個人事業主の軽貨物ドライバーは、おいしいドライバーではなく、賢いドライバーになれ。

個人事業主

突然のクビ宣告を受ける業務請負で働く軽貨物ドライバーの多くが慣れた配送現場での居心地の良さに甘えてしまい、仕事があることの感謝にも麻痺し、個人事業主として自営して戦う意識が薄れて覚悟のない働き方をしてしまっている。

努力は口にするものではない。

軽貨物運送業界では、ネット求人サイト、掲示板、SNS、これらで胡散臭くドライバー募集を繰り返す法人の軽貨物配送会社やドライバー業者がポツポツと存在する。

ドライバー求人を出す者の中には配送をしないピンハネ軸の軽貨物配送会社も存在するなど、無知な新参ドライバーにとってはタチが悪い。

Amazon | Soinndo 録画機能付き ワイヤレスバックモニター バックカメラワイヤレス バックカメラ24v バックカメラモニターセット 録画機能付き 7インチモニター デジタル信号 4分割表示対応 IP69防塵防水 12V/24V両方対応 ガイドライン表示 正像・鏡像を切り替え可能 常時使用可能 140度広い視野角 ループ録画 電磁波干渉防止 ノイズ対策済み 24ヶ月保証 | バックカメラ本体 | 車&バイク
Soinndo 録画機能付き ワイヤレスバックモニター バックカメラワイヤレス バックカメラ24v バックカメラモニターセット 録画機能付き 7インチモニター デジタル信号 4分割表示対応 IP69防塵防水 12V/24V両方対応 ガイドライン表示 正像・鏡像を切り替え可能 常時使用可能 140度広い視野角 ループ録画 ➡︎➡︎➡︎ 軽貨物ブログを読む。

反面、街中で走っている個人事業主ドライバーはポツポツと元請けや中間業者に仕事を切られている。理不尽に理由なく契約を切られたと感じとるドライバーも些か多そうだが現実はそういうことでもない。

片や、景気に左右されず忙しく配送の仕事を受注して熟している個人事業主ドライバーもポツポツといる。

業務委託の世界、恨みや妬みを言おうともクビはクビ。荷主企業の事業はボランティアや人助けではなく、営利を目的とし荷主企業は事業計画や販売計画に基づく運送コストを用意するわけである。

委託切りの現状は業務請負ドライバーの働き方として覚悟の無さが表面化しただけなのである。

正直、委託切りの理由などいくらでも後付けができるだろう。使える人間は残す、使えない人間は切る、義理と信頼のない人間は切る、義理と信頼のある人間は残す、これは営利事業の常套手段と言える。

ただし、資本主義、競争社会であろうともこういったことは事業成長過程で当たり前のことであってはならない。

軽配送業界ではなく運送業界全体で最大手の日本通運さん、日本郵政さん、ヤマト運輸さん、佐川急便さん、これらの大企業が大型トラックやトン車を動かしながら日本経済を物流機能で支えているのは紛れもない事実である。

これらの1兆円企業におけるビジネスの末端で存在しなくてはならないのも我々、軽貨物配送業者や個人事業主の軽貨物ドライバー業者であるのは確かである。

そう、駒としてであり、武器になる駒なのか、捨て駒なのかの違いでしかない。

倉庫や荷主や仕事関係者から指図されたことに対し嫌な顔一つすればまさにクビであろう。何はともあれ、軽貨物ドライバー業者の代わりなど腐るほどいるわけで、実直にうまく仕事をしながらお金とスキルを稼ぐべきである。

日本の経済構造上の末端の位置で働くドライバー業務である以上、愚か者ドライバーのままでは色々と計画が通用しなくなる。思い通りにいかない、計画通りにいかない、これらは不安定な稼ぎの要素となる。

経験者であろうと初心者であろうと少しでも賢者ドライバーへと変化して成長し続ける意欲を持つことも個人事業の楽しさであり、且つ、仕事や事業の壁や悔しさにもなる。

取引先が大手企業の案件だから安心だとか、老舗企業の案件だから安心だとか、そんなことをうつつ抜かしている個人事業主ドライバーもポツポツと見かけるが、全く話にならない。

配送の問い合わせ
error:Content is protected !!