントに貢献しようとする気持ちを絶対的に維持する、制限時間仕事術を丁寧に実践する、こういったことがお金と信頼を稼ぐ自立自営型軽貨物ドライバーのノウハウとなる。

非常に高い集中力を持って配送業務を終わらせることができなければならない。

それが30分前行動でもある。

30分前行動の仕事っぷりは普通に仕事をする場合と比べて1.5倍ほどの効率で仕事が進められると言われている。

そう、1時間が1時間半の価値になるのだ。こういった仕事耐性のことを意識できていない軽貨物ドライバーはただ単に忙しいだけとなる。

だが時として気分のアップが鈍るのも人間だということも忘れてはならないか。

error:Content is protected !!