軽貨物の開業で鉄則の心構えである、松のことは松に習え、竹のことは竹に習え、ができない軽貨物ドライバーはうまく稼げない。

ブログ

軽貨物配送の仕事上で何かを知りたいとき、手っ取り早い確実な方法は「現役」の軽配送ドライバーに知りたいことを謙虚に「直接」聞くことだが、絶対に、自分都合で解釈して聞き入れる情報を捻じ曲げて知り得てはならない。

仕事のできない業務委託の軽貨物ドライバー業者とは一体どういう人物のことを指すのか、今回はそれを考えてみます。

  • 良いドライバーは価値がある。
  • 悪いドライバーは価値がない。

実は仕事が上手い下手は業務委託ドライバーとしての価値にはあまり関係がなく、価値の無い業務委託ドライバーとは不義理に1ヶ月から3ヶ月で仕事を辞めるような軽貨物ドライバーだと言われています。

配送や物流はエンドレスだからです。

やると決めた仕事を1ヶ月や3ヶ月ですぐ辞めたりなどの不義理をすれば、この狭い業界内で永遠に「あいつは駄目な軽貨物ドライバー」だと指を指されることになり、一度付いた悪評イメージは当然に取り返しがつきません。

業務委託はバイトではありません。

不義理、自分都合なドライバー、辞めて周囲に迷惑をかけるドライバー、これらは悪評が永遠に付き纏うのは当然の報いと言えますが、バイトではない業務委託という責任ある立場を履き違え、試用期間ではない通常の額でお金を受け取って仕事をしながら試用期間と言える段階で不義理にその仕事を途中で辞める訳ですから、まさに「やるやる詐欺ドライバー」と言われます。

不義理をせず、最低でも3ヶ月以上は請負を途中で辞めてはいけないのが常識や暗黙のルールでもあり、重要なモラルでもあります。

我慢や耐性の無い不平不満を直ぐに口に出す人間は軽貨物ドライバー依然に一般社会的に論外ですが、少し難しく言うと、業務委託ドライバーという世界は、価値を基準にされ、価値を見出し、仕事で邁進しながら受注を安定化させつつ信頼度を丁寧に高めていくことの成果が軽貨物運送の個人ドライバーとして健康経営では重要な課題となります。

日当でいくらの案件、時給換算でいくらの案件、そんな昔の時代の学生バイトみたいなことをいい歳した大人の個人事業主ドライバーがうつつ抜かして会話をしているケースも巷では体感します。

仕事案件の価値をポジティブに裏側から理解できる才覚と、仕事があることに正面から感謝できる能力がなければ、仕事で開花することなどなく、個人事業としての勝算や常勝も夢物語であり、業務委託の個人ドライバーとして取引相手方に評価もされません。

そんな仕事レベルでは、学生バイトのように、お仕事おつかれでした、お駄賃いくら、という毎日に追われることでしょう。

  • ボランティアではないので、人様の手伝いは絶対にしない。
  • 仕事なので、働くことを通じ、人様の役に立つ。

嫌な捉え方もできますが業務委託ドライバーはお金で動くのが当たり前のことであり、情で動いてはいけません。ただし、これは紙一重。

才覚や能力の乏しいドライバー業者の場合は情で動く方が無難です。とは言え、零細企業や個人事業主などの営業弱者がお金で動かず情で動いて主従逆転してしまうと確実にお金とスキルは人より稼げません。

要するに、才覚や能力が乏しいから割に合わすことができないだけのことです。

軽配送のようなスモールビジネスでの自営や経営の成功は「安定」「軌道」この道筋ができあがり、その後「人を裏切らない」ことを持続することで成果は後からタイミングよく付いてきます。

要するに業務委託ドライバーの基礎は「人を裏切らない」ことです。それは一つの仁義でもあります。

ろくに自営や経営の基礎でもある仁義ができていないスカスカの人間であるにも関わらず、金儲けに目が眩み、動いて稼がずに他力本願でピンハネによる儲けを自分の稼ぎにしようという骨端を持った軽貨物ドライバー業者も存在します。

多重下請け構造に揉まれ、軽貨物運送業界の実態で気持ちや思想が擦れてしまった孫請けやひ孫請の軽配送会社の経営者も少なくありませんが、結局は実力不足により、この業界はこんなもんだと犠牲になっているだけです。

もちろん、個人事業主であろうとも法人以上の仕事っぷりも十分に可能です。お金と一緒にスキルを稼ぐことができていない軽貨物ドライバーの価値は一向に伸びず、お金稼ぎだけの頭でっかちでアレコレ考えても、法人経営であれ、個人事業であれ、事業の基礎や思考はいつしかブレてしまうのです。

何より自身の事業計画書に基づいて仕事ができるようになることが先決です。

仕事の覚え方は、聞く、観る、話す、これを徹底することが基本中のキホンですが、なかなか学校では教えてくれないことと言えます。

役目と役割を取り違えた個人事業主の軽貨物ドライバー業者は1円の価値もない人物だと指を刺されます。

真の仕事ができる軽貨物ドライバー業者とは「裏切らない」「すぐ辞めない」人物であるのは言うまでもありません。納品スピードや納品の上手さや性格評価は二の次です。

仕事が不慣れで耐性が暫く弱くても、数ヶ月や半年ほど実直に働いて耐性ができあれば、後は持続性により信頼される業務委託ドライバーへと自然に成長するわけです。好条件で働ける実力が身に付きます。

開花できるドライバーなのか、開花できないドライバーなのか、で価値は簡単に見えてきます。

やはり、咲かない花には理由があります。頑張りどきに頑張り抜けない軽貨物ドライバーは駄目なドライバーであるのは当然のことです。

軽配送業界はそういう世界です。

error:Content is protected !!