怒られる報連相のタイミング、報連相を怠る人間の言い訳、業務請負の軽貨物ドライバーが報連相を守る理由。

千葉県の軽貨物|軽貨物

弁当の配達員や出前の配達員のような仕事では様々な理由で荷主と顧客で約束した納期を配達員は守れなくなることがあります。勿論、理由はドライバー起因ではない製造遅れや配車マンの配車最適化の能力不足が大半と言えますが、納期遅延の問題が拗れるのは納期が遅れること自体ではなく報連相を怠ることが原因です。

納期遵守率は100パーセントで。

メーカー荷主、商社、問屋、小売店、モノが動くビジネスにおける商習慣での納期は自社や自身の努力だけではどうしようもないことが時々あります。

荷主と顧客が約束した納期で間に合うように商流の取引ルートでは、製造をしたり、在庫をしたり、入出庫をしたり、発送をしたり、一連の作業をしながら約束通りの納期で荷物を顧客に届けようと行動します。

先日、昼食でハンバーガーのデリバリーを最短納期が1時間30分後という混み具合だったものの了承をしてネットで注文をしたところ、注文して1時間30分後、約束の配達時間になってから店舗スタッフより「ただいま注文が混み合っててあと20分か30分ほど遅れますが宜しいですか」という電話連絡がありました。

これは徒歩で5分くらいのところにあるハンバーガー屋にネット経由でデリバリーを依頼した際の出来事でした。

注文時、配達に1時間半かかる状況だったので注文するかを迷いましたが気分はもうハンバーガーだったので時間待ちを我慢し、昼食時にお腹を空かせながら1時間半を待ちに待ったところで電話が鳴り「ただいま注文が混み合っていてあと20分か30分かかります」という着電だったわけです。

配達員から配送中に場所が分からないから遅れるとかではなく、店舗スタッフからの電話です。

大人気なく怒りました。

空腹であることやファーストフードで2時間以上の待ちは無いなという点もですが、ならば、もっと早くに遅延の電話をよこせと。

便利な世の中が悪いのか、横着して近場なのに出前をするが悪いのか、それともネットで注文を何でもかんでも受付する売主が悪いのか、そこで働くスタッフの働く意識が欠如しているのか、ともあれ、売主側が約束した納品時間を多忙理由で言い訳をするのはよくありません。一つ一つの注文を甘くみてはいけません。

error:Content is protected !!