口が軽い軽貨物ドライバーの信頼性は致命的。人選に落ちるドライバーはお金と休日と趣味を優先したがる。

千葉県内の夜間配送 【軽貨物運送の検証ブログ】独立開業の実態

こういう問題のある人材ほど「稼ぎが少ない」「よい仕事がない」とボヤいて泣吠えます。

これから新たに業務請負の軽貨物ドライバーになる人は基本中のキホンです。これらは客観的に明らかなのでこれを自己認識して仕事で稼ぎましょう。

さて、配送の案件や配送コースをドライバーに割振りして配車をする側では、その際に「駄目な人材」は後回しで仕事を回します。「駄目な人材」は致命的な力量不足に陥っており、配車側は大事な仕事を任せることはしないので「駄目な人材」は稼げる筈もない。

そう、「駄目な人材」に荷主様は仕事を任せる筈がありません。

もちろん、私の周りにもプロフェッショナルの域に近づこうとし、活躍できるスペシャルな軽貨物ドライバーがいます。もちろん、そういう人は親玉ドライバーです。

もちろん、際立ったスキルを持っていなくとも、「手を挙げて仕事をする」「仕事に感謝する」ことができるドライバーはどんな会社でも通用できます。そういう人材は必要とされる優秀なドライバーとなります。

軽貨物配送ドライバーの仕事に限らずに、担当仕事は「自分が配属している会社のため」にあります。

ドライバーが給与や売上で札束の数え方を覚えるために会社の仕事があるわけではありません。業務委託の軽貨物ドライバーが稼げないとか稼げるとか荷主側に事業に一切関係ありません。一生懸命願っても駄目です。

  • 配属会社の役に立てない配送ドライバーは補欠である。
  • 勤務会社の役に立てない配送ドライバーは補欠である。
  • 取引先の役に立たない配送ドライバーは補欠である。
  • 顧客の役に立たない配送ドライバーは補欠である。

業務委託の軽貨物配送ドライバーは代わりがゴロゴロ居ます。

error:Content is protected !!