軽貨物の開業で鉄則の心構えである、松のことは松に習え、竹のことは竹に習え、ができない軽貨物ドライバーはうまく稼げない。

軽貨物

軽貨物配送の仕事上で何かを知りたいとき、手っ取り早い確実な方法は「現役」の軽配送ドライバーに知りたいことを謙虚に「直接」聞くことだが、絶対に、自分都合で解釈して聞き入れる情報を捻じ曲げて知り得てはならない。

仕事のできない業務委託の軽貨物ドライバー業者とは一体どういう人物のことを指すのか、今回はそれを考えてみます。

  • 良いドライバーは価値がある。
  • 悪いドライバーは価値がない。

実は仕事が上手い下手は業務委託ドライバーとしての価値にはあまり関係がなく、価値の無い業務委託ドライバーとは不義理に1ヶ月から3ヶ月で仕事を辞めるような軽貨物ドライバーだと言われています。

配送や物流はエンドレスだからです。

やると決めた仕事を1ヶ月や3ヶ月ですぐ辞めたりなどの不義理をすれば、この狭い業界内で永遠に「あいつは駄目な軽貨物ドライバー」だと指を指されることになり、一度付いた悪評イメージは当然に取り返しがつきません。

業務委託はバイトではありません。

不義理、自分都合なドライバー、辞めて周囲に迷惑をかけるドライバー、これらは悪評が永遠に付き纏うのは当然の報いと言えますが、バイトではない業務委託という責任ある立場を履き違え、試用期間ではない通常の額でお金を受け取って仕事をしながら試用期間と言える段階で不義理にその仕事を途中で辞める訳ですから、まさに「やるやる詐欺ドライバー」と言われます。

不義理をせず、最低でも3ヶ月以上は請負を途中で辞めてはいけないのが常識や暗黙のルールでもあり、重要なモラルでもあります。

千葉県内での緊急配送お気軽に
error:Content is protected !!