私が軽貨物配送ドライバーとしてクライアント自身の事業モチベーションが高い配送案件を選び抜いている理由をブログで語る。

椅子配送を軽貨物の配送専門ブログで語る。
広告
広告

軽貨物配送の仕事案件選びをする中でクライアントの事業モチベーションの高さがある案件ならば、目先の時給換算や日当換算を度外視してでも、身を粉にして稼働したいと考えます。

業務委託の軽貨物配送ドライバーは大手企業から中小零細企業まで色々な荷主企業様の会社へ出入りすることができ、様々な企業姿勢の在り方を感じ取ることができます。

考え方を一つ変えれば、軽貨物ドライバーという職は色々な企業の営業姿勢や営業ノウハウの大枠を学ぶことができ、事業者としても事業主としても宝にすることもできます。

しかしながら、多くの個人事業主の軽貨物ドライバーは成功できる個人事業主の特徴を持っていない人が大半なので、目先の運賃売上収入ばかり見ています。

  • 稼げる人の特徴を持っていないのに、好条件で稼げる仕事を探しているドライバーが多い。

新しい案件で稼働開始してクライアントと信頼関係がパーフェクトに樹立していないにも関わらず、最初から稼ぎの安定性を求めたり、高収入を求めたり、更に、仕事に少し慣れ始めると不平不満を語ったりなど、そういう行き当たりばったりの仕事っぷりで稼ごうとしている軽貨物ドライバーが多いような気がします。

恐らく、世の中は甘くない筈です。

一目瞭然、軽貨物配送の仕事をしている個人事業主ドライバーで仕事や事業を成功に導くことのできる人は、自分の事業ビジョンと仕事ビジョンをしっかりと持っているポジティブオーラに包まれた人です。

謙虚さが大切なのは言うまでもないですが、実直、素直に荷主企業様の意見を受け入れ、荷主企業様のビジネスモデルを把握し、荷主企業様が抱える問題点に反発せずフォローし、クライアントである荷主企業様が軽貨物ドライバーに求めるであろう役割と役目を第一に把握することがポイントになります。

社員ドライバー、フリーランス風ドライバー、派遣ドライバー、バイトドライバー、みたいな感じで仕事にぶら下がる働き方をする人には無縁の話ですが、強く自営する個人事業主として成功するには、荷主企業様と取引関係者とwin-winで付き合って貢献してなんぼです。

error:Content is protected !!